仕事場紹介

※当コンテンツは2016年11月17日のリニューアル前の旧コンテンツです

SyuRo

このカテゴリの記事一覧

ワークスペース

お客さまとのつながりを生む開かれた工房

東京都台東区鳥越にある「SyuRo」は、下町育ちの親近感を醸し出す店主・宇南山さんの人柄が表れたような開放感のあるアトリエショップ。店内には「自分で使うものだからこそ」という視点から生み出される作品が並んでいます。

友人たちと仕上げたという内装は、宇南山さん自身によるデザイン。「家自体が呼吸して人に優しい」といわれる、炭を使用した塗料の明るい色合いと、陳列棚などに多く取り入れられた木材の温かみが、落ち着いた安らぎを生み出しています。

窓際に置かれた大きなミシンやアイロン、裁ちバサミにメジャー。作品に対する質問や、こういったものが欲しいという要望など、お客さまとの気軽でダイレクトなやり取りを大切にしたいという宇南山さんらしく、実際に作品が製作される工程が、道行く人からも見えるようになっています。

これまでの製作の名残を留める作業テーブルは、あたかもそれ自体が作品であるかのようですね。

KEYWORDS:手作り 木のぬくもり バンカーズボックス ここで働きたい

COLOR:ベージュ、ナチュラル

ワークスペース

お客さまとのつながりを生む開かれた工房

東京都台東区鳥越にある「SyuRo」は、下町育ちの親近感を醸し出す店主・宇南山さんの人柄が表れたような開放感のあるアトリエショップ。店内には「自分で使うものだからこそ」という視点から生み出される作品が並んでいます。

友人たちと仕上げたという内装は、宇南山さん自身によるデザイン。「家自体が呼吸して人に優しい」といわれる、炭を使用した塗料の明るい色合いと、陳列棚などに多く取り入れられた木材の温かみが、落ち着いた安らぎを生み出しています。

窓際に置かれた大きなミシンやアイロン、裁ちバサミにメジャー。作品に対する質問や、こういったものが欲しいという要望など、お客さまとの気軽でダイレクトなやり取りを大切にしたいという宇南山さんらしく、実際に作品が製作される工程が、道行く人からも見えるようになっています。

これまでの製作の名残を留める作業テーブルは、あたかもそれ自体が作品であるかのようですね。

KEYWORDS:手作り 木のぬくもり バンカーズボックス ここで働きたい

COLOR:ベージュ、ナチュラル

ワークスペース

お客さまとのつながりを生む開かれた工房

東京都台東区鳥越にある「SyuRo」は、下町育ちの親近感を醸し出す店主・宇南山さんの人柄が表れたような開放感のあるアトリエショップ。店内には「自分で使うものだからこそ」という視点から生み出される作品が並んでいます。

友人たちと仕上げたという内装は、宇南山さん自身によるデザイン。「家自体が呼吸して人に優しい」といわれる、炭を使用した塗料の明るい色合いと、陳列棚などに多く取り入れられた木材の温かみが、落ち着いた安らぎを生み出しています。

窓際に置かれた大きなミシンやアイロン、裁ちバサミにメジャー。作品に対する質問や、こういったものが欲しいという要望など、お客さまとの気軽でダイレクトなやり取りを大切にしたいという宇南山さんらしく、実際に作品が製作される工程が、道行く人からも見えるようになっています。

これまでの製作の名残を留める作業テーブルは、あたかもそれ自体が作品であるかのようですね。

KEYWORDS:手作り 木のぬくもり バンカーズボックス ここで働きたい

COLOR:ベージュ、ナチュラル

ワークスペース

お客さまとのつながりを生む開かれた工房

東京都台東区鳥越にある「SyuRo」は、下町育ちの親近感を醸し出す店主・宇南山さんの人柄が表れたような開放感のあるアトリエショップ。店内には「自分で使うものだからこそ」という視点から生み出される作品が並んでいます。

友人たちと仕上げたという内装は、宇南山さん自身によるデザイン。「家自体が呼吸して人に優しい」といわれる、炭を使用した塗料の明るい色合いと、陳列棚などに多く取り入れられた木材の温かみが、落ち着いた安らぎを生み出しています。

窓際に置かれた大きなミシンやアイロン、裁ちバサミにメジャー。作品に対する質問や、こういったものが欲しいという要望など、お客さまとの気軽でダイレクトなやり取りを大切にしたいという宇南山さんらしく、実際に作品が製作される工程が、道行く人からも見えるようになっています。

