みんなの仕事場 > 仕事場紹介 > 株式会社カヤック

仕事場紹介

※当コンテンツは2016年11月17日のリニューアル前の旧コンテンツです

株式会社カヤック

このカテゴリの記事一覧

応接・会議室

「"クリエイティブ"を誘発する会議」をテーマに実験的なデザイン活動が行われる 2008年度グッドデザイン賞受賞の閃考会議室

株式会社カヤックは2008年度グッドデザイン賞にて、二つの領域/分類でW受賞している。

一つは鎌倉本社のオフィス。もう一つは閃考会議室(空山水、かげろい)。

この閃考会議室には、LEDによる光と音の空間演出システム「空山水」(からさんすい)とブレインストーミングを促進するシステム「かげろい」などの機能が備わっており、「"クリエイティブ"を誘発する会議室」をテーマに慶應義塾大学稲蔭研究所のSurroungings Projectと面白法人カヤックとの産学協同によってうまれたNew Office Design Projectの実験の場である。

真っ白にコーディネートされている、テーブルはアントニオ・チッテリオデザインの「アドホック」、チェアはヴェルナー・パントンデザインの「パントンチェア」。

(このオフィスのデザイン設計はクライン・ダイサム・アーキテクツ)

KEYWORDS:クラインダイサム パントンチェア シェルサイドチェア 大きな窓 白い椅子

COLOR:白

応接・会議室

「"クリエイティブ"を誘発する会議」をテーマに実験的なデザイン活動が行われる 2008年度グッドデザイン賞受賞の閃考会議室

株式会社カヤックは2008年度グッドデザイン賞にて、二つの領域/分類でW受賞している。

一つは鎌倉本社のオフィス。もう一つは閃考会議室(空山水、かげろい)。

この閃考会議室には、LEDによる光と音の空間演出システム「空山水」(からさんすい)とブレインストーミングを促進するシステム「かげろい」などの機能が備わっており、「"クリエイティブ"を誘発する会議室」をテーマに慶應義塾大学稲蔭研究所のSurroungings Projectと面白法人カヤックとの産学協同によってうまれたNew Office Design Projectの実験の場である。

真っ白にコーディネートされている、テーブルはアントニオ・チッテリオデザインの「アドホック」、チェアはヴェルナー・パントンデザインの「パントンチェア」。

(このオフィスのデザイン設計はクライン・ダイサム・アーキテクツ)

KEYWORDS:クラインダイサム パントンチェア シェルサイドチェア 大きな窓 白い椅子

COLOR:白

応接・会議室

「"クリエイティブ"を誘発する会議」をテーマに実験的なデザイン活動が行われる 2008年度グッドデザイン賞受賞の閃考会議室

株式会社カヤックは2008年度グッドデザイン賞にて、二つの領域/分類でW受賞している。

一つは鎌倉本社のオフィス。もう一つは閃考会議室(空山水、かげろい)。

この閃考会議室には、LEDによる光と音の空間演出システム「空山水」(からさんすい)とブレインストーミングを促進するシステム「かげろい」などの機能が備わっており、「"クリエイティブ"を誘発する会議室」をテーマに慶應義塾大学稲蔭研究所のSurroungings Projectと面白法人カヤックとの産学協同によってうまれたNew Office Design Projectの実験の場である。

真っ白にコーディネートされている、テーブルはアントニオ・チッテリオデザインの「アドホック」、チェアはヴェルナー・パントンデザインの「パントンチェア」。

(このオフィスのデザイン設計はクライン・ダイサム・アーキテクツ)

KEYWORDS:クラインダイサム パントンチェア シェルサイドチェア 大きな窓 白い椅子

COLOR:白

応接・会議室

「"クリエイティブ"を誘発する会議」をテーマに実験的なデザイン活動が行われる 2008年度グッドデザイン賞受賞の閃考会議室

株式会社カヤックは2008年度グッドデザイン賞にて、二つの領域/分類でW受賞している。

一つは鎌倉本社のオフィス。もう一つは閃考会議室(空山水、かげろい)。

この閃考会議室には、LEDによる光と音の空間演出システム「空山水」(からさんすい)とブレインストーミングを促進するシステム「かげろい」などの機能が備わっており、「"クリエイティブ"を誘発する会議室」をテーマに慶應義塾大学稲蔭研究所のSurroungings Projectと面白法人カヤックとの産学協同によってうまれたNew Office Design Projectの実験の場である。

