みんなの仕事場 > オフィス家具選び > 少人数チームで使える省スペースでコンパクトな個性派ホワイトボード6選

オフィス家具選び

少人数チームで使える省スペースでコンパクトな個性派ホワイトボード6選

こんにちは!「みんなの仕事場」です。ホワイトボードというと、横長で会議室に使うものがオーソドックスですが、最近は、少人数チーム制が一部の企業で組織運営で採用されたりするなど、6人以下などの少人数のチームミーティングに合わせた、縦型などの省スペースでコンパクトなホワイトボードがいろいろと発売されています。

こんにちは! 「みんなの仕事場」です。


ホワイトボードというと、横長で会議室に使うものがオーソドックスですが、最近は、少人数チーム制が一部の企業で組織運営で採用されたりするなど、6人以下などの少人数のチームミーティングに合わせた、縦型などの省スペースでコンパクトなホワイトボードがいろいろと発売されています。


また、オフィスデザイン面では、カフェスタイルリビングスタイルのデザインオフィスも増えましたので、ホワイトボードながら、雰囲気の柔らかいウッドフレームや、ブラックカラーのシャープな印象のフレームなど個性的なホワイトボードも出ています。


そこで、アスクルで販売している、個性派のホワイトボードを6点ピックアップして、まとめました。



≪もくじ≫

[1] タテ型ホワイトボード 幅880mm
北欧デザイン 縦型省スペース スタッキング収納可能

[2] 脚がじゃまにならない両面ホワイトボード
厚さ8mm薄型V字脚でじゃまにならない

[3] スタッキングホワイトボード
コンパクトで移動簡単 スタッキング収納可能

[4] 天然木枠ホワイトボード
縦にも横にもできる 天然木枠でデザインオフィスに

[5] ブラックフレーム パーティションホワイトボード
縦型省スペース カフェスタイルに合う パーティション兼用

[6] 両面スチールホワイトボード ブラックフレーム 幅1307mm
カジュアルスタイルに合う 板面回転可能 


※記事中のホワイトボード価格は、掲載時点で調査したアスクルサイトの販売価格(税込)を掲載しています。その後、販売価格が変更になる可能性がありますので、あくまで参考としてご覧ください。実際の購入の際は、販売サイトにて価格をご確認ください。




[1] タテ型ホワイトボード 幅880mm

北欧デザイン 縦型省スペース スタッキング収納可能

こちらは、北欧デザイン、縦型のホワイトボードです。

こちらは、北欧デザイン、縦型のホワイトボードです。


寸法は、幅880×奥行582×高さ1863mm、ホワイトボードとして使える板面部分は、幅868×高さ1336mmとなっています。今回、大きさ比較用にA4サイズのピンク色の紙を貼り付けています。


特徴的な脚は、2枚を横に並べたときにくっつけられるよう、また、収納時は前後に重ねて収納できるように作られています。


もちろんホワイトボードとして両面使えて、マグネットも両面ともにつきます。 グリーンの粉受けは1個付属し、マグネット式なので板面上の好きなところにつけられます。


脚部アップ。前側と後側で幅を変えてあるため、平行スタッキングが可能です。その際は1台につき90mmずつ奥行きが増加します。2輪にストッパー付きで、固定も可能です。

脚部アップ。
前側と後側で幅を変えてあるため、平行スタッキングが可能です。その際は1台につき90mmずつ奥行きが増加します。2輪にストッパー付きで、固定も可能です。


[1] タテ型ホワイトボード 幅880mm
製品のポイント 縦型で少スペース
脚に工夫があり、横に並べることが可能
平行スタッキング収納可能
アスクルオリジナル
寸法 幅880×奥行582×高さ1863mm
板面有効寸法 幅868×高さ1336mm
メモ 両面使用可
マグネット可
北欧デザイン(デザイナー: マッティ・クレネーレ)。中国製。
リンクと参考価格 アスクル タテ型ホワイトボード(両面)幅:880mm イレーザー・マーカー(黒・赤)・マグネット式粉受け付 1台newwindow」(アスクルサイトへ行く外部リンク[PR])

