みんなの仕事場 > 仕事場紹介 > 株式会社ロボット

仕事場紹介

※当コンテンツは2016年11月17日のリニューアル前の旧コンテンツです

株式会社ロボット

このカテゴリの記事一覧

受付・エントランス

一流ホテルの佇まいを思わせる、株式会社ロボットのエントランス

加藤久仁生監督作品「つみきのいえ」が、第81回米国アカデミー賞短編アニメーション賞を受賞したことで映画ファンのみならず広く名を知られることとなったクリエイティブ・プロダクション、株式会社ロボット。いまもっともホットなものづくりが行われている現場であり監督や俳優など国内外の映画関係者も多く訪れることに加え、阿部代表のクリエイティブな環境づくりに対するこだわりから、一流ホテルを思わせる落ち着きのあるオフィス空間となっています。

JR恵比寿駅から程近い、閑静な住宅が立ち並ぶ小高い丘の中腹という絶好のロケーションに位置する同社のオフィス。一棟建てのビルを石畳のアプローチから望めば、まるで居心地の良いホテルのような佇まいです。クリエイティブなものづくりに必要とされる快適なオフィス空間を考えるにあたり、そのコンセプトのひとつとしてロボットの阿部代表は「一流ホテルのホスピタリティやアメニティ」を手本にされたとのこと。それがこのエントランスにわかりやすく具現化されています。石畳や石材の壁面の自然素材と、同社のシンボルである愛らしいロボットマークや社名ロゴがあしらわれた金属部分とが美しいコントラストを見せる、風格のあるエントランスです。

KEYWORDS:石畳 アカデミー賞 加藤久仁生 つみきのいえ

COLOR:ブラウン、ウッド

受付・エントランス

一流ホテルの佇まいを思わせる、株式会社ロボットのエントランス

加藤久仁生監督作品「つみきのいえ」が、第81回米国アカデミー賞短編アニメーション賞を受賞したことで映画ファンのみならず広く名を知られることとなったクリエイティブ・プロダクション、株式会社ロボット。いまもっともホットなものづくりが行われている現場であり監督や俳優など国内外の映画関係者も多く訪れることに加え、阿部代表のクリエイティブな環境づくりに対するこだわりから、一流ホテルを思わせる落ち着きのあるオフィス空間となっています。

JR恵比寿駅から程近い、閑静な住宅が立ち並ぶ小高い丘の中腹という絶好のロケーションに位置する同社のオフィス。一棟建てのビルを石畳のアプローチから望めば、まるで居心地の良いホテルのような佇まいです。クリエイティブなものづくりに必要とされる快適なオフィス空間を考えるにあたり、そのコンセプトのひとつとしてロボットの阿部代表は「一流ホテルのホスピタリティやアメニティ」を手本にされたとのこと。それがこのエントランスにわかりやすく具現化されています。石畳や石材の壁面の自然素材と、同社のシンボルである愛らしいロボットマークや社名ロゴがあしらわれた金属部分とが美しいコントラストを見せる、風格のあるエントランスです。

KEYWORDS:石畳 アカデミー賞 加藤久仁生 つみきのいえ

COLOR:ブラウン、ウッド

受付・エントランス

一流ホテルの佇まいを思わせる、株式会社ロボットのエントランス

加藤久仁生監督作品「つみきのいえ」が、第81回米国アカデミー賞短編アニメーション賞を受賞したことで映画ファンのみならず広く名を知られることとなったクリエイティブ・プロダクション、株式会社ロボット。いまもっともホットなものづくりが行われている現場であり監督や俳優など国内外の映画関係者も多く訪れることに加え、阿部代表のクリエイティブな環境づくりに対するこだわりから、一流ホテルを思わせる落ち着きのあるオフィス空間となっています。

JR恵比寿駅から程近い、閑静な住宅が立ち並ぶ小高い丘の中腹という絶好のロケーションに位置する同社のオフィス。一棟建てのビルを石畳のアプローチから望めば、まるで居心地の良いホテルのような佇まいです。クリエイティブなものづくりに必要とされる快適なオフィス空間を考えるにあたり、そのコンセプトのひとつとしてロボットの阿部代表は「一流ホテルのホスピタリティやアメニティ」を手本にされたとのこと。それがこのエントランスにわかりやすく具現化されています。石畳や石材の壁面の自然素材と、同社のシンボルである愛らしいロボットマークや社名ロゴがあしらわれた金属部分とが美しいコントラストを見せる、風格のあるエントランスです。

KEYWORDS:石畳 アカデミー賞 加藤久仁生 つみきのいえ

COLOR:ブラウン、ウッド

受付・エントランス

一流ホテルの佇まいを思わせる、株式会社ロボットのエントランス

加藤久仁生監督作品「つみきのいえ」が、第81回米国アカデミー賞短編アニメーション賞を受賞したことで映画ファンのみならず広く名を知られることとなったクリエイティブ・プロダクション、株式会社ロボット。いまもっともホットなものづくりが行われている現場であり監督や俳優など国内外の映画関係者も多く訪れることに加え、阿部代表のクリエイティブな環境づくりに対するこだわりから、一流ホテルを思わせる落ち着きのあるオフィス空間となっています。