真っ白にコーディネートされている、テーブルはアントニオ・チッテリオデザインの「アドホック」、チェアはヴェルナー・パントンデザインの「パントンチェア」。

(このオフィスのデザイン設計はクライン・ダイサム・アーキテクツ)

KEYWORDS:クラインダイサム パントンチェア シェルサイドチェア 大きな窓 白い椅子

COLOR:白

応接・会議室

「"クリエイティブ"を誘発する会議」をテーマに実験的なデザイン活動が行われる 2008年度グッドデザイン賞受賞の閃考会議室

株式会社カヤックは2008年度グッドデザイン賞にて、二つの領域/分類でW受賞している。

一つは鎌倉本社のオフィス。もう一つは閃考会議室(空山水、かげろい)。

この閃考会議室には、LEDによる光と音の空間演出システム「空山水」(からさんすい)とブレインストーミングを促進するシステム「かげろい」などの機能が備わっており、「"クリエイティブ"を誘発する会議室」をテーマに慶應義塾大学稲蔭研究所のSurroungings Projectと面白法人カヤックとの産学協同によってうまれたNew Office Design Projectの実験の場である。

真っ白にコーディネートされている、テーブルはアントニオ・チッテリオデザインの「アドホック」、チェアはヴェルナー・パントンデザインの「パントンチェア」。

(このオフィスのデザイン設計はクライン・ダイサム・アーキテクツ)

KEYWORDS:クラインダイサム パントンチェア シェルサイドチェア 大きな窓 白い椅子

COLOR:白

ワークスペース

2008年グッドデザイン賞受賞 面白いことをつくる人たちの鎌倉にある「和」なオフィス

「つくる人を増やす。」という経営理念のもと、Webサービスの企画・制作・運営を事業とする株式会社カヤック。2007年11月にスケルトンの2フロアをリノベーションした、鎌倉本社のオフィス。

このオフィスをつくるテーマとして「本社のある鎌倉ならではの和エッセンス」「オープンなコミュニケーションが生まれる空間」「面白い使い方ができるオフィス」この3つを柳澤代表より、以前よりデザイン設計を依頼しようと決めていた、クライン・ダイサム・アーキテクツにリクエストしたそうだ。

このフロアは、技術部(プログラマー)・意匠部(デザイナー)・閃光部(フラッシャー)・企画部(ディレクター・プランナー)演出部(ディレクター・プランナー・カスタマーサービス・広報)が働くワークスペース。この部署名もかなりユニーク。

古都鎌倉から想起する「和」がテーマのこの空間は、オフィスの概念を超越した実に面白い構造だ。
中央には720mm底上げされた壇に、赤い縁が綺麗な畳。黒いちゃぶ台と頭上には黒いシャンデリアが設置されている。その周りを縁側デスクと呼ばれる、長い長い天板が四方を囲んでいる。OAチェアは岡村製作所の「バロン」を使用。

奥に進むと掘りごたつのミーティングスペースがあり、その隣にはふすまをモチーフにした、ガラスに美しいグラフィックデザインされた戦略会議室(社長室)が位置する。

仕切りがなくオープンで活気に満ち溢れたワークスペースは、当初のテーマとおり「オープンなコミュニケーション」を活性化させ、上下の昇降ある空間は同社の推奨する「仕事とライフ(遊び)」のとおり、リラックスと集中を自由に選べ働くスタッフのクリエイティブを活性化する。まさしく知的創造空間を刺激するオフィスだ。

(このオフィスのデザイン設計はクライン・ダイサム・アーキテクツ)。

KEYWORDS:クラインダイサム ちゃぶ台 段違い 和室 デザイナーズオフィス

COLOR:白

ワークスペース

2008年グッドデザイン賞受賞 面白いことをつくる人たちの鎌倉にある「和」なオフィス

「つくる人を増やす。」という経営理念のもと、Webサービスの企画・制作・運営を事業とする株式会社カヤック。2007年11月にスケルトンの2フロアをリノベーションした、鎌倉本社のオフィス。

このオフィスをつくるテーマとして「本社のある鎌倉ならではの和エッセンス」「オープンなコミュニケーションが生まれる空間」「面白い使い方ができるオフィス」この3つを柳澤代表より、以前よりデザイン設計を依頼しようと決めていた、クライン・ダイサム・アーキテクツにリクエストしたそうだ。

