みんなの仕事場 > 仕事場紹介 > デュプロ株式会社

仕事場紹介

※当コンテンツは2016年11月17日のリニューアル前の旧コンテンツです

デュプロ株式会社

このカテゴリの記事一覧

受付・エントランス

純白の空間にブルーのラインが走るエントランス

デジタル印刷機からバーコードなどの自動認識システムまで、作業の省力化、効率化、コストの軽減化に加え、操作性や環境に配慮した様々なソリューションを提供するデュプロ株式会社。

エントランスは純白の空間の中に走る、コーポレートカラーでもあるブルーのカウンター、その中央に流れるように存在する、白い光のバックライトに浮かび上がる「Duplo」のロゴがとても美しい。

カウンター奥にあるステンレスの取手のあるBOXは、度々行われる商品の展示会の際にお客様の手荷物を預かるためのクローゼット。

壁面に飾られてある額縁には、MVP社員の顔社員が飾られている。また、同社はさまざまな社会貢献活動(CSR)にも積極的に参加しており、それらに対する感謝状などが展示してある。

エントランスに飾られているのは50年前の製品。ずっと愛用して頂いたものをお客様から頂いたものである。「丁寧に使用して頂いたユーザーへの感謝の気持ち」と「商品に対する愛情」という意味を込めて飾ってあるとの事。

また、エントランス奥には「デュー・シアター」と名付けられた、製品の展示スペースがあり、製品をキャストに見立ててデモンストレーションを実施する多目的ホールが存在する。

(このオフィスのデザイン設計は株式会社テクナ)

KEYWORDS:近未来的 デザイナーズオフィス 超クール

COLOR:ネイビー、青

受付・エントランス

純白の空間にブルーのラインが走るエントランス

デジタル印刷機からバーコードなどの自動認識システムまで、作業の省力化、効率化、コストの軽減化に加え、操作性や環境に配慮した様々なソリューションを提供するデュプロ株式会社。

エントランスは純白の空間の中に走る、コーポレートカラーでもあるブルーのカウンター、その中央に流れるように存在する、白い光のバックライトに浮かび上がる「Duplo」のロゴがとても美しい。

カウンター奥にあるステンレスの取手のあるBOXは、度々行われる商品の展示会の際にお客様の手荷物を預かるためのクローゼット。

壁面に飾られてある額縁には、MVP社員の顔社員が飾られている。また、同社はさまざまな社会貢献活動(CSR)にも積極的に参加しており、それらに対する感謝状などが展示してある。

エントランスに飾られているのは50年前の製品。ずっと愛用して頂いたものをお客様から頂いたものである。「丁寧に使用して頂いたユーザーへの感謝の気持ち」と「商品に対する愛情」という意味を込めて飾ってあるとの事。

また、エントランス奥には「デュー・シアター」と名付けられた、製品の展示スペースがあり、製品をキャストに見立ててデモンストレーションを実施する多目的ホールが存在する。

(このオフィスのデザイン設計は株式会社テクナ)

KEYWORDS:近未来的 デザイナーズオフィス 超クール

COLOR:ネイビー、青

受付・エントランス

純白の空間にブルーのラインが走るエントランス

デジタル印刷機からバーコードなどの自動認識システムまで、作業の省力化、効率化、コストの軽減化に加え、操作性や環境に配慮した様々なソリューションを提供するデュプロ株式会社。

エントランスは純白の空間の中に走る、コーポレートカラーでもあるブルーのカウンター、その中央に流れるように存在する、白い光のバックライトに浮かび上がる「Duplo」のロゴがとても美しい。

カウンター奥にあるステンレスの取手のあるBOXは、度々行われる商品の展示会の際にお客様の手荷物を預かるためのクローゼット。

壁面に飾られてある額縁には、MVP社員の顔社員が飾られている。また、同社はさまざまな社会貢献活動(CSR)にも積極的に参加しており、それらに対する感謝状などが展示してある。

エントランスに飾られているのは50年前の製品。ずっと愛用して頂いたものをお客様から頂いたものである。「丁寧に使用して頂いたユーザーへの感謝の気持ち」と「商品に対する愛情」という意味を込めて飾ってあるとの事。