2017年10月30日現在 32,292円(税込)


[2] 脚がじゃまにならない両面ホワイトボード

厚さ8mm 薄型V字脚でじゃまにならない

こちらも、北欧デザインのホワイトボードですが、一番の特徴は薄く作られた脚です。脚部のベース厚を8mmに抑えることで、オフィス内に置いたときにじゃまになりづらいように作られています。

こちらも、北欧デザインのホワイトボードですが、一番の特徴は薄く作られた脚です。脚部のベース厚を8mmに抑えることで、オフィス内に置いたときにじゃまになりづらいように作られています。


例えば、机に近づけて置くということもやりやすく作られています (机の形状によって近づけられない場合もあります)。また、ホワイトボード板面が床から450mmの高さのところからあるので、座ったままでも書きやすいという特徴もあります。


寸法は、幅1200×奥行440×高さ1650mm、ホワイトボードとして使える板面部分は、幅1154×高さ1154mmと正方形タイプです。ちなみに、こちらは幅900mmの縦型のタイプもあります。板面のピンクの紙はA4サイズで、大きさ比較用です。


ホワイトボードとして両面使えて、マグネットは両面ともつきます。 粉受けは2個付属して、マグネット式なので板面上の好きなところにつけられます。 また、脚がV字型にしてあるので、2枚を横に並べたり、90度のL字配置で並べることができます。


こちらが脚部アップ。グレーカラーのV字脚ですが、ライトブルーのモデルもあります。アップで見ると、脚部プレートの厚み8mmという薄さが際立ちます。

こちらが脚部アップ。
グレーカラーのV字脚ですが、ライトブルーのモデルもあります。アップで見ると、脚部プレートの厚み8mmという薄さが際立ちます。


デスク脇に置いた例。デスクの脚が床との間に1cmほどの隙間があれば、このように、デスク脇にぴったりつけてホワイトボードを立てる使い方ができます。粉受け部はマグネット式なので外せますので、粉受けもじゃまになりません。

デスク脇に置いた例。


デスクの脚が床との間に1cmほどの隙間があれば、このように、デスク脇にぴったりつけてホワイトボードを立てる使い方ができます。粉受け部はマグネット式なので外せますので、粉受けもじゃまになりません。


ホワイトボードの脚部は、デスク周りに置くと結構じゃまになるということで開発された製品なのです。デスク横に置いたりするにはぴったりの製品です。


弱点は、脚がじゃまにならないようキャスターがついていないので、移動させるときには大人2人で持つ必要があります(約14kg)。移動させることが多いならキャスターのあるホワイトボードがおススメです。



[2] 脚がじゃまにならない両面ホワイトボード (正方形)
製品のポイント 写真のモデルは正方形型(ほかに縦型があり)
脚部の厚さわずか8mmのV字脚
つまずきにくく、デスク下にも差し込める
横並べ、90度配置も可能な脚のデザイン
アスクルオリジナル
寸法 幅1200×奥行440×高さ1650mm、脚部厚み:8mm(クッション材含む)
板面有効寸法 幅1154×高さ1154mm
メモ 両面使用可
マグネット可
北欧デザイン(デザイン: スタジオ・マス)。中国製。
リンクと参考価格 アスクル 脚がじゃまにならない両面ホワイトボード(正方形型)グレー 幅1200mm マグネット式粉受け2個付 1台(2梱包)newwindow」(アスクルサイトへ行く外部リンク[PR])

2017年10月30日現在 24,732円(税込)

脚部がライトブルーのタイプはこちら
アスクル 脚がじゃまにならない両面ホワイトボード(正方形型)スチール ライトブルー 幅1200mm マグネット式粉受け2個付 1台(2梱包)newwindow」(アスクルサイトへ行く外部リンク[PR])

2017年10月30日現在 24,732円(税込)