このフロアは、技術部(プログラマー)・意匠部(デザイナー)・閃光部(フラッシャー)・企画部(ディレクター・プランナー)演出部(ディレクター・プランナー・カスタマーサービス・広報)が働くワークスペース。この部署名もかなりユニーク。

古都鎌倉から想起する「和」がテーマのこの空間は、オフィスの概念を超越した実に面白い構造だ。
中央には720mm底上げされた壇に、赤い縁が綺麗な畳。黒いちゃぶ台と頭上には黒いシャンデリアが設置されている。その周りを縁側デスクと呼ばれる、長い長い天板が四方を囲んでいる。OAチェアは岡村製作所の「バロン」を使用。

奥に進むと掘りごたつのミーティングスペースがあり、その隣にはふすまをモチーフにした、ガラスに美しいグラフィックデザインされた戦略会議室(社長室)が位置する。

仕切りがなくオープンで活気に満ち溢れたワークスペースは、当初のテーマとおり「オープンなコミュニケーション」を活性化させ、上下の昇降ある空間は同社の推奨する「仕事とライフ(遊び)」のとおり、リラックスと集中を自由に選べ働くスタッフのクリエイティブを活性化する。まさしく知的創造空間を刺激するオフィスだ。

(このオフィスのデザイン設計はクライン・ダイサム・アーキテクツ)。

KEYWORDS:クラインダイサム ちゃぶ台 段違い 和室 デザイナーズオフィス

COLOR:白

ワークスペース

2008年グッドデザイン賞受賞 面白いことをつくる人たちの鎌倉にある「和」なオフィス

「つくる人を増やす。」という経営理念のもと、Webサービスの企画・制作・運営を事業とする株式会社カヤック。2007年11月にスケルトンの2フロアをリノベーションした、鎌倉本社のオフィス。

このオフィスをつくるテーマとして「本社のある鎌倉ならではの和エッセンス」「オープンなコミュニケーションが生まれる空間」「面白い使い方ができるオフィス」この3つを柳澤代表より、以前よりデザイン設計を依頼しようと決めていた、クライン・ダイサム・アーキテクツにリクエストしたそうだ。

このフロアは、技術部(プログラマー)・意匠部(デザイナー)・閃光部(フラッシャー)・企画部(ディレクター・プランナー)演出部(ディレクター・プランナー・カスタマーサービス・広報)が働くワークスペース。この部署名もかなりユニーク。

古都鎌倉から想起する「和」がテーマのこの空間は、オフィスの概念を超越した実に面白い構造だ。
中央には720mm底上げされた壇に、赤い縁が綺麗な畳。黒いちゃぶ台と頭上には黒いシャンデリアが設置されている。その周りを縁側デスクと呼ばれる、長い長い天板が四方を囲んでいる。OAチェアは岡村製作所の「バロン」を使用。

奥に進むと掘りごたつのミーティングスペースがあり、その隣にはふすまをモチーフにした、ガラスに美しいグラフィックデザインされた戦略会議室(社長室)が位置する。

仕切りがなくオープンで活気に満ち溢れたワークスペースは、当初のテーマとおり「オープンなコミュニケーション」を活性化させ、上下の昇降ある空間は同社の推奨する「仕事とライフ(遊び)」のとおり、リラックスと集中を自由に選べ働くスタッフのクリエイティブを活性化する。まさしく知的創造空間を刺激するオフィスだ。

(このオフィスのデザイン設計はクライン・ダイサム・アーキテクツ)。

KEYWORDS:クラインダイサム ちゃぶ台 段違い 和室 デザイナーズオフィス

COLOR:白

ワークスペース

2008年グッドデザイン賞受賞 面白いことをつくる人たちの鎌倉にある「和」なオフィス

「つくる人を増やす。」という経営理念のもと、Webサービスの企画・制作・運営を事業とする株式会社カヤック。2007年11月にスケルトンの2フロアをリノベーションした、鎌倉本社のオフィス。

このオフィスをつくるテーマとして「本社のある鎌倉ならではの和エッセンス」「オープンなコミュニケーションが生まれる空間」「面白い使い方ができるオフィス」この3つを柳澤代表より、以前よりデザイン設計を依頼しようと決めていた、クライン・ダイサム・アーキテクツにリクエストしたそうだ。

