みんなの仕事場 > オフィスチェア・椅子コレ > 株式会社EVERRISE(エバーライズ)のオフィスチェアを見せてください(オフィス訪問[3])【椅子コレ】

オフィスチェア・椅子コレ

株式会社EVERRISE(エバーライズ)のオフィスチェアを見せてください(オフィス訪問[3])【椅子コレ】

株式会社EVERRISE(エバーライズ)のオフィスチェアを見せてください(オフィス訪問[3])【椅子コレ】

前回、「アドテクのリーディングカンパニー株式会社EVERRISE(エバーライズ)のオフィスに行ってきました(六本木駅 7番出口徒歩1分)[オフィス訪問(1)]」の取材で訪問した際に、拝見した素敵なチェアを紹介します。


(「 椅子コレ」は、取材訪問したオフィスのチェアをコレクションするシリーズです)


※チェアの参考価格は、掲載時点で調査したメーカー希望小売価格を基本としています。時期・仕様の違い、流通ルートの違い等により販売店での店頭価格と異なることがありますので、あくまで参考としてご覧ください。


株式会社EVERRISE(エバーライズ)では、長時間座っても疲れにくいよう、オカムラ「バロン(Baron)」、ハーマンミラー「アーロン (Aeron)」を執務用チェアとして採用されています。



■オカムラ バロン (Okamura Baron)

ハイバックモデル正面から。

ハイバックモデル正面から。


ハイバックモデル斜め後ろから。

ハイバックモデル斜め後ろから。


こちらでは、ミドルバックモデルも使用されていました。


ミドルバックモデル正面から。

ミドルバックモデル正面から。


ミドルバックモデル斜め後ろから。

ミドルバックモデル斜め後ろから。


ジウジアーロデザインのエルゴノミックメッシュチェアといえばコンテッサと並んで見かけるのがバロン。背部の多くを樹脂フレーム化することによりコンテッサより軽量化されています。2005年グッドデザイン賞、2006年iFデザイン賞を受賞しています。



オカムラ バロン (Okamura Baron)


製造: 株式会社オカムラ
デザイナー: ジウジアーロデザイン (GIUGIARO DESIGN)
発表年: 2004年
参考価格: 107,460-222,048円(税込) (モデルによる違いあり)


「みんなの仕事場」調べ





■ハーマンミラー アーロン (Herman Miller Aeron)

正面から。

正面から。


斜め後ろから。

斜め後ろから。


背座メッシュチェアといえばアーロンの名前が最初に上がります。蒸れず疲れづらい現代の名作チェアです。こちらは、ポスチャーフィットのモデル。



ハーマンミラー アーロン (Herman Miller Aeron)


製造: ハーマンミラー社 (Herman Miller)
デザイナー: ビル・スタンフ ドン・チャドウィック (Bill Stumpf Don Chadwick)
発表年: 1994年
参考価格: 143,640-245,160円(税込) (モデルによる違いあり)


「みんなの仕事場」調べ






いやぁー、いい椅子って本当に素晴らしいですね。 それではまた次回の椅子コレをお楽しみに。










取材先

株式会社EVERRISEnewwindow

2006年7月創業。デジタルマーケティング領域のシステム開発を専門とする。プライベートアドサーバ「ADmiral(アドミラル)」を始めアドテクノロジーのリーディングカンパニー。





編集・文・撮影:アスクル「みんなの仕事場」運営事務局
取材日:2017年9月8日




         

【参考】アスクル商品情報 (PRコーナー)

~本記事内に登場した商品の中からアスクルで購入できる商品を紹介します~

 (リンク先は販売サイト(アスクル)になります)

週間人気記事ランキング

    オカムラ バロン チェア (Okamura Baron Chair) (このカテゴリの記事一覧)

    オフィスチェア・椅子コレ (このカテゴリの記事一覧)

    ハーマンミラー アーロン チェア (Herman Miller Aeron Chair) (このカテゴリの記事一覧)

    株式会社EVERRISE (エバーライズ) (このカテゴリの記事一覧)

    [以下は2016年11月17日のリニューアル前の旧コンテンツです]

    ※「みんなの仕事場」リニューアルのお知らせ(2016年11月17日)