また、エントランス奥には「デュー・シアター」と名付けられた、製品の展示スペースがあり、製品をキャストに見立ててデモンストレーションを実施する多目的ホールが存在する。

(このオフィスのデザイン設計は株式会社テクナ)

KEYWORDS:近未来的 デザイナーズオフィス 超クール

COLOR:ネイビー、青

受付・エントランス

純白の空間にブルーのラインが走るエントランス

デジタル印刷機からバーコードなどの自動認識システムまで、作業の省力化、効率化、コストの軽減化に加え、操作性や環境に配慮した様々なソリューションを提供するデュプロ株式会社。

エントランスは純白の空間の中に走る、コーポレートカラーでもあるブルーのカウンター、その中央に流れるように存在する、白い光のバックライトに浮かび上がる「Duplo」のロゴがとても美しい。

カウンター奥にあるステンレスの取手のあるBOXは、度々行われる商品の展示会の際にお客様の手荷物を預かるためのクローゼット。

壁面に飾られてある額縁には、MVP社員の顔社員が飾られている。また、同社はさまざまな社会貢献活動(CSR)にも積極的に参加しており、それらに対する感謝状などが展示してある。

エントランスに飾られているのは50年前の製品。ずっと愛用して頂いたものをお客様から頂いたものである。「丁寧に使用して頂いたユーザーへの感謝の気持ち」と「商品に対する愛情」という意味を込めて飾ってあるとの事。

また、エントランス奥には「デュー・シアター」と名付けられた、製品の展示スペースがあり、製品をキャストに見立ててデモンストレーションを実施する多目的ホールが存在する。

(このオフィスのデザイン設計は株式会社テクナ)

KEYWORDS:近未来的 デザイナーズオフィス 超クール

COLOR:その他

受付・エントランス

純白の空間にブルーのラインが走るエントランス

デジタル印刷機からバーコードなどの自動認識システムまで、作業の省力化、効率化、コストの軽減化に加え、操作性や環境に配慮した様々なソリューションを提供するデュプロ株式会社。

エントランスは純白の空間の中に走る、コーポレートカラーでもあるブルーのカウンター、その中央に流れるように存在する、白い光のバックライトに浮かび上がる「Duplo」のロゴがとても美しい。

カウンター奥にあるステンレスの取手のあるBOXは、度々行われる商品の展示会の際にお客様の手荷物を預かるためのクローゼット。

壁面に飾られてある額縁には、MVP社員の顔社員が飾られている。また、同社はさまざまな社会貢献活動(CSR)にも積極的に参加しており、それらに対する感謝状などが展示してある。

エントランスに飾られているのは50年前の製品。ずっと愛用して頂いたものをお客様から頂いたものである。「丁寧に使用して頂いたユーザーへの感謝の気持ち」と「商品に対する愛情」という意味を込めて飾ってあるとの事。

また、エントランス奥には「デュー・シアター」と名付けられた、製品の展示スペースがあり、製品をキャストに見立ててデモンストレーションを実施する多目的ホールが存在する。

(このオフィスのデザイン設計は株式会社テクナ)

KEYWORDS:近未来的 デザイナーズオフィス 超クール

COLOR:ネイビー、青

応接・会議室

画家の愛称で呼ばれるユニークな会議室

デュプロの会議室には愛称として画家の名前がつけられている。

例えば「モネの間」。ここはエグゼクティブな雰囲気。使用しているテーブルはラウンドタイプやU字型タイプと自由な組み合わせで様々なシーンに対応できる。

他にも「フレミングの間」「ミロの間」などのネーミングでそれぞれ画家の絵が飾られており、とてもユニーク。

その中でも、最もおもしろいのが壁面のデコレーションが美しい多目的ルーム「カンジスキーの間」。
実はこれOA床の廃材をリユース(再使用)したものである。「エコの観点から、オフィスを作る際に出るゴミも、最小限に止めたいという想いから、廃材のブロックを壁のデザインの一部として活用した。」と松井氏。実に見事です。