このフロアは、技術部(プログラマー)・意匠部(デザイナー)・閃光部(フラッシャー)・企画部(ディレクター・プランナー)演出部(ディレクター・プランナー・カスタマーサービス・広報)が働くワークスペース。この部署名もかなりユニーク。

古都鎌倉から想起する「和」がテーマのこの空間は、オフィスの概念を超越した実に面白い構造だ。
中央には720mm底上げされた壇に、赤い縁が綺麗な畳。黒いちゃぶ台と頭上には黒いシャンデリアが設置されている。その周りを縁側デスクと呼ばれる、長い長い天板が四方を囲んでいる。OAチェアは岡村製作所の「バロン」を使用。

奥に進むと掘りごたつのミーティングスペースがあり、その隣にはふすまをモチーフにした、ガラスに美しいグラフィックデザインされた戦略会議室(社長室)が位置する。

仕切りがなくオープンで活気に満ち溢れたワークスペースは、当初のテーマとおり「オープンなコミュニケーション」を活性化させ、上下の昇降ある空間は同社の推奨する「仕事とライフ(遊び)」のとおり、リラックスと集中を自由に選べ働くスタッフのクリエイティブを活性化する。まさしく知的創造空間を刺激するオフィスだ。

(このオフィスのデザイン設計はクライン・ダイサム・アーキテクツ)。

KEYWORDS:クラインダイサム ちゃぶ台 段違い 和室 デザイナーズオフィス

COLOR:白

ワークスペース

2008年グッドデザイン賞受賞 面白いことをつくる人たちの鎌倉にある「和」なオフィス

「つくる人を増やす。」という経営理念のもと、Webサービスの企画・制作・運営を事業とする株式会社カヤック。2007年11月にスケルトンの2フロアをリノベーションした、鎌倉本社のオフィス。

このオフィスをつくるテーマとして「本社のある鎌倉ならではの和エッセンス」「オープンなコミュニケーションが生まれる空間」「面白い使い方ができるオフィス」この3つを柳澤代表より、以前よりデザイン設計を依頼しようと決めていた、クライン・ダイサム・アーキテクツにリクエストしたそうだ。

このフロアは、技術部(プログラマー)・意匠部(デザイナー)・閃光部(フラッシャー)・企画部(ディレクター・プランナー)演出部(ディレクター・プランナー・カスタマーサービス・広報)が働くワークスペース。この部署名もかなりユニーク。

古都鎌倉から想起する「和」がテーマのこの空間は、オフィスの概念を超越した実に面白い構造だ。
中央には720mm底上げされた壇に、赤い縁が綺麗な畳。黒いちゃぶ台と頭上には黒いシャンデリアが設置されている。その周りを縁側デスクと呼ばれる、長い長い天板が四方を囲んでいる。OAチェアは岡村製作所の「バロン」を使用。

奥に進むと掘りごたつのミーティングスペースがあり、その隣にはふすまをモチーフにした、ガラスに美しいグラフィックデザインされた戦略会議室(社長室)が位置する。

仕切りがなくオープンで活気に満ち溢れたワークスペースは、当初のテーマとおり「オープンなコミュニケーション」を活性化させ、上下の昇降ある空間は同社の推奨する「仕事とライフ(遊び)」のとおり、リラックスと集中を自由に選べ働くスタッフのクリエイティブを活性化する。まさしく知的創造空間を刺激するオフィスだ。

(このオフィスのデザイン設計はクライン・ダイサム・アーキテクツ)。

KEYWORDS:クラインダイサム ちゃぶ台 段違い 和室 デザイナーズオフィス

COLOR:白

ワークスペース

2008年グッドデザイン賞受賞 面白いことをつくる人たちの鎌倉にある「和」なオフィス

このフロアはキブ&ギ部(総務・人事・経理・財務)が働くワークスペース

720mm底上げされた壇に、濃淡が美しいパープルの巨大なソファが並び、天板にイチョウの葉をあしらったクリアなテーブルや、そこに上がるステップに庭園などで見られる石などのアイテムは和と洋がミックスされている。

床、壁、天井と白で塗装されており、パープルとのコントラストが一段とその鮮やかな色を引き立たせる。デスクレイアウトは背あわせとなっており、使用しているOAチェアは岡村製作所の「バロン」。