JR恵比寿駅から程近い、閑静な住宅が立ち並ぶ小高い丘の中腹という絶好のロケーションに位置する同社のオフィス。一棟建てのビルを石畳のアプローチから望めば、まるで居心地の良いホテルのような佇まいです。クリエイティブなものづくりに必要とされる快適なオフィス空間を考えるにあたり、そのコンセプトのひとつとしてロボットの阿部代表は「一流ホテルのホスピタリティやアメニティ」を手本にされたとのこと。それがこのエントランスにわかりやすく具現化されています。石畳や石材の壁面の自然素材と、同社のシンボルである愛らしいロボットマークや社名ロゴがあしらわれた金属部分とが美しいコントラストを見せる、風格のあるエントランスです。

KEYWORDS:石畳 アカデミー賞 加藤久仁生 つみきのいえ

COLOR:ブラウン、ウッド

受付・エントランス

オスカー像が置かれた株式会社ロボットの明るいエントランス

加藤久仁生監督作品「つみきのいえ」が、第81回米国アカデミー賞短編アニメーション賞を受賞したことで映画ファンのみならず広く名を知られることとなったクリエイティブ・プロダクション、株式会社ロボット。「私たちロボットは、エンタテインメントを通じて、勇気と希望を社会に与えていく会社です」をモットーに、「踊る大捜査線THE MOVIE」や「海猿」、「ALWAYS 三丁目の夕日」シリーズ、「タイヨウのうた」、「Love Letter」などの大ヒットを記録した劇場映画作品をはじめ、TVCM、アニメーション、CG、ゲーム、Web、などの企画制作を主な事業としている同社のオフィスは、その内側でいまもっともホットなものづくりが行われている現場でありながら、一流ホテルを思わせる落ち着きのある空間です。

ゲストを迎えるエントランスは明るく柔らかな第一印象。フローリングや壁面の石材など天然の素材が多く用いられ、暖色系でまとめられた色調とともに落ちつきを感じさせる空間です。カウンター天板や足部分、社名ロゴが輝くカウンター背面のステンレスの輝きがそこにクールさを添えています。壁には「重力ピエロ」「ホノカアボーイ」「K-20」など、同社が制作を手掛ける最新作品のポスターが掲げられ目を楽しませてくれます。そしてカウンターには、アカデミー受賞式での「重い」という一言が印象的だったオスカー像が輝いています。「つみきのいえ」の受賞を「アウェイで闘った成果としての自負はあっても、社内は決して浮き足立ってはいない」という阿部代表の言葉通り、オスカー像も派手にアピールされることなく同作の絵本やDVDといっしょにあくまでさりげなく置かれています。

KEYWORDS:フローリング カフェ風 アカデミー賞 加藤久仁生 つみきのいえ

COLOR:ブラウン、ウッド

受付・エントランス

オスカー像が置かれた株式会社ロボットの明るいエントランス

加藤久仁生監督作品「つみきのいえ」が、第81回米国アカデミー賞短編アニメーション賞を受賞したことで映画ファンのみならず広く名を知られることとなったクリエイティブ・プロダクション、株式会社ロボット。「私たちロボットは、エンタテインメントを通じて、勇気と希望を社会に与えていく会社です」をモットーに、「踊る大捜査線THE MOVIE」や「海猿」、「ALWAYS 三丁目の夕日」シリーズ、「タイヨウのうた」、「Love Letter」などの大ヒットを記録した劇場映画作品をはじめ、TVCM、アニメーション、CG、ゲーム、Web、などの企画制作を主な事業としている同社のオフィスは、その内側でいまもっともホットなものづくりが行われている現場でありながら、一流ホテルを思わせる落ち着きのある空間です。

ゲストを迎えるエントランスは明るく柔らかな第一印象。フローリングや壁面の石材など天然の素材が多く用いられ、暖色系でまとめられた色調とともに落ちつきを感じさせる空間です。カウンター天板や足部分、社名ロゴが輝くカウンター背面のステンレスの輝きがそこにクールさを添えています。壁には「重力ピエロ」「ホノカアボーイ」「K-20」など、同社が制作を手掛ける最新作品のポスターが掲げられ目を楽しませてくれます。そしてカウンターには、アカデミー受賞式での「重い」という一言が印象的だったオスカー像が輝いています。「つみきのいえ」の受賞を「アウェイで闘った成果としての自負はあっても、社内は決して浮き足立ってはいない」という阿部代表の言葉通り、オスカー像も派手にアピールされることなく同作の絵本やDVDといっしょにあくまでさりげなく置かれています。