KEYWORDS:リユース 画家 カンジスキー

COLOR:ベージュ、ナチュラル

応接・会議室

画家の愛称で呼ばれるユニークな会議室

デュプロの会議室には愛称として画家の名前がつけられている。

例えば「モネの間」。ここはエグゼクティブな雰囲気。使用しているテーブルはラウンドタイプやU字型タイプと自由な組み合わせで様々なシーンに対応できる。

他にも「フレミングの間」「ミロの間」などのネーミングでそれぞれ画家の絵が飾られており、とてもユニーク。

その中でも、最もおもしろいのが壁面のデコレーションが美しい多目的ルーム「カンジスキーの間」。
実はこれOA床の廃材をリユース(再使用)したものである。「エコの観点から、オフィスを作る際に出るゴミも、最小限に止めたいという想いから、廃材のブロックを壁のデザインの一部として活用した。」と松井氏。実に見事です。

KEYWORDS:リオルガ 画家 モネ

COLOR:ブラウン、ウッド

応接・会議室

画家の愛称で呼ばれるユニークな会議室

デュプロの会議室には愛称として画家の名前がつけられている。

例えば「モネの間」。ここはエグゼクティブな雰囲気。使用しているテーブルはラウンドタイプやU字型タイプと自由な組み合わせで様々なシーンに対応できる。

他にも「フレミングの間」「ミロの間」などのネーミングでそれぞれ画家の絵が飾られており、とてもユニーク。

その中でも、最もおもしろいのが壁面のデコレーションが美しい多目的ルーム「カンジスキーの間」。
実はこれOA床の廃材をリユース(再使用)したものである。「エコの観点から、オフィスを作る際に出るゴミも、最小限に止めたいという想いから、廃材のブロックを壁のデザインの一部として活用した。」と松井氏。実に見事です。

KEYWORDS:リオルガ 画家 ミロ

COLOR:黄、オレンジ

応接・会議室

画家の愛称で呼ばれるユニークな会議室

デュプロの会議室には愛称として画家の名前がつけられている。

例えば「モネの間」。ここはエグゼクティブな雰囲気。使用しているテーブルはラウンドタイプやU字型タイプと自由な組み合わせで様々なシーンに対応できる。

他にも「フレミングの間」「ミロの間」などのネーミングでそれぞれ画家の絵が飾られており、とてもユニーク。

その中でも、最もおもしろいのが壁面のデコレーションが美しい多目的ルーム「カンジスキーの間」。
実はこれOA床の廃材をリユース(再使用)したものである。「エコの観点から、オフィスを作る際に出るゴミも、最小限に止めたいという想いから、廃材のブロックを壁のデザインの一部として活用した。」と松井氏。実に見事です。

KEYWORDS:リオルガ 画家

COLOR:赤、ピンク

応接・会議室

画家の愛称で呼ばれるユニークな会議室

デュプロの会議室には愛称として画家の名前がつけられている。

例えば「モネの間」。ここはエグゼクティブな雰囲気。使用しているテーブルはラウンドタイプやU字型タイプと自由な組み合わせで様々なシーンに対応できる。

他にも「フレミングの間」「ミロの間」などのネーミングでそれぞれ画家の絵が飾られており、とてもユニーク。

その中でも、最もおもしろいのが壁面のデコレーションが美しい多目的ルーム「カンジスキーの間」。
実はこれOA床の廃材をリユース(再使用)したものである。「エコの観点から、オフィスを作る際に出るゴミも、最小限に止めたいという想いから、廃材のブロックを壁のデザインの一部として活用した。」と松井氏。実に見事です。

KEYWORDS:ガラスの壁 画家

COLOR:ブラウン、ウッド

ワークスペース

心地よさのバイブレーションが包み込むワークスペース

このオフィスをつくる上で、志磨社長には3つ実現すると決めている事があった。一つ目は「フリーアドレス」二つ目は「コミュニケーションのしやすさ」三つ目は「楽しくはたらく」だった。

一つ目のフリーアドレスを採用する理由として、以前のオフィスではスペース的にも手狭になっていたこともあり、整理整頓が難しかった。であればいっその事、物が置けない環境をとのことでファイルの収納庫をワークスペースの中心に置き、それを全員で共有できるようにしたのだ。

二つ目は「コミュニケーションのしやすさ」。これは、目の高さ以上の仕切りを設けないことで、まずは物理的な制約を排除した。

三つ目の「楽しくはたらく」これは、オフィスのいたるところにユニークなスペースを設けている。例えばファーストフード風のワークスペースやハワイ風のミーティングスペースだ。