このフロアには会議室が3つ設けてあり、そのうちの1つは2008年度グッドデザイン賞を受賞した、慶應義塾大学稲蔭研究所のSurroungings Projectと面白法人カヤックとの産学協同によってうまれたNew Office Design Projectの閃考会議室。

自然光が降り注ぐ窓からは、若宮大路へつづく桜並木が広がっており、鎌倉の四季を満喫できるオフィスである。

(このオフィスのデザイン設計はクライン・ダイサム・アーキテクツ)

KEYWORDS:クラインダイサム パントンチェア Macのある部屋 デザイナーズオフィス バロン

COLOR:白

ワークスペース

2008年グッドデザイン賞受賞 面白いことをつくる人たちの鎌倉にある「和」なオフィス

このフロアはキブ&ギ部(総務・人事・経理・財務)が働くワークスペース

720mm底上げされた壇に、濃淡が美しいパープルの巨大なソファが並び、天板にイチョウの葉をあしらったクリアなテーブルや、そこに上がるステップに庭園などで見られる石などのアイテムは和と洋がミックスされている。

床、壁、天井と白で塗装されており、パープルとのコントラストが一段とその鮮やかな色を引き立たせる。デスクレイアウトは背あわせとなっており、使用しているOAチェアは岡村製作所の「バロン」。

このフロアには会議室が3つ設けてあり、そのうちの1つは2008年度グッドデザイン賞を受賞した、慶應義塾大学稲蔭研究所のSurroungings Projectと面白法人カヤックとの産学協同によってうまれたNew Office Design Projectの閃考会議室。

自然光が降り注ぐ窓からは、若宮大路へつづく桜並木が広がっており、鎌倉の四季を満喫できるオフィスである。

(このオフィスのデザイン設計はクライン・ダイサム・アーキテクツ)

KEYWORDS:クラインダイサム パントンチェア Macのある部屋 デザイナーズオフィス バロン

COLOR:白

ワークスペース

2008年グッドデザイン賞受賞 面白いことをつくる人たちの鎌倉にある「和」なオフィス

このフロアはキブ&ギ部(総務・人事・経理・財務)が働くワークスペース

720mm底上げされた壇に、濃淡が美しいパープルの巨大なソファが並び、天板にイチョウの葉をあしらったクリアなテーブルや、そこに上がるステップに庭園などで見られる石などのアイテムは和と洋がミックスされている。

床、壁、天井と白で塗装されており、パープルとのコントラストが一段とその鮮やかな色を引き立たせる。デスクレイアウトは背あわせとなっており、使用しているOAチェアは岡村製作所の「バロン」。

このフロアには会議室が3つ設けてあり、そのうちの1つは2008年度グッドデザイン賞を受賞した、慶應義塾大学稲蔭研究所のSurroungings Projectと面白法人カヤックとの産学協同によってうまれたNew Office Design Projectの閃考会議室。

自然光が降り注ぐ窓からは、若宮大路へつづく桜並木が広がっており、鎌倉の四季を満喫できるオフィスである。

(このオフィスのデザイン設計はクライン・ダイサム・アーキテクツ)

KEYWORDS:クラインダイサム パントンチェア Macのある部屋 デザイナーズオフィス バロン

COLOR:白

ワークスペース

2008年グッドデザイン賞受賞 面白いことをつくる人たちの鎌倉にある「和」なオフィス

このフロアはキブ&ギ部(総務・人事・経理・財務)が働くワークスペース

720mm底上げされた壇に、濃淡が美しいパープルの巨大なソファが並び、天板にイチョウの葉をあしらったクリアなテーブルや、そこに上がるステップに庭園などで見られる石などのアイテムは和と洋がミックスされている。

床、壁、天井と白で塗装されており、パープルとのコントラストが一段とその鮮やかな色を引き立たせる。デスクレイアウトは背あわせとなっており、使用しているOAチェアは岡村製作所の「バロン」。

このフロアには会議室が3つ設けてあり、そのうちの1つは2008年度グッドデザイン賞を受賞した、慶應義塾大学稲蔭研究所のSurroungings Projectと面白法人カヤックとの産学協同によってうまれたNew Office Design Projectの閃考会議室。

自然光が降り注ぐ窓からは、若宮大路へつづく桜並木が広がっており、鎌倉の四季を満喫できるオフィスである。

(このオフィスのデザイン設計はクライン・ダイサム・アーキテクツ)