これまでの製作の名残を留める作業テーブルは、あたかもそれ自体が作品であるかのようですね。

KEYWORDS:手作り 木のぬくもり バンカーズボックス ここで働きたい

COLOR:ベージュ、ナチュラル

ワークスペース

お客さまとのつながりを生む開かれた工房

東京都台東区鳥越にある「SyuRo」は、下町育ちの親近感を醸し出す店主・宇南山さんの人柄が表れたような開放感のあるアトリエショップ。店内には「自分で使うものだからこそ」という視点から生み出される作品が並んでいます。

友人たちと仕上げたという内装は、宇南山さん自身によるデザイン。「家自体が呼吸して人に優しい」といわれる、炭を使用した塗料の明るい色合いと、陳列棚などに多く取り入れられた木材の温かみが、落ち着いた安らぎを生み出しています。

窓際に置かれた大きなミシンやアイロン、裁ちバサミにメジャー。作品に対する質問や、こういったものが欲しいという要望など、お客さまとの気軽でダイレクトなやり取りを大切にしたいという宇南山さんらしく、実際に作品が製作される工程が、道行く人からも見えるようになっています。

これまでの製作の名残を留める作業テーブルは、あたかもそれ自体が作品であるかのようですね。

KEYWORDS:手作り 木のぬくもり バンカーズボックス ここで働きたい

COLOR:ベージュ、ナチュラル

マイデスク

使い勝手も優れたすっきりと広いデスク

明るく清潔感のあるショップのムードにふさわしく、デスクにも広々とスペースが取られ、雑然となりがちなパソコン回りもすっきりとまとめられています。一見ディスプレイが遠い印象を受けますが、実は引き出しに大きなサイズの紙素材などを収納出来るよう、実際の使い勝手を重視した結果とのこと。

周囲に何気なく置かれたガラス瓶やマウスパッドなどの小物もまた洒落ていますね。

KEYWORDS:Macのある部屋 木のぬくもり ここで働きたい

COLOR:ベージュ、ナチュラル

マイデスク

使い勝手も優れたすっきりと広いデスク

明るく清潔感のあるショップのムードにふさわしく、デスクにも広々とスペースが取られ、雑然となりがちなパソコン回りもすっきりとまとめられています。一見ディスプレイが遠い印象を受けますが、実は引き出しに大きなサイズの紙素材などを収納出来るよう、実際の使い勝手を重視した結果とのこと。

周囲に何気なく置かれたガラス瓶やマウスパッドなどの小物もまた洒落ていますね。

KEYWORDS:Macのある部屋 木のぬくもり ここで働きたい

COLOR:ベージュ、ナチュラル

マイデスク

使い勝手も優れたすっきりと広いデスク

明るく清潔感のあるショップのムードにふさわしく、デスクにも広々とスペースが取られ、雑然となりがちなパソコン回りもすっきりとまとめられています。一見ディスプレイが遠い印象を受けますが、実は引き出しに大きなサイズの紙素材などを収納出来るよう、実際の使い勝手を重視した結果とのこと。

周囲に何気なく置かれたガラス瓶やマウスパッドなどの小物もまた洒落ていますね。

KEYWORDS:Macのある部屋 木のぬくもり ここで働きたい

COLOR:ベージュ、ナチュラル

マイデスク

使い勝手も優れたすっきりと広いデスク

明るく清潔感のあるショップのムードにふさわしく、デスクにも広々とスペースが取られ、雑然となりがちなパソコン回りもすっきりとまとめられています。一見ディスプレイが遠い印象を受けますが、実は引き出しに大きなサイズの紙素材などを収納出来るよう、実際の使い勝手を重視した結果とのこと。

周囲に何気なく置かれたガラス瓶やマウスパッドなどの小物もまた洒落ていますね。

KEYWORDS:Macのある部屋 木のぬくもり ここで働きたい

COLOR:ベージュ、ナチュラル

マイデスク

使い勝手も優れたすっきりと広いデスク

明るく清潔感のあるショップのムードにふさわしく、デスクにも広々とスペースが取られ、雑然となりがちなパソコン回りもすっきりとまとめられています。一見ディスプレイが遠い印象を受けますが、実は引き出しに大きなサイズの紙素材などを収納出来るよう、実際の使い勝手を重視した結果とのこと。