KEYWORDS:フローリング カフェ風 アカデミー賞 加藤久仁生 つみきのいえ

COLOR:ブラウン、ウッド

受付・エントランス

オスカー像が置かれた株式会社ロボットの明るいエントランス

加藤久仁生監督作品「つみきのいえ」が、第81回米国アカデミー賞短編アニメーション賞を受賞したことで映画ファンのみならず広く名を知られることとなったクリエイティブ・プロダクション、株式会社ロボット。「私たちロボットは、エンタテインメントを通じて、勇気と希望を社会に与えていく会社です」をモットーに、「踊る大捜査線THE MOVIE」や「海猿」、「ALWAYS 三丁目の夕日」シリーズ、「タイヨウのうた」、「Love Letter」などの大ヒットを記録した劇場映画作品をはじめ、TVCM、アニメーション、CG、ゲーム、Web、などの企画制作を主な事業としている同社のオフィスは、その内側でいまもっともホットなものづくりが行われている現場でありながら、一流ホテルを思わせる落ち着きのある空間です。

ゲストを迎えるエントランスは明るく柔らかな第一印象。フローリングや壁面の石材など天然の素材が多く用いられ、暖色系でまとめられた色調とともに落ちつきを感じさせる空間です。カウンター天板や足部分、社名ロゴが輝くカウンター背面のステンレスの輝きがそこにクールさを添えています。壁には「重力ピエロ」「ホノカアボーイ」「K-20」など、同社が制作を手掛ける最新作品のポスターが掲げられ目を楽しませてくれます。そしてカウンターには、アカデミー受賞式での「重い」という一言が印象的だったオスカー像が輝いています。「つみきのいえ」の受賞を「アウェイで闘った成果としての自負はあっても、社内は決して浮き足立ってはいない」という阿部代表の言葉通り、オスカー像も派手にアピールされることなく同作の絵本やDVDといっしょにあくまでさりげなく置かれています。

KEYWORDS:フローリング カフェ風 アカデミー賞 加藤久仁生 つみきのいえ

COLOR:ブラウン、ウッド

応接・会議室

アカデミー賞受賞オフィスのホテルライクなミーティングスペース

加藤久仁生監督作品「つみきのいえ」が、第81回米国アカデミー賞短編アニメーション賞を受賞したことで映画ファンのみならず広く名を知られることとなったクリエイティブ・プロダクション、株式会社ロボット。

設立から実に23年目を迎えるロボットの現オフィスは、JR恵比寿駅から程近い閑静な住宅街の中に落ち着いた佇まいを見せています。1986年、ロボットの歴史は現在と同じ恵比寿の地で、社長1名社員1名、50平方メートル足らずのテナントビルの一室から始まります。「本広(克行監督)や岩井(俊二監督)がそのへんにごろごろしてた」と阿部代表が語る通り、いまをときめく数多くの才能を輩出しながら、スタッフ増員と事業拡大に合わせて恵比寿南、代官山駅前、恵比寿五差路などへ移転を重ねて、現オフィスへ落ち着いて5年ほど。およそ3,000平方メートルのスペースで150人前後が現在働いています。

ミーティングスペースは広々と開放的な雰囲気です。フローリングや柱に用いられた木材の質感が柔らかく温かい空間を作っています。十分なスペースをとって配置された円形テーブルをゆったりと大きなチェアが囲みます。所々には観葉植物も置かれ、窓の面積は決して大きくないにもかかわらず明るい印象です。また、目を引く螺旋階段はこのオフィスを設計する際の大きなコンセプトのひとつ。1〜3階までを目に見える形でつなぎ各階の行き来をしやすくすることで、セクションを越えてコミュニケーションをとりやすくし、会社全体として同じ一つの目標に向かっているのだという意識を持てるよう工夫されています。ともすれば分断されがちなオフィス空間ですが、チームワークを生み出すための配慮がこうしたところに行き届いていますね。

KEYWORDS:フローリング カフェ風 木のぬくもり つみきのいえ アカデミー賞

COLOR:ブラウン、ウッド

応接・会議室

アカデミー賞受賞オフィスのホテルライクなミーティングスペース

加藤久仁生監督作品「つみきのいえ」が、第81回米国アカデミー賞短編アニメーション賞を受賞したことで映画ファンのみならず広く名を知られることとなったクリエイティブ・プロダクション、株式会社ロボット。

設立から実に23年目を迎えるロボットの現オフィスは、JR恵比寿駅から程近い閑静な住宅街の中に落ち着いた佇まいを見せています。1986年、ロボットの歴史は現在と同じ恵比寿の地で、社長1名社員1名、50平方メートル足らずのテナントビルの一室から始まります。「本広(克行監督)や岩井(俊二監督)がそのへんにごろごろしてた」と阿部代表が語る通り、いまをときめく数多くの才能を輩出しながら、スタッフ増員と事業拡大に合わせて恵比寿南、代官山駅前、恵比寿五差路などへ移転を重ねて、現オフィスへ落ち着いて5年ほど。およそ3,000平方メートルのスペースで150人前後が現在働いています。