ビジネスシーンにおいて一番大切なものは「心地よさ」と語る志磨氏は、まずは自社オフィスの空間づくりに心地よさを実践し成功したのだ。

KEYWORDS:フリーアドレス リオルガ

COLOR:ブラウン、ウッド

ワークスペース

心地よさのバイブレーションが包み込むワークスペース

このオフィスをつくる上で、志磨社長には3つ実現すると決めている事があった。一つ目は「フリーアドレス」二つ目は「コミュニケーションのしやすさ」三つ目は「楽しくはたらく」だった。

一つ目のフリーアドレスを採用する理由として、以前のオフィスではスペース的にも手狭になっていたこともあり、整理整頓が難しかった。であればいっその事、物が置けない環境をとのことでファイルの収納庫をワークスペースの中心に置き、それを全員で共有できるようにしたのだ。

二つ目は「コミュニケーションのしやすさ」。これは、目の高さ以上の仕切りを設けないことで、まずは物理的な制約を排除した。

三つ目の「楽しくはたらく」これは、オフィスのいたるところにユニークなスペースを設けている。例えばファーストフード風のワークスペースやハワイ風のミーティングスペースだ。

ビジネスシーンにおいて一番大切なものは「心地よさ」と語る志磨氏は、まずは自社オフィスの空間づくりに心地よさを実践し成功したのだ。

KEYWORDS:フリーアドレス リオルガ

COLOR:ブラウン、ウッド

ワークスペース

心地よさのバイブレーションが包み込むワークスペース

このオフィスをつくる上で、志磨社長には3つ実現すると決めている事があった。一つ目は「フリーアドレス」二つ目は「コミュニケーションのしやすさ」三つ目は「楽しくはたらく」だった。

一つ目のフリーアドレスを採用する理由として、以前のオフィスではスペース的にも手狭になっていたこともあり、整理整頓が難しかった。であればいっその事、物が置けない環境をとのことでファイルの収納庫をワークスペースの中心に置き、それを全員で共有できるようにしたのだ。

二つ目は「コミュニケーションのしやすさ」。これは、目の高さ以上の仕切りを設けないことで、まずは物理的な制約を排除した。

三つ目の「楽しくはたらく」これは、オフィスのいたるところにユニークなスペースを設けている。例えばファーストフード風のワークスペースやハワイ風のミーティングスペースだ。

ビジネスシーンにおいて一番大切なものは「心地よさ」と語る志磨氏は、まずは自社オフィスの空間づくりに心地よさを実践し成功したのだ。

KEYWORDS:フリーアドレス リオルガ

COLOR:ブラウン、ウッド

ワークスペース

心地よさのバイブレーションが包み込むワークスペース

このオフィスをつくる上で、志磨社長には3つ実現すると決めている事があった。一つ目は「フリーアドレス」二つ目は「コミュニケーションのしやすさ」三つ目は「楽しくはたらく」だった。

一つ目のフリーアドレスを採用する理由として、以前のオフィスではスペース的にも手狭になっていたこともあり、整理整頓が難しかった。であればいっその事、物が置けない環境をとのことでファイルの収納庫をワークスペースの中心に置き、それを全員で共有できるようにしたのだ。

二つ目は「コミュニケーションのしやすさ」。これは、目の高さ以上の仕切りを設けないことで、まずは物理的な制約を排除した。

三つ目の「楽しくはたらく」これは、オフィスのいたるところにユニークなスペースを設けている。例えばファーストフード風のワークスペースやハワイ風のミーティングスペースだ。

ビジネスシーンにおいて一番大切なものは「心地よさ」と語る志磨氏は、まずは自社オフィスの空間づくりに心地よさを実践し成功したのだ。

KEYWORDS:フリーアドレス リオルガ

COLOR:ブラウン、ウッド

ワークスペース

オフィスの中でファーストフード店のワークスタイル

このオフィスをつくる上で、志磨社長には3つ実現すると決めている事があった。一つ目は「フリーアドレス」二つ目は「コミュニケーションのしやすさ」三つ目は「楽しくはたらく」だった。