KEYWORDS:クラインダイサム パントンチェア Macのある部屋 デザイナーズオフィス バロン

COLOR:白

ワークスペース

2008年グッドデザイン賞受賞 面白いことをつくる人たちの鎌倉にある「和」なオフィス

このフロアはキブ&ギ部(総務・人事・経理・財務)が働くワークスペース

720mm底上げされた壇に、濃淡が美しいパープルの巨大なソファが並び、天板にイチョウの葉をあしらったクリアなテーブルや、そこに上がるステップに庭園などで見られる石などのアイテムは和と洋がミックスされている。

床、壁、天井と白で塗装されており、パープルとのコントラストが一段とその鮮やかな色を引き立たせる。デスクレイアウトは背あわせとなっており、使用しているOAチェアは岡村製作所の「バロン」。

このフロアには会議室が3つ設けてあり、そのうちの1つは2008年度グッドデザイン賞を受賞した、慶應義塾大学稲蔭研究所のSurroungings Projectと面白法人カヤックとの産学協同によってうまれたNew Office Design Projectの閃考会議室。

自然光が降り注ぐ窓からは、若宮大路へつづく桜並木が広がっており、鎌倉の四季を満喫できるオフィスである。

(このオフィスのデザイン設計はクライン・ダイサム・アーキテクツ)

KEYWORDS:クラインダイサム パントンチェア Macのある部屋 デザイナーズオフィス バロン

COLOR:白

ワークスペース

カヤックの自由が丘支社は「Play Lot Office」がコンセプト

「Play Lot Office」ラクガキ大好き、面白いことには目がないをコンセプトに作られたオフィスの白い空間に映える色鮮やかなグリーンの人工芝。

土足厳禁のため、床に座ってあぐら会議なんかもしているそうだ。天井から吊り下げられてあるのは、なんとハンギングチェア!気分転換には最高のアイテムだ。

一軒家をリノベーションして、このオフィスは2007年4月に業務を開始した。それと同時に1階の同社が運営する絵の測り売りショップ「ART−Meter」(アートメーター)も営業を開始している。

実はこのオフィスデザインは、同社が運営する、家を建てたい人と建築家をつなぐ家づくりコンペサイト「HOUSECO(ハウスコ)」で「一軒家をギャラリー兼オフィスにリノベーションする」を建築家に呼びかけ、コンペティションの応募があった金田圭二建築設計事務所とKawashima officeのデザインを採択して出来たオフィス。実にカヤックらしい面白いプロセスである。

(このオフィスのデザイン設計は金田圭二建築設計事務所とKawashima office)

※このオフィスは2011年2月に移転済です

KEYWORDS: 緑の床 キャラクターグッズ アーロンチェア デザイナーズオフィス

COLOR:グリーン

ワークスペース

カヤックの自由が丘支社は「Play Lot Office」がコンセプト

「Play Lot Office」ラクガキ大好き、面白いことには目がないをコンセプトに作られたオフィスの白い空間に映える色鮮やかなグリーンの人工芝。

土足厳禁のため、床に座ってあぐら会議なんかもしているそうだ。天井から吊り下げられてあるのは、なんとハンギングチェア!気分転換には最高のアイテムだ。

一軒家をリノベーションして、このオフィスは2007年4月に業務を開始した。それと同時に1階の同社が運営する絵の測り売りショップ「ART−Meter」(アートメーター)も営業を開始している。

実はこのオフィスデザインは、同社が運営する、家を建てたい人と建築家をつなぐ家づくりコンペサイト「HOUSECO(ハウスコ)」で「一軒家をギャラリー兼オフィスにリノベーションする」を建築家に呼びかけ、コンペティションの応募があった金田圭二建築設計事務所とKawashima officeのデザインを採択して出来たオフィス。実にカヤックらしい面白いプロセスである。

(このオフィスのデザイン設計は金田圭二建築設計事務所とKawashima office)