ミーティングスペースは広々と開放的な雰囲気です。フローリングや柱に用いられた木材の質感が柔らかく温かい空間を作っています。十分なスペースをとって配置された円形テーブルをゆったりと大きなチェアが囲みます。所々には観葉植物も置かれ、窓の面積は決して大きくないにもかかわらず明るい印象です。また、目を引く螺旋階段はこのオフィスを設計する際の大きなコンセプトのひとつ。1〜3階までを目に見える形でつなぎ各階の行き来をしやすくすることで、セクションを越えてコミュニケーションをとりやすくし、会社全体として同じ一つの目標に向かっているのだという意識を持てるよう工夫されています。ともすれば分断されがちなオフィス空間ですが、チームワークを生み出すための配慮がこうしたところに行き届いていますね。

KEYWORDS:フローリング カフェ風 木のぬくもり 水槽のある部屋 アカデミー賞

COLOR:ブラウン、ウッド

応接・会議室

アカデミー賞受賞オフィスのホテルライクなミーティングスペース

加藤久仁生監督作品「つみきのいえ」が、第81回米国アカデミー賞短編アニメーション賞を受賞したことで映画ファンのみならず広く名を知られることとなったクリエイティブ・プロダクション、株式会社ロボット。

設立から実に23年目を迎えるロボットの現オフィスは、JR恵比寿駅から程近い閑静な住宅街の中に落ち着いた佇まいを見せています。1986年、ロボットの歴史は現在と同じ恵比寿の地で、社長1名社員1名、50平方メートル足らずのテナントビルの一室から始まります。「本広(克行監督)や岩井(俊二監督)がそのへんにごろごろしてた」と阿部代表が語る通り、いまをときめく数多くの才能を輩出しながら、スタッフ増員と事業拡大に合わせて恵比寿南、代官山駅前、恵比寿五差路などへ移転を重ねて、現オフィスへ落ち着いて5年ほど。およそ3,000平方メートルのスペースで150人前後が現在働いています。

ミーティングスペースは広々と開放的な雰囲気です。フローリングや柱に用いられた木材の質感が柔らかく温かい空間を作っています。十分なスペースをとって配置された円形テーブルをゆったりと大きなチェアが囲みます。所々には観葉植物も置かれ、窓の面積は決して大きくないにもかかわらず明るい印象です。また、目を引く螺旋階段はこのオフィスを設計する際の大きなコンセプトのひとつ。1〜3階までを目に見える形でつなぎ各階の行き来をしやすくすることで、セクションを越えてコミュニケーションをとりやすくし、会社全体として同じ一つの目標に向かっているのだという意識を持てるよう工夫されています。ともすれば分断されがちなオフィス空間ですが、チームワークを生み出すための配慮がこうしたところに行き届いていますね。

KEYWORDS:フローリング カフェ風 木のぬくもり レム アカデミー賞

COLOR:ブラウン、ウッド

応接・会議室

アカデミー賞受賞オフィスのホテルライクなミーティングスペース

加藤久仁生監督作品「つみきのいえ」が、第81回米国アカデミー賞短編アニメーション賞を受賞したことで映画ファンのみならず広く名を知られることとなったクリエイティブ・プロダクション、株式会社ロボット。

設立から実に23年目を迎えるロボットの現オフィスは、JR恵比寿駅から程近い閑静な住宅街の中に落ち着いた佇まいを見せています。1986年、ロボットの歴史は現在と同じ恵比寿の地で、社長1名社員1名、50平方メートル足らずのテナントビルの一室から始まります。「本広(克行監督)や岩井(俊二監督)がそのへんにごろごろしてた」と阿部代表が語る通り、いまをときめく数多くの才能を輩出しながら、スタッフ増員と事業拡大に合わせて恵比寿南、代官山駅前、恵比寿五差路などへ移転を重ねて、現オフィスへ落ち着いて5年ほど。およそ3,000平方メートルのスペースで150人前後が現在働いています。

ミーティングスペースは広々と開放的な雰囲気です。フローリングや柱に用いられた木材の質感が柔らかく温かい空間を作っています。十分なスペースをとって配置された円形テーブルをゆったりと大きなチェアが囲みます。所々には観葉植物も置かれ、窓の面積は決して大きくないにもかかわらず明るい印象です。また、目を引く螺旋階段はこのオフィスを設計する際の大きなコンセプトのひとつ。1〜3階までを目に見える形でつなぎ各階の行き来をしやすくすることで、セクションを越えてコミュニケーションをとりやすくし、会社全体として同じ一つの目標に向かっているのだという意識を持てるよう工夫されています。ともすれば分断されがちなオフィス空間ですが、チームワークを生み出すための配慮がこうしたところに行き届いていますね。