その命を受け、オフィス移転のプロジェクトリーダー松井氏が考え出したのが、選べるワークスペース。このオフィスには様々なシーンが用意されている。

例えば、ファーストフード店を利用して勉強している人をヒントにして作られた「DayNeeds」。このネーミングは日々のニーズに応えるというところからつけられている。

また、「DIAMOND」というカウンタースペースは、パソコンと壁面に設置してあるテレビモニターを繋げることができ、プレゼンテーションなども行うことができる。

他には、集中して業務が行える、学習塾のような個人ブースのあるスペースなど、このオフィスのワークスペースには人数・作業内容・気分によって楽しく、コミュニケーションを取れる場がモダンデザインと融合したオフィスに具体化されている。

KEYWORDS:ファーストフード

COLOR:ブラウン、ウッド

ワークスペース

オフィスの中でファーストフード店のワークスタイル

このオフィスをつくる上で、志磨社長には3つ実現すると決めている事があった。一つ目は「フリーアドレス」二つ目は「コミュニケーションのしやすさ」三つ目は「楽しくはたらく」だった。

その命を受け、オフィス移転のプロジェクトリーダー松井氏が考え出したのが、選べるワークスペース。このオフィスには様々なシーンが用意されている。

例えば、ファーストフード店を利用して勉強している人をヒントにして作られた「DayNeeds」。このネーミングは日々のニーズに応えるというところからつけられている。

また、「DIAMOND」というカウンタースペースは、パソコンと壁面に設置してあるテレビモニターを繋げることができ、プレゼンテーションなども行うことができる。

他には、集中して業務が行える、学習塾のような個人ブースのあるスペースなど、このオフィスのワークスペースには人数・作業内容・気分によって楽しく、コミュニケーションを取れる場がモダンデザインと融合したオフィスに具体化されている。

KEYWORDS:バー風

COLOR:ブラウン、ウッド

ワークスペース

オフィスの中でファーストフード店のワークスタイル

このオフィスをつくる上で、志磨社長には3つ実現すると決めている事があった。一つ目は「フリーアドレス」二つ目は「コミュニケーションのしやすさ」三つ目は「楽しくはたらく」だった。

その命を受け、オフィス移転のプロジェクトリーダー松井氏が考え出したのが、選べるワークスペース。このオフィスには様々なシーンが用意されている。

例えば、ファーストフード店を利用して勉強している人をヒントにして作られた「DayNeeds」。このネーミングは日々のニーズに応えるというところからつけられている。

また、「DIAMOND」というカウンタースペースは、パソコンと壁面に設置してあるテレビモニターを繋げることができ、プレゼンテーションなども行うことができる。

他には、集中して業務が行える、学習塾のような個人ブースのあるスペースなど、このオフィスのワークスペースには人数・作業内容・気分によって楽しく、コミュニケーションを取れる場がモダンデザインと融合したオフィスに具体化されている。

KEYWORDS:ブース

COLOR:ブラウン、ウッド

ワークスペース

オフィスの中でファーストフード店のワークスタイル

このオフィスをつくる上で、志磨社長には3つ実現すると決めている事があった。一つ目は「フリーアドレス」二つ目は「コミュニケーションのしやすさ」三つ目は「楽しくはたらく」だった。

その命を受け、オフィス移転のプロジェクトリーダー松井氏が考え出したのが、選べるワークスペース。このオフィスには様々なシーンが用意されている。

例えば、ファーストフード店を利用して勉強している人をヒントにして作られた「DayNeeds」。このネーミングは日々のニーズに応えるというところからつけられている。

また、「DIAMOND」というカウンタースペースは、パソコンと壁面に設置してあるテレビモニターを繋げることができ、プレゼンテーションなども行うことができる。

他には、集中して業務が行える、学習塾のような個人ブースのあるスペースなど、このオフィスのワークスペースには人数・作業内容・気分によって楽しく、コミュニケーションを取れる場がモダンデザインと融合したオフィスに具体化されている。

KEYWORDS:AZUMI カフェ風 白い椅子 ファーストフード レム

COLOR:ブラウン、ウッド

ワークスペース

オフィスの中でファーストフード店のワークスタイル

このオフィスをつくる上で、志磨社長には3つ実現すると決めている事があった。一つ目は「フリーアドレス」二つ目は「コミュニケーションのしやすさ」三つ目は「楽しくはたらく」だった。