※このオフィスは2011年2月に移転済です

KEYWORDS:シェルサイドチェア イームズ キャラクターグッズ アーロンチェア ハーマンミラー

COLOR:グリーン

ワークスペース

カヤックの自由が丘支社は「Play Lot Office」がコンセプト

「Play Lot Office」ラクガキ大好き、面白いことには目がないをコンセプトに作られたオフィスの白い空間に映える色鮮やかなグリーンの人工芝。

土足厳禁のため、床に座ってあぐら会議なんかもしているそうだ。天井から吊り下げられてあるのは、なんとハンギングチェア!気分転換には最高のアイテムだ。

一軒家をリノベーションして、このオフィスは2007年4月に業務を開始した。それと同時に1階の同社が運営する絵の測り売りショップ「ART−Meter」(アートメーター)も営業を開始している。

実はこのオフィスデザインは、同社が運営する、家を建てたい人と建築家をつなぐ家づくりコンペサイト「HOUSECO(ハウスコ)」で「一軒家をギャラリー兼オフィスにリノベーションする」を建築家に呼びかけ、コンペティションの応募があった金田圭二建築設計事務所とKawashima officeのデザインを採択して出来たオフィス。実にカヤックらしい面白いプロセスである。

(このオフィスのデザイン設計は金田圭二建築設計事務所とKawashima office)

※このオフィスは2011年2月に移転済です

KEYWORDS: 緑の床 キャラクターグッズ アーロンチェア デザイナーズオフィス

COLOR:グリーン

ワークスペース

カヤックの自由が丘支社は「Play Lot Office」がコンセプト

「Play Lot Office」ラクガキ大好き、面白いことには目がないをコンセプトに作られたオフィスの白い空間に映える色鮮やかなグリーンの人工芝。

土足厳禁のため、床に座ってあぐら会議なんかもしているそうだ。天井から吊り下げられてあるのは、なんとハンギングチェア!気分転換には最高のアイテムだ。

一軒家をリノベーションして、このオフィスは2007年4月に業務を開始した。それと同時に1階の同社が運営する絵の測り売りショップ「ART−Meter」(アートメーター)も営業を開始している。

実はこのオフィスデザインは、同社が運営する、家を建てたい人と建築家をつなぐ家づくりコンペサイト「HOUSECO(ハウスコ)」で「一軒家をギャラリー兼オフィスにリノベーションする」を建築家に呼びかけ、コンペティションの応募があった金田圭二建築設計事務所とKawashima officeのデザインを採択して出来たオフィス。実にカヤックらしい面白いプロセスである。

(このオフィスのデザイン設計は金田圭二建築設計事務所とKawashima office)

※このオフィスは2011年2月に移転済です

KEYWORDS: 緑の床 キャラクターグッズ アーロンチェア デザイナーズオフィス

COLOR:グリーン

ワークスペース

カヤックの自由が丘支社は「Play Lot Office」がコンセプト

「Play Lot Office」ラクガキ大好き、面白いことには目がないをコンセプトに作られたオフィスの白い空間に映える色鮮やかなグリーンの人工芝。

土足厳禁のため、床に座ってあぐら会議なんかもしているそうだ。天井から吊り下げられてあるのは、なんとハンギングチェア!気分転換には最高のアイテムだ。

一軒家をリノベーションして、このオフィスは2007年4月に業務を開始した。それと同時に1階の同社が運営する絵の測り売りショップ「ART−Meter」(アートメーター)も営業を開始している。

実はこのオフィスデザインは、同社が運営する、家を建てたい人と建築家をつなぐ家づくりコンペサイト「HOUSECO(ハウスコ)」で「一軒家をギャラリー兼オフィスにリノベーションする」を建築家に呼びかけ、コンペティションの応募があった金田圭二建築設計事務所とKawashima officeのデザインを採択して出来たオフィス。実にカヤックらしい面白いプロセスである。

(このオフィスのデザイン設計は金田圭二建築設計事務所とKawashima office)

※このオフィスは2011年2月に移転済です

KEYWORDS: 緑の床 キャラクターグッズ アーロンチェア デザイナーズオフィス

COLOR:白

社長・役員室

2008年度グッドデザイン賞受賞 ふすま風の美しい和柄のガラスが囲う社長室

戦略会議室(社長室)を囲う、ふすまをモチーフにしたガラスは、同社のロゴをグラフィックデザインした和風柄。

漆塗りのような赤い天板が印象的、使用されているOAチェアは「イームズソフトパッドグループ エグゼクティブチェア」。

オープンなコミュニケーションをテーマとしたつくりはここにも配慮されており、スタッフと経営陣は同じ目線でパソコンに向かい、近い距離感を保っている。

(このオフィスのデザイン設計はクライン・ダイサム・アーキテクツ)