周囲に何気なく置かれたガラス瓶やマウスパッドなどの小物もまた洒落ていますね。

KEYWORDS:Macのある部屋 木のぬくもり ここで働きたい

COLOR:ベージュ、ナチュラル

その他

下町育ちのシンプルでモダンなアトリエショップ

東京都台東区鳥越にある「SyuRo」は、台東デザイナーズビレッジ出身の店主・宇南山加子さんの「自分が日常生活をしていて、こういうものがあったらいいのに」という思いから生まれたアトリエショップ。

例えば、蚊帳を重ねて作られた布巾は使い勝手が良くしかも乾きやすい。テントを作る際の余り生地がしっかりと厚手で防水加工の施されたバッグに生まれ変わる。店内にはそのほかにも、アクセサリーやステーショナリーから家具に至るまで、気持ちがほっと温かくなるような心地よい生活雑貨が揃っています。

鳥越神社やおかず横丁も近い下町にありながら、シンプルでモダンな佇まいが目を引きますが、古くからの町並みに溶け込み、不思議と違和感は感じさせません。作家原田宗典さんの朗読会を店内で開催するなど、この町で生まれ育った宇南山さんには、地元を盛り上げたいという意識が強くあるようです。また、問屋街もあり昔から職人たちが多く住み「物を作る」ということに理解の深い地域だけに、ご近所の方も気軽にお店へ立ち寄り、声をかけていかれるようです。

「お客さまと直接話をしながら、さまざまな人とのつながりを広げていきたい」
「日本人だからこその思いやりや温故知新を大切にしていきたい」
そんな思いが下町にしっかりと根付いているようですね。

KEYWORDS:雑貨屋さん 大きな窓 木のぬくもり ここで働きたい

COLOR:ベージュ、ナチュラル

その他

下町育ちのシンプルでモダンなアトリエショップ

東京都台東区鳥越にある「SyuRo」は、台東デザイナーズビレッジ出身の店主・宇南山加子さんの「自分が日常生活をしていて、こういうものがあったらいいのに」という思いから生まれたアトリエショップ。

例えば、蚊帳を重ねて作られた布巾は使い勝手が良くしかも乾きやすい。テントを作る際の余り生地がしっかりと厚手で防水加工の施されたバッグに生まれ変わる。店内にはそのほかにも、アクセサリーやステーショナリーから家具に至るまで、気持ちがほっと温かくなるような心地よい生活雑貨が揃っています。

鳥越神社やおかず横丁も近い下町にありながら、シンプルでモダンな佇まいが目を引きますが、古くからの町並みに溶け込み、不思議と違和感は感じさせません。作家原田宗典さんの朗読会を店内で開催するなど、この町で生まれ育った宇南山さんには、地元を盛り上げたいという意識が強くあるようです。また、問屋街もあり昔から職人たちが多く住み「物を作る」ということに理解の深い地域だけに、ご近所の方も気軽にお店へ立ち寄り、声をかけていかれるようです。

「お客さまと直接話をしながら、さまざまな人とのつながりを広げていきたい」
「日本人だからこその思いやりや温故知新を大切にしていきたい」
そんな思いが下町にしっかりと根付いているようですね。

KEYWORDS:雑貨屋さん 大きな窓 木のぬくもり ここで働きたい

COLOR:ベージュ、ナチュラル

その他

下町育ちのシンプルでモダンなアトリエショップ

東京都台東区鳥越にある「SyuRo」は、台東デザイナーズビレッジ出身の店主・宇南山加子さんの「自分が日常生活をしていて、こういうものがあったらいいのに」という思いから生まれたアトリエショップ。

例えば、蚊帳を重ねて作られた布巾は使い勝手が良くしかも乾きやすい。テントを作る際の余り生地がしっかりと厚手で防水加工の施されたバッグに生まれ変わる。店内にはそのほかにも、アクセサリーやステーショナリーから家具に至るまで、気持ちがほっと温かくなるような心地よい生活雑貨が揃っています。

鳥越神社やおかず横丁も近い下町にありながら、シンプルでモダンな佇まいが目を引きますが、古くからの町並みに溶け込み、不思議と違和感は感じさせません。作家原田宗典さんの朗読会を店内で開催するなど、この町で生まれ育った宇南山さんには、地元を盛り上げたいという意識が強くあるようです。また、問屋街もあり昔から職人たちが多く住み「物を作る」ということに理解の深い地域だけに、ご近所の方も気軽にお店へ立ち寄り、声をかけていかれるようです。