その命を受け、オフィス移転のプロジェクトリーダー松井氏が考え出したのが、選べるワークスペース。このオフィスには様々なシーンが用意されている。

例えば、ファーストフード店を利用して勉強している人をヒントにして作られた「DayNeeds」。このネーミングは日々のニーズに応えるというところからつけられている。

また、「DIAMOND」というカウンタースペースは、パソコンと壁面に設置してあるテレビモニターを繋げることができ、プレゼンテーションなども行うことができる。

他には、集中して業務が行える、学習塾のような個人ブースのあるスペースなど、このオフィスのワークスペースには人数・作業内容・気分によって楽しく、コミュニケーションを取れる場がモダンデザインと融合したオフィスに具体化されている。

KEYWORDS:模型 ミニカー

COLOR:ブラウン、ウッド

社長・役員室

重厚さと軽やかさを演出した社長室

ワークスペースの奥にある、一面ガラスのパーティションで仕切られた部屋が志磨代表の社長室だ。

この部屋は高級感漂うブラウン系の家具でコーディネイトされており、やわらかい印象はホテルライクがコンセプト。壁面の一部で使用されている石材パネルのベージュの組み合わせは、一昔前の役員室によく見られたような重苦しさを感じさせない空間演出がされている。

また、社長室から直結する隣の部屋にもエグゼクティブなミーティングスペースがある。

ここは重要なお客様を招く場だが、社長室と同様の空間演出がなされている。
飾られている時計は、世界的に有名なジョージネルソンデザインの「サンバーストクロック」。さりげない備品選びにも質の良さを感じる。

KEYWORDS:エグゼグティブルーム 重厚感

COLOR:ブラウン、ウッド

社長・役員室

重厚さと軽やかさを演出した社長室

ワークスペースの奥にある、一面ガラスのパーティションで仕切られた部屋が志磨代表の社長室だ。

この部屋は高級感漂うブラウン系の家具でコーディネイトされており、やわらかい印象はホテルライクがコンセプト。壁面の一部で使用されている石材パネルのベージュの組み合わせは、一昔前の役員室によく見られたような重苦しさを感じさせない空間演出がされている。

また、社長室から直結する隣の部屋にもエグゼクティブなミーティングスペースがある。

ここは重要なお客様を招く場だが、社長室と同様の空間演出がなされている。
飾られている時計は、世界的に有名なジョージネルソンデザインの「サンバーストクロック」。さりげない備品選びにも質の良さを感じる。

KEYWORDS:エグゼグティブルーム 重厚感

COLOR:ブラウン、ウッド

社長・役員室

重厚さと軽やかさを演出した社長室

ワークスペースの奥にある、一面ガラスのパーティションで仕切られた部屋が志磨代表の社長室だ。

この部屋は高級感漂うブラウン系の家具でコーディネイトされており、やわらかい印象はホテルライクがコンセプト。壁面の一部で使用されている石材パネルのベージュの組み合わせは、一昔前の役員室によく見られたような重苦しさを感じさせない空間演出がされている。

また、社長室から直結する隣の部屋にもエグゼクティブなミーティングスペースがある。

ここは重要なお客様を招く場だが、社長室と同様の空間演出がなされている。
飾られている時計は、世界的に有名なジョージネルソンデザインの「サンバーストクロック」。さりげない備品選びにも質の良さを感じる。

KEYWORDS:ガラスの壁 エグゼグティブルーム 重厚感

COLOR:ブラウン、ウッド

社長・役員室

重厚さと軽やかさを演出した社長室

ワークスペースの奥にある、一面ガラスのパーティションで仕切られた部屋が志磨代表の社長室だ。

この部屋は高級感漂うブラウン系の家具でコーディネイトされており、やわらかい印象はホテルライクがコンセプト。壁面の一部で使用されている石材パネルのベージュの組み合わせは、一昔前の役員室によく見られたような重苦しさを感じさせない空間演出がされている。