縦型のモデルはこちら

[2] 脚がじゃまにならない両面ホワイトボード (縦型)
製品のポイント 縦型で少スペース
脚部の厚さわずか8mmのV字脚
つまずきにくく、デスク下にも差し込める
横並べ、90度配置も可能な脚のデザイン
アスクルオリジナル
寸法 幅900×奥行440×高さ1650mm、脚部厚み:8mm(クッション材含む)
板面有効寸法 幅854×高さ1154mm
メモ 両面使用可
マグネット可
北欧デザイン(デザイン: スタジオ・マス)。中国製。
リンクと参考価格 アスクル 脚がじゃまにならない両面ホワイトボード(タテ型)グレー 幅900mm マグネット式粉受け2個付 1台(2梱包)newwindow」(アスクルサイトへ行く外部リンク[PR])

2017年10月30日現在 21,492円(税込)

脚部がライトブルーのタイプはこちら
アスクル 脚がじゃまにならない両面ホワイトボード(タテ型)スチール ライトブルー 幅900mm マグネット式粉受け2個付 1台(2梱包)newwindow」(アスクルサイトへ行く外部リンク[PR])

2017年10月30日現在 21,492円(税込)


[3] スタッキングホワイトボード

コンパクトで移動簡単 スタッキング収納可能

こちらは、ちょっとした打ち合わせに便利なように作られたコンパクトなホワイトボードです。

こちらは、ちょっとした打ち合わせに便利なように作られたコンパクトなホワイトボードです。寸法は、幅600×奥行555×高さ1500mm、ホワイトボードとして使える板面部分は、幅595×高さ885mmと小さめですが、キャスターで打ち合わせ場所に持ってきて書くには手ごろなサイズです。板面のピンクの紙はA4で、大きさ比較用です。


小型な分、立って読み書きしやすいよう、イーゼル式に板面を傾斜させています。収納しやすいよう、平行スタッキングできる脚部が作られています。ちなみに、ホワイトボードは片面のみ。マグネットはつきません。粉受けは固定になります


脚部アップ。前側と後側で幅を変えてあるため、平行スタッキングが可能。キャスターはストッパー付きで、固定も可能です。

脚部アップ。
前側と後側で幅を変えてあるため、平行スタッキングが可能。キャスターはストッパー付きで、固定も可能です。


スタッキングした場合。このように重ねられます。

スタッキングした場合。このように重ねられます。
ホワイトボードとしては片面タイプで、裏面は使えません。



[3] スタッキングホワイトボード
製品のポイント 縦型コンパクトで省スペース
平行スタッキング収納可能。
寸法 幅600×奥行555×高さ1500mm
板面有効寸法 幅595×高さ885mm
メモ ホワイトボード面は片面のみ。粉受け固定。
リンクと参考価格 Adatto スタッキングホワイトボード 1台newwindow」(アスクルサイトへ行く外部リンク[PR])

2017年10月30日現在 通常価格12,949円(税込)