KEYWORDS:ガラスの壁 クラインダイサム 和室 デザイナーズオフィス バロン

COLOR:白

社長・役員室

2008年度グッドデザイン賞受賞 ふすま風の美しい和柄のガラスが囲う社長室

戦略会議室(社長室)を囲う、ふすまをモチーフにしたガラスは、同社のロゴをグラフィックデザインした和風柄。

漆塗りのような赤い天板が印象的、使用されているOAチェアは「イームズソフトパッドグループ エグゼクティブチェア」。

オープンなコミュニケーションをテーマとしたつくりはここにも配慮されており、スタッフと経営陣は同じ目線でパソコンに向かい、近い距離感を保っている。

(このオフィスのデザイン設計はクライン・ダイサム・アーキテクツ)

KEYWORDS:ガラスの壁 クラインダイサム 和室 デザイナーズオフィス バロン

COLOR:白

社長・役員室

2008年度グッドデザイン賞受賞 ふすま風の美しい和柄のガラスが囲う社長室

戦略会議室(社長室)を囲う、ふすまをモチーフにしたガラスは、同社のロゴをグラフィックデザインした和風柄。

漆塗りのような赤い天板が印象的、使用されているOAチェアは「イームズソフトパッドグループ エグゼクティブチェア」。

オープンなコミュニケーションをテーマとしたつくりはここにも配慮されており、スタッフと経営陣は同じ目線でパソコンに向かい、近い距離感を保っている。

(このオフィスのデザイン設計はクライン・ダイサム・アーキテクツ)

KEYWORDS:ガラスの壁 クラインダイサム 和室 デザイナーズオフィス バロン

COLOR:白

社長・役員室

2008年度グッドデザイン賞受賞 ふすま風の美しい和柄のガラスが囲う社長室

戦略会議室(社長室)を囲う、ふすまをモチーフにしたガラスは、同社のロゴをグラフィックデザインした和風柄。

漆塗りのような赤い天板が印象的、使用されているOAチェアは「イームズソフトパッドグループ エグゼクティブチェア」。

オープンなコミュニケーションをテーマとしたつくりはここにも配慮されており、スタッフと経営陣は同じ目線でパソコンに向かい、近い距離感を保っている。

(このオフィスのデザイン設計はクライン・ダイサム・アーキテクツ)

KEYWORDS:ガラスの壁 クラインダイサム 和室 デザイナーズオフィス バロン

COLOR:白

社長・役員室

2008年度グッドデザイン賞受賞 ふすま風の美しい和柄のガラスが囲う社長室

戦略会議室(社長室)を囲う、ふすまをモチーフにしたガラスは、同社のロゴをグラフィックデザインした和風柄。

漆塗りのような赤い天板が印象的、使用されているOAチェアは「イームズソフトパッドグループ エグゼクティブチェア」。

オープンなコミュニケーションをテーマとしたつくりはここにも配慮されており、スタッフと経営陣は同じ目線でパソコンに向かい、近い距離感を保っている。

(このオフィスのデザイン設計はクライン・ダイサム・アーキテクツ)

KEYWORDS:ガラスの壁 クラインダイサム 和室 デザイナーズオフィス バロン

COLOR:白

その他

面白法人カヤックが運営する測り売りARTのショップ「ART−Meter」

株式会社カヤックが運営する、目黒区自由が丘にある絵の測り売りショップ「ART−Meter」 。すべてオリジナルの一点モノで、プロ、アマチュアを問わず約1500名の画家が作品を販売しており、絵の面積で価格が決定する測り売りのショップである。

入り口の広場には、芝生のグリーンにコロコロとした白い「ART−Meter」の文字のオブジェ。2Fのバルコニーにもなっているファサードをグリーンの蔦が覆っており、この外観がすでにアートだ。

店内に足を踏み入れると、洋服屋のようにパッキングした作品をハンガーで吊るしており、実に斬新な展示方法だ。また、壁一面をつかった展示スペースは大小様々な作品がディスプレイしてあり、実際に飾ったイメージも伝わる。

置かれているインテリアもおしゃれでかわいい。オレンジとグリーンのチェアはチャールズ&レイ・イームズデザインの「シェルアームチェア アールエーアール」床に転がっているのはエンリコ・バレリ/デニス・サンタキアラデザインの「タティーノ」。