また、社長室から直結する隣の部屋にもエグゼクティブなミーティングスペースがある。

ここは重要なお客様を招く場だが、社長室と同様の空間演出がなされている。
飾られている時計は、世界的に有名なジョージネルソンデザインの「サンバーストクロック」。さりげない備品選びにも質の良さを感じる。

KEYWORDS:ガラスの壁 エグゼグティブルーム 重厚感

COLOR:ブラウン、ウッド

社長・役員室

重厚さと軽やかさを演出した社長室

ワークスペースの奥にある、一面ガラスのパーティションで仕切られた部屋が志磨代表の社長室だ。

この部屋は高級感漂うブラウン系の家具でコーディネイトされており、やわらかい印象はホテルライクがコンセプト。壁面の一部で使用されている石材パネルのベージュの組み合わせは、一昔前の役員室によく見られたような重苦しさを感じさせない空間演出がされている。

また、社長室から直結する隣の部屋にもエグゼクティブなミーティングスペースがある。

ここは重要なお客様を招く場だが、社長室と同様の空間演出がなされている。
飾られている時計は、世界的に有名なジョージネルソンデザインの「サンバーストクロック」。さりげない備品選びにも質の良さを感じる。

KEYWORDS:エグゼグティブルーム 重厚感

COLOR:ブラウン、ウッド

休憩・喫煙室

ハイビスカスがちりばめられたオフィスのオアシス

南国風の壁紙やラタンで編まれた椅子などがリゾート地をイメージさせるこちらは「Aloha Dining」とネーミングされたリフレッシュスペース。

テーブルのガラスケースにはハイビスカス、壁にはハワイの風景写真。ワークスペースの一画にあるこの空間は、ほっと一息できる、このオフィスのオアシスだ。

KEYWORDS:ガラスの壁 花 南国テイスト ペンダントライト

COLOR:ブラウン、ウッド

休憩・喫煙室

ハイビスカスがちりばめられたオフィスのオアシス

南国風の壁紙やラタンで編まれた椅子などがリゾート地をイメージさせるこちらは「Aloha Dining」とネーミングされたリフレッシュスペース。

テーブルのガラスケースにはハイビスカス、壁にはハワイの風景写真。ワークスペースの一画にあるこの空間は、ほっと一息できる、このオフィスのオアシスだ。

KEYWORDS:ガラスの壁 花 南国テイスト ペンダントライト

COLOR:ブラウン、ウッド

休憩・喫煙室

ハイビスカスがちりばめられたオフィスのオアシス

南国風の壁紙やラタンで編まれた椅子などがリゾート地をイメージさせるこちらは「Aloha Dining」とネーミングされたリフレッシュスペース。

テーブルのガラスケースにはハイビスカス、壁にはハワイの風景写真。ワークスペースの一画にあるこの空間は、ほっと一息できる、このオフィスのオアシスだ。

KEYWORDS:ガラスの壁 花 南国テイスト ペンダントライト

COLOR:ブラウン、ウッド

休憩・喫煙室

ハイビスカスがちりばめられたオフィスのオアシス

南国風の壁紙やラタンで編まれた椅子などがリゾート地をイメージさせるこちらは「Aloha Dining」とネーミングされたリフレッシュスペース。

テーブルのガラスケースにはハイビスカス、壁にはハワイの風景写真。ワークスペースの一画にあるこの空間は、ほっと一息できる、このオフィスのオアシスだ。

KEYWORDS:ガラスの壁 花 南国テイスト ハイビスカス

COLOR:赤、ピンク


特長

デジタル印刷機からバーコードなどの自動認識システムまで、作業の省力化、効率化、コストの軽減化に加え、操作性や環境に配慮した様々なソリューションを提供。

デュプロ株式会社(デュプロ)

従業員数70−99
電話番号03-5952-6111
FAX番号03-5952-0911
住所170-8416 東京都豊島区東池袋 3−23−14 3−23−14
代表者名志磨克彦
事業内容
URLhttp://www.duplotky.co.jp/
広さ500m2−999m2

※仕事場投稿日:
(更新日:2016/11/16)

このカテゴリの記事一覧

新着記事

[以下は2016年11月17日のリニューアル前の旧コンテンツです]

※「みんなの仕事場」リニューアルのお知らせ(2016年11月17日)