KEYWORDS:フローリング カフェ風 木のぬくもり 水槽のある部屋 アカデミー賞

COLOR:ブラウン、ウッド

応接・会議室

アカデミー賞受賞オフィスのホテルライクなミーティングスペース

加藤久仁生監督作品「つみきのいえ」が、第81回米国アカデミー賞短編アニメーション賞を受賞したことで映画ファンのみならず広く名を知られることとなったクリエイティブ・プロダクション、株式会社ロボット。

設立から実に23年目を迎えるロボットの現オフィスは、JR恵比寿駅から程近い閑静な住宅街の中に落ち着いた佇まいを見せています。1986年、ロボットの歴史は現在と同じ恵比寿の地で、社長1名社員1名、50平方メートル足らずのテナントビルの一室から始まります。「本広(克行監督)や岩井(俊二監督)がそのへんにごろごろしてた」と阿部代表が語る通り、いまをときめく数多くの才能を輩出しながら、スタッフ増員と事業拡大に合わせて恵比寿南、代官山駅前、恵比寿五差路などへ移転を重ねて、現オフィスへ落ち着いて5年ほど。およそ3,000平方メートルのスペースで150人前後が現在働いています。

ミーティングスペースは広々と開放的な雰囲気です。フローリングや柱に用いられた木材の質感が柔らかく温かい空間を作っています。十分なスペースをとって配置された円形テーブルをゆったりと大きなチェアが囲みます。所々には観葉植物も置かれ、窓の面積は決して大きくないにもかかわらず明るい印象です。また、目を引く螺旋階段はこのオフィスを設計する際の大きなコンセプトのひとつ。1〜3階までを目に見える形でつなぎ各階の行き来をしやすくすることで、セクションを越えてコミュニケーションをとりやすくし、会社全体として同じ一つの目標に向かっているのだという意識を持てるよう工夫されています。ともすれば分断されがちなオフィス空間ですが、チームワークを生み出すための配慮がこうしたところに行き届いていますね。

KEYWORDS:フローリング カフェ風 木のぬくもり 階段 アカデミー賞

COLOR:ブラウン、ウッド

応接・会議室

螺旋階段でセクションを越えてつながるアカデミー賞受賞オフィス

加藤久仁生監督作品「つみきのいえ」が、第81回米国アカデミー賞短編アニメーション賞を受賞したことで映画ファンのみならず広く名を知られることとなったクリエイティブ・プロダクション、株式会社ロボット。「踊る大捜査線THE MOVIE」の本広克行監督、「海猿」の羽住英一郎監督、「ALWAYS 三丁目の夕日」の山崎貴監督、「ラブレター」の岩井俊二監督など、気鋭の新人からいまや大御所とも言える監督にいたるまで、枚挙に暇のないほどの才能を輩出している同社のオフィスは一流ホテルを思わせるホスピタリティとアメニティが意識された心地の良い空間です。

陽当たりの良いカフェのようなミーティングスペースです。ここでもフローリングやテーブル、チェアに用いられた木の質感が柔らかい印象を与えます。壁面もエントランスと同様にひとつひとつ色の異なる石材の組み合わせで、材質特有の堅牢な質感を活かしながらも明るい印象です。そのほか収納やカウンターもナチュラルな色調でまとめられ、全体として息苦しさや閉塞感とは無縁のリラックスした空間です。世界に発信されるエンターテイメント作品がこのオフィスで日夜生み出されていることを一瞬忘れてしまいそうな、穏やかな一角です。

また1〜3階を結ぶ螺旋階段は、各フロアやセクションを分断させずにつなぎたいという、このオフィス設計におけるコンセプトの具体例のひとつ。メタリックな輝きがシャープな印象ですが、手摺りやステップのあいだに隙間を設けすっきりと圧迫感のない美しい構造になっています。「異質な才能を認めあい、チームワークを生み出す」とはロボットが社員の規範として挙げるキーワードのひとつですが、この螺旋階段が何よりもその姿勢を体現しているかのようですね。

KEYWORDS:フローリング カフェ風大 きな窓 木のぬくもり アカデミー賞

COLOR:ブラウン、ウッド

応接・会議室

旋階段でセクションを越えてつながるアカデミー賞受賞オフィス

加藤久仁生監督作品「つみきのいえ」が、第81回米国アカデミー賞短編アニメーション賞を受賞したことで映画ファンのみならず広く名を知られることとなったクリエイティブ・プロダクション、株式会社ロボット。「踊る大捜査線THE MOVIE」の本広克行監督、「海猿」の羽住英一郎監督、「ALWAYS 三丁目の夕日」の山崎貴監督、「ラブレター」の岩井俊二監督など、気鋭の新人からいまや大御所とも言える監督にいたるまで、枚挙に暇のないほどの才能を輩出している同社のオフィスは一流ホテルを思わせるホスピタリティとアメニティが意識された心地の良い空間です。