※期間限定価格期間(2017年9月16日~2017年11月20日18時0分) 10,789円


[4] 天然木枠ホワイトボード

縦にも横にもできる 天然木枠でデザインオフィスに

こちらは、木枠のホワイトボードです。ウッドを多く使ったリビングスタイルのオフィスにマッチするよう開発されました。角も丸いので教育用として学校でも使われています。

こちらは、木枠のホワイトボードです。ウッドを多く使ったリビングスタイルのオフィスにマッチするよう開発されました。角も丸いので教育用として学校でも使われています。


このホワイトボードは写真では縦型ですが、横型に組み立てることもできるよう作られているのもポイントです(パネルと脚の取り付け位置を変更します)。


寸法は、(縦型組み立て時) 幅1225×奥行557×高さ1735mm、(横型組み立て時) 幅1525×奥行557×高さ1435mm となります。


ホワイトボードとして使える板面部分は、幅875×高さ1175mm(横型組み立て時は幅と高さが逆)となっています。板面のピンクの紙はA4で、大きさ比較用です。


もちろんホワイトボードとして両面使えて、両面ともにマグネットがつきます。 木製の粉受けは1個付属して、マグネット式なので板面上の好きなところにつけられます。


脚部アップ。
前側と後側で幅を変えてあるため、平行スタッキングが可能です。2輪にストッパー付きで、固定も可能です。

脚部アップ。
前側と後側で幅を変えてあるため、平行スタッキングが可能です。2輪にストッパー付きで、固定も可能です。



[4] 天然木枠ホワイトボード(両面タイプ)
製品のポイント 天然木枠による柔らかい印象
縦型と横型を組み立て時に選べる。省スペース。
平行スタッキング収納可能
寸法 (縦型組み立て時) 幅1225×奥行557×高さ1735mm
(横型組み立て時) 幅1525×奥行557×高さ1435mm 
板面有効寸法 幅875×高さ1175mm(横型組み立て時は幅と高さが逆になります)
メモ 両面使用可
マグネット可
リンクと参考価格 コマイ 天然木枠ホワイトボード(両面タイプ)スチール 幅1525mm イレーザー・マーカー(黒・赤)・マグネット式粉受け付 1台(2梱包)newwindow」(アスクルサイトへ行く外部リンク[PR])

2017年10月30日現在 37,692円(税込)


[5] ブラックフレーム パーティションホワイトボード

縦型省スペース カフェスタイルに合う パーティション兼用

こちらは、ブラックフレーム、縦型のホワイトボードです。精悍なデザインで、カフェスタイルのオフィスにも合います。

こちらは、ブラックフレーム、縦型のホワイトボードです。精悍なデザインで、カフェスタイルのオフィスにも合います。


足元近くまでホワイトボード板面があるところが特徴で、パーティションも兼ねて、簡単な空間仕切りとしても使うことが出来るように作られています。座ったままでも書きやすい作りです。


寸法は、幅950×奥行560×高さ1840mm、ホワイトボードとして使える板面部分は、幅876×高さ1643mmとなっています。板面のピンクの紙はA4で、大きさ比較用です。ちなみに、写真のモデルより幅広の、幅1250mmのタイプもあります。


もちろんホワイトボードとして両面使えて、両面ともにマグネットがつきます。 オレンジ色の粉受けは1個付属して、マグネット式なので板面上の好きなところにつけられます。あと、スマホアプリ「パシャボ」(無料)に対応しており、スマホで撮影してデータ化が簡単にできたりします。


脚部アップ。床面近くまで板面があることで、パーティション兼用で空間仕切りとして使うことが出来るようになっています。2輪にストッパー付きで、固定も可能です。

脚部アップ。
床面近くまで板面があることで、パーティション兼用で空間仕切りとして使うことが出来るようになっています。2輪にストッパー付きで、固定も可能です。



[5] ブラックフレーム パーティションホワイトボード 幅950mm
製品のポイント 縦型で少スペース。
ブラックフレームによる精悍な印象
パーティション兼用
プラス製品
アプリ「パシャボ」対応
寸法 幅950×奥行560×高さ1840mm
板面有効寸法 幅876×高さ1643mm
メモ 両面使用可
マグネット可
リンクと参考価格 プラス ブラックフレームホワイトボード 両面 スチール 幅950mm マーカー(黒・赤)各1本 WBC-S0918DSK-BK 1台newwindow」(アスクルサイトへ行く外部リンク[PR])

2017年10月30日現在 30,024円(税込)


幅1250mmのモデルはこちら

[5] ブラックフレーム パーティションホワイトボード 幅1250mm
製品のポイント ブラックフレームによる精悍な印象
パーティション兼用
プラス製品
アプリ「パシャボ」対応
寸法 幅1250×奥行560×高さ1840mm
板面有効寸法 幅1176×高さ1643mm
メモ 両面使用可
マグネット可
リンクと参考価格 プラス ブラックフレームホワイトボード 両面 スチール 幅1250mm マーカー(黒・赤)各1本 WBC-S1218DSK-BK 1台newwindow」(アスクルサイトへ行く外部リンク[PR])

2017年10月30日現在 35,424円(税込)


[6] 両面スチールホワイトボード ブラックフレーム 幅1307mm

カジュアルスタイルに合う 板面回転可能 マーカーボックス付き

最後に紹介するこちらは、今までの中では比較的大きめなサイズですが、ポイントは、ブラックフレームでありながらリーズナブルなところ。カジュアルなスタイルのオフィスに合うデザインです。