「お客さまと直接話をしながら、さまざまな人とのつながりを広げていきたい」
「日本人だからこその思いやりや温故知新を大切にしていきたい」
そんな思いが下町にしっかりと根付いているようですね。

KEYWORDS:雑貨屋さん 大きな窓 木のぬくもり ここで働きたい

COLOR:ベージュ、ナチュラル

その他

下町育ちのシンプルでモダンなアトリエショップ

東京都台東区鳥越にある「SyuRo」は、台東デザイナーズビレッジ出身の店主・宇南山加子さんの「自分が日常生活をしていて、こういうものがあったらいいのに」という思いから生まれたアトリエショップ。

例えば、蚊帳を重ねて作られた布巾は使い勝手が良くしかも乾きやすい。テントを作る際の余り生地がしっかりと厚手で防水加工の施されたバッグに生まれ変わる。店内にはそのほかにも、アクセサリーやステーショナリーから家具に至るまで、気持ちがほっと温かくなるような心地よい生活雑貨が揃っています。

鳥越神社やおかず横丁も近い下町にありながら、シンプルでモダンな佇まいが目を引きますが、古くからの町並みに溶け込み、不思議と違和感は感じさせません。作家原田宗典さんの朗読会を店内で開催するなど、この町で生まれ育った宇南山さんには、地元を盛り上げたいという意識が強くあるようです。また、問屋街もあり昔から職人たちが多く住み「物を作る」ということに理解の深い地域だけに、ご近所の方も気軽にお店へ立ち寄り、声をかけていかれるようです。

「お客さまと直接話をしながら、さまざまな人とのつながりを広げていきたい」
「日本人だからこその思いやりや温故知新を大切にしていきたい」
そんな思いが下町にしっかりと根付いているようですね。

KEYWORDS:雑貨屋さん 大きな窓 木のぬくもり ここで働きたい

COLOR:ベージュ、ナチュラル

その他

下町育ちのシンプルでモダンなアトリエショップ

東京都台東区鳥越にある「SyuRo」は、台東デザイナーズビレッジ出身の店主・宇南山加子さんの「自分が日常生活をしていて、こういうものがあったらいいのに」という思いから生まれたアトリエショップ。

例えば、蚊帳を重ねて作られた布巾は使い勝手が良くしかも乾きやすい。テントを作る際の余り生地がしっかりと厚手で防水加工の施されたバッグに生まれ変わる。店内にはそのほかにも、アクセサリーやステーショナリーから家具に至るまで、気持ちがほっと温かくなるような心地よい生活雑貨が揃っています。

鳥越神社やおかず横丁も近い下町にありながら、シンプルでモダンな佇まいが目を引きますが、古くからの町並みに溶け込み、不思議と違和感は感じさせません。作家原田宗典さんの朗読会を店内で開催するなど、この町で生まれ育った宇南山さんには、地元を盛り上げたいという意識が強くあるようです。また、問屋街もあり昔から職人たちが多く住み「物を作る」ということに理解の深い地域だけに、ご近所の方も気軽にお店へ立ち寄り、声をかけていかれるようです。

「お客さまと直接話をしながら、さまざまな人とのつながりを広げていきたい」
「日本人だからこその思いやりや温故知新を大切にしていきたい」
そんな思いが下町にしっかりと根付いているようですね。

KEYWORDS:雑貨屋さん 大きな窓 木のぬくもり ここで働きたい

COLOR:ベージュ、ナチュラル


特長

東京都台東区鳥越にある「SyuRo」は、台東デザイナーズビレッジ出身の店主・宇南山加子さんの「自分が日常生活をしていて、こういうものがあったらいいのに」という思いから生まれたアトリエショップ。


商品・サービス

online shop

オンラインショップを始めました。

SyuRo(シュロ)

従業員数
電話番号03-3861-0675
FAX番号
住所111-0054 東京都台東区鳥越 1-15-7 1-15-7
代表者名宇南山加子
事業内容デザイン会社として、生活雑貨や服飾雑貨の企画、卸、またディスプレイや、スタイリングのご相談を行っております
URLhttp://www.syuro.info/
広さ50m2−99m2

※仕事場投稿日:
(更新日:2016/11/16)

このカテゴリの記事一覧

新着記事

[以下は2016年11月17日のリニューアル前の旧コンテンツです]

※「みんなの仕事場」リニューアルのお知らせ(2016年11月17日)