陽当たりの良いカフェのようなミーティングスペースです。ここでもフローリングやテーブル、チェアに用いられた木の質感が柔らかい印象を与えます。壁面もエントランスと同様にひとつひとつ色の異なる石材の組み合わせで、材質特有の堅牢な質感を活かしながらも明るい印象です。そのほか収納やカウンターもナチュラルな色調でまとめられ、全体として息苦しさや閉塞感とは無縁のリラックスした空間です。世界に発信されるエンターテイメント作品がこのオフィスで日夜生み出されていることを一瞬忘れてしまいそうな、穏やかな一角です。

また1〜3階を結ぶ螺旋階段は、各フロアやセクションを分断させずにつなぎたいという、このオフィス設計におけるコンセプトの具体例のひとつ。メタリックな輝きがシャープな印象ですが、手摺りやステップのあいだに隙間を設けすっきりと圧迫感のない美しい構造になっています。「異質な才能を認めあい、チームワークを生み出す」とはロボットが社員の規範として挙げるキーワードのひとつですが、この螺旋階段が何よりもその姿勢を体現しているかのようですね。

KEYWORDS:フローリング カフェ風 大きな窓 木のぬくもり アカデミー賞

COLOR:ブラウン、ウッド

応接・会議室

螺旋階段でセクションを越えてつながるアカデミー賞受賞オフィス

加藤久仁生監督作品「つみきのいえ」が、第81回米国アカデミー賞短編アニメーション賞を受賞したことで映画ファンのみならず広く名を知られることとなったクリエイティブ・プロダクション、株式会社ロボット。「踊る大捜査線THE MOVIE」の本広克行監督、「海猿」の羽住英一郎監督、「ALWAYS 三丁目の夕日」の山崎貴監督、「ラブレター」の岩井俊二監督など、気鋭の新人からいまや大御所とも言える監督にいたるまで、枚挙に暇のないほどの才能を輩出している同社のオフィスは一流ホテルを思わせるホスピタリティとアメニティが意識された心地の良い空間です。

陽当たりの良いカフェのようなミーティングスペースです。ここでもフローリングやテーブル、チェアに用いられた木の質感が柔らかい印象を与えます。壁面もエントランスと同様にひとつひとつ色の異なる石材の組み合わせで、材質特有の堅牢な質感を活かしながらも明るい印象です。そのほか収納やカウンターもナチュラルな色調でまとめられ、全体として息苦しさや閉塞感とは無縁のリラックスした空間です。世界に発信されるエンターテイメント作品がこのオフィスで日夜生み出されていることを一瞬忘れてしまいそうな、穏やかな一角です。

また1〜3階を結ぶ螺旋階段は、各フロアやセクションを分断させずにつなぎたいという、このオフィス設計におけるコンセプトの具体例のひとつ。メタリックな輝きがシャープな印象ですが、手摺りやステップのあいだに隙間を設けすっきりと圧迫感のない美しい構造になっています。「異質な才能を認めあい、チームワークを生み出す」とはロボットが社員の規範として挙げるキーワードのひとつですが、この螺旋階段が何よりもその姿勢を体現しているかのようですね。

KEYWORDS:フローリング カフェ風 大きな窓 木のぬくもり アカデミー賞

COLOR:ブラウン、ウッド

応接・会議室

螺旋階段でセクションを越えてつながるアカデミー賞受賞オフィス

加藤久仁生監督作品「つみきのいえ」が、第81回米国アカデミー賞短編アニメーション賞を受賞したことで映画ファンのみならず広く名を知られることとなったクリエイティブ・プロダクション、株式会社ロボット。「踊る大捜査線THE MOVIE」の本広克行監督、「海猿」の羽住英一郎監督、「ALWAYS 三丁目の夕日」の山崎貴監督、「ラブレター」の岩井俊二監督など、気鋭の新人からいまや大御所とも言える監督にいたるまで、枚挙に暇のないほどの才能を輩出している同社のオフィスは一流ホテルを思わせるホスピタリティとアメニティが意識された心地の良い空間です。

陽当たりの良いカフェのようなミーティングスペースです。ここでもフローリングやテーブル、チェアに用いられた木の質感が柔らかい印象を与えます。壁面もエントランスと同様にひとつひとつ色の異なる石材の組み合わせで、材質特有の堅牢な質感を活かしながらも明るい印象です。そのほか収納やカウンターもナチュラルな色調でまとめられ、全体として息苦しさや閉塞感とは無縁のリラックスした空間です。世界に発信されるエンターテイメント作品がこのオフィスで日夜生み出されていることを一瞬忘れてしまいそうな、穏やかな一角です。

また1〜3階を結ぶ螺旋階段は、各フロアやセクションを分断させずにつなぎたいという、このオフィス設計におけるコンセプトの具体例のひとつ。メタリックな輝きがシャープな印象ですが、手摺りやステップのあいだに隙間を設けすっきりと圧迫感のない美しい構造になっています。「異質な才能を認めあい、チームワークを生み出す」とはロボットが社員の規範として挙げるキーワードのひとつですが、この螺旋階段が何よりもその姿勢を体現しているかのようですね。