最後に紹介するこちらは、今までの中では比較的大きめなサイズですが、ポイントは、ブラックフレームでありながらリーズナブルなところ。カジュアルなスタイルのオフィスに合うデザインです。


寸法は、幅1307×奥行562×高さ1808mm、ホワイトボードとして使える板面部分は、幅1167×高さ867mmとなっています。板面のピンクの紙はA4で、大きさ比較用です。ちなみに、写真のモデルより幅広の、幅1907mmのタイプもあります。


もちろんホワイトボードとして両面使えて、両面ともにマグネットがつきます。構造的には一般的なホワイトボードと同じですので、板面下のストッパーを外すと、くるっと回転させることが出来るタイプです。マーカーボックス付きですので、イレーザーやホワイトボードマーカーの予備を入れておくのに便利です。


脚部アップ。2輪にストッパー付きで、固定も可能です。

脚部アップ。
2輪にストッパー付きで、固定も可能です。



[6] 両面スチールホワイトボード ブラックフレーム 幅1307mm
製品のポイント ブラックフレーム
板面の回転可能
マーカーボックス付き
プラス製品
寸法 幅1307×奥行562×高さ1808mm
板面有効寸法 幅1167×高さ867mm
メモ 両面使用可
マグネット可
リンクと参考価格 プラス 両面スチールホワイトボード ブラックフレーム幅1307mm マーカーボックス付 1台(2梱包)newwindow」(アスクルサイトへ行く外部リンク[PR])

2017年10月30日現在 13,932円(税込)


幅1907mmのモデルはこちら

[6] 両面スチールホワイトボード ブラックフレーム 幅1907mm
製品のポイント ブラックフレーム
板面の回転可能
幅広
マーカーボックス付き
プラス製品
寸法 幅1907×奥行562×高さ1808mm
板面有効寸法 幅1758×高さ867mm
メモ 両面使用可
マグネット可
リンクと参考価格 プラス 両面スチールホワイトボード ブラックフレーム幅1907mm マーカーボックス付 1台(2梱包)newwindow」(アスクルサイトへ行く外部リンク[PR])

2017年10月30日現在 16,092円(税込)


終わりに

今はいろいろなデザインのオフィスや、少人数チームミーティング用などの利用用途に合わせて、市販のホワイトボードもいろんな種類が発売されていますので、その中から個性的な6種のホワイトボードをまとめてみました。皆様のホワイトボード選びのお役に立てましたら嬉しいです。





【参考】

アスクル ホワイトボードショップnewwindow (アスクルサイトへ行く外部リンク PC用ページ )


※法人様向け通販サイト アスクルのご利用には会員登録(無料)が必要です。
アスクルご利用が初めての方はこちらをクリックnewwindow







写真撮影場所

アスクル 豊洲 家具ショールームnewwindow

最寄駅: 東京メトロ有楽町線「豊洲駅」 1C出口より徒歩3分 オープン時間: 午前10時~午後5時(土・日・祝日・年末年始・お盆等を除く) ※見学は要予約です (電話またはウェブフォームより受付)





編集・文・撮影:アスクル「みんなの仕事場」運営事務局
作成日:2017年10月31日



≪ご注意≫本記事内容は「みんなの仕事場」運営事務局による考察の結果を参考としてご提供するものであり、結果等を保証するものではありません。また、アスクル株式会社の立場や意見を代表するものではありません。


※記事中のホワイトボード価格は、掲載時点で調査したアスクルサイトの販売価格(税込)を掲載しています。その後、販売価格が変更になる可能性がありますので、あくまで参考としてご覧ください。実際の購入の際は、販売サイトにて価格をご確認ください。




【参考】アスクル商品情報 (PRコーナー)

~本記事内に登場した商品の中からアスクルで購入できる商品を紹介します~

 (リンク先は販売サイト(アスクル)になります)

週間人気記事ランキング

    [以下は2016年11月17日のリニューアル前の旧コンテンツです]

    ※「みんなの仕事場」リニューアルのお知らせ(2016年11月17日)