KEYWORDS:フローリング カフェ風 階段 木のぬくもり アカデミー賞

COLOR:ブラウン、ウッド

応接・会議室

螺旋階段でセクションを越えてつながるアカデミー賞受賞オフィス

加藤久仁生監督作品「つみきのいえ」が、第81回米国アカデミー賞短編アニメーション賞を受賞したことで映画ファンのみならず広く名を知られることとなったクリエイティブ・プロダクション、株式会社ロボット。「踊る大捜査線THE MOVIE」の本広克行監督、「海猿」の羽住英一郎監督、「ALWAYS 三丁目の夕日」の山崎貴監督、「ラブレター」の岩井俊二監督など、気鋭の新人からいまや大御所とも言える監督にいたるまで、枚挙に暇のないほどの才能を輩出している同社のオフィスは一流ホテルを思わせるホスピタリティとアメニティが意識された心地の良い空間です。

陽当たりの良いカフェのようなミーティングスペースです。ここでもフローリングやテーブル、チェアに用いられた木の質感が柔らかい印象を与えます。壁面もエントランスと同様にひとつひとつ色の異なる石材の組み合わせで、材質特有の堅牢な質感を活かしながらも明るい印象です。そのほか収納やカウンターもナチュラルな色調でまとめられ、全体として息苦しさや閉塞感とは無縁のリラックスした空間です。世界に発信されるエンターテイメント作品がこのオフィスで日夜生み出されていることを一瞬忘れてしまいそうな、穏やかな一角です。

また1〜3階を結ぶ螺旋階段は、各フロアやセクションを分断させずにつなぎたいという、このオフィス設計におけるコンセプトの具体例のひとつ。メタリックな輝きがシャープな印象ですが、手摺りやステップのあいだに隙間を設けすっきりと圧迫感のない美しい構造になっています。「異質な才能を認めあい、チームワークを生み出す」とはロボットが社員の規範として挙げるキーワードのひとつですが、この螺旋階段が何よりもその姿勢を体現しているかのようですね。

KEYWORDS:フローリング カフェ風 つみきのいえ 木のぬくもり アカデミー賞

COLOR:ブラウン、ウッド

応接・会議室

自然の素材が活かされた明るくナチュラルなミーティングスペース

加藤久仁生監督作品「つみきのいえ」が、第81回米国アカデミー賞短編アニメーション賞を受賞したことで映画ファンのみならず広く名を知られることとなったクリエイティブ・プロダクション、株式会社ロボット。

フローリングや柱の木材、壁面に使われた色合いの異なる石材など、至る所に自然の素材が活かされたオフィス内のスペース。石材以外の壁も落ち着きのある白でまとめられリラックスした印象です。明るい階段には大ヒットシリーズ「踊る大捜査線THE MOVIE」のスピンオフムービーである「容疑者 室井慎次」をはじめロボットが手掛けた作品や、同社に籍を置いていた岩井俊二監督の1994年の作品「undo」のポスターが見えますね。受付スペースにはどことなくユーモラスなロボットのロゴマークがプリントされた金属板が備え付けられています。

いまや日本を代表するのみならず世界に向けて発信するエンターテイメント制作の最先端の現場でありながら、どことなく家庭的なムードが感じられます。ロボットが掲げる社員規範のひとつに「家族を大切にし、ともに過ごす時間を絶やさない」とありますが、そんな社風が自然と現れているようです。

KEYWORDS:フローリング つみきのいえ カフェ風 木のぬくもり アカデミー賞

COLOR:ブラウン、ウッド

応接・会議室

自然の素材が活かされた明るくナチュラルなミーティングスペース

加藤久仁生監督作品「つみきのいえ」が、第81回米国アカデミー賞短編アニメーション賞を受賞したことで映画ファンのみならず広く名を知られることとなったクリエイティブ・プロダクション、株式会社ロボット。

フローリングや柱の木材、壁面に使われた色合いの異なる石材など、至る所に自然の素材が活かされたオフィス内のスペース。石材以外の壁も落ち着きのある白でまとめられリラックスした印象です。明るい階段には大ヒットシリーズ「踊る大捜査線THE MOVIE」のスピンオフムービーである「容疑者 室井慎次」をはじめロボットが手掛けた作品や、同社に籍を置いていた岩井俊二監督の1994年の作品「undo」のポスターが見えますね。受付スペースにはどことなくユーモラスなロボットのロゴマークがプリントされた金属板が備え付けられています。

いまや日本を代表するのみならず世界に向けて発信するエンターテイメント制作の最先端の現場でありながら、どことなく家庭的なムードが感じられます。ロボットが掲げる社員規範のひとつに「家族を大切にし、ともに過ごす時間を絶やさない」とありますが、そんな社風が自然と現れているようです。

KEYWORDS:つみきのいえ カフェ風 木のぬくもり アカデミー賞

COLOR:ベージュ、ナチュラル

応接・会議室

自然の素材が活かされた明るくナチュラルなミーティングスペース

加藤久仁生監督作品「つみきのいえ」が、第81回米国アカデミー賞短編アニメーション賞を受賞したことで映画ファンのみならず広く名を知られることとなったクリエイティブ・プロダクション、株式会社ロボット。

フローリングや柱の木材、壁面に使われた色合いの異なる石材など、至る所に自然の素材が活かされたオフィス内のスペース。石材以外の壁も落ち着きのある白でまとめられリラックスした印象です。明るい階段には大ヒットシリーズ「踊る大捜査線THE MOVIE」のスピンオフムービーである「容疑者 室井慎次」をはじめロボットが手掛けた作品や、同社に籍を置いていた岩井俊二監督の1994年の作品「undo」のポスターが見えますね。受付スペースにはどことなくユーモラスなロボットのロゴマークがプリントされた金属板が備え付けられています。

いまや日本を代表するのみならず世界に向けて発信するエンターテイメント制作の最先端の現場でありながら、どことなく家庭的なムードが感じられます。ロボットが掲げる社員規範のひとつに「家族を大切にし、ともに過ごす時間を絶やさない」とありますが、そんな社風が自然と現れているようです。

KEYWORDS:フローリング 石の壁 カフェ風 木のぬくもり アカデミー賞

COLOR:ブラウン、ウッド

応接・会議室

自然の素材が活かされた明るくナチュラルなミーティングスペース

加藤久仁生監督作品「つみきのいえ」が、第81回米国アカデミー賞短編アニメーション賞を受賞したことで映画ファンのみならず広く名を知られることとなったクリエイティブ・プロダクション、株式会社ロボット。

フローリングや柱の木材、壁面に使われた色合いの異なる石材など、至る所に自然の素材が活かされたオフィス内のスペース。石材以外の壁も落ち着きのある白でまとめられリラックスした印象です。明るい階段には大ヒットシリーズ「踊る大捜査線THE MOVIE」のスピンオフムービーである「容疑者 室井慎次」をはじめロボットが手掛けた作品や、同社に籍を置いていた岩井俊二監督の1994年の作品「undo」のポスターが見えますね。受付スペースにはどことなくユーモラスなロボットのロゴマークがプリントされた金属板が備え付けられています。

いまや日本を代表するのみならず世界に向けて発信するエンターテイメント制作の最先端の現場でありながら、どことなく家庭的なムードが感じられます。ロボットが掲げる社員規範のひとつに「家族を大切にし、ともに過ごす時間を絶やさない」とありますが、そんな社風が自然と現れているようです。

KEYWORDS:フローリング 石の壁 カフェ風 木のぬくもり アカデミー賞

COLOR:ブラウン、ウッド

応接・会議室

自然の素材が活かされた明るくナチュラルなミーティングスペース

加藤久仁生監督作品「つみきのいえ」が、第81回米国アカデミー賞短編アニメーション賞を受賞したことで映画ファンのみならず広く名を知られることとなったクリエイティブ・プロダクション、株式会社ロボット。

フローリングや柱の木材、壁面に使われた色合いの異なる石材など、至る所に自然の素材が活かされたオフィス内のスペース。石材以外の壁も落ち着きのある白でまとめられリラックスした印象です。明るい階段には大ヒットシリーズ「踊る大捜査線THE MOVIE」のスピンオフムービーである「容疑者 室井慎次」をはじめロボットが手掛けた作品や、同社に籍を置いていた岩井俊二監督の1994年の作品「undo」のポスターが見えますね。受付スペースにはどことなくユーモラスなロボットのロゴマークがプリントされた金属板が備え付けられています。

いまや日本を代表するのみならず世界に向けて発信するエンターテイメント制作の最先端の現場でありながら、どことなく家庭的なムードが感じられます。ロボットが掲げる社員規範のひとつに「家族を大切にし、ともに過ごす時間を絶やさない」とありますが、そんな社風が自然と現れているようです。

KEYWORDS:加藤久仁生 つみきのいえ カフェ風 木のぬくもり 階段

COLOR:ベージュ、ナチュラル


特長

広告制作事業、映画・コンテンツ事業

アカデミー賞

加藤久仁生監督作品「つみきのいえ」が、第81回米国アカデミー賞短編アニメーション賞を受賞

株式会社ロボット(ロボット)

従業員数100−199
電話番号
FAX番号
住所150-0022 東京都渋谷区恵比寿南 3-9-7 3-9-7
代表者名加太孝明
事業内容広告制作事業、映画・コンテンツ事業
URLhttp://www.robot.co.jp
広さ3000m2以上

※仕事場投稿日:
(更新日:2016/11/16)

このカテゴリの記事一覧

新着記事

[以下は2016年11月17日のリニューアル前の旧コンテンツです]

※「みんなの仕事場」リニューアルのお知らせ(2016年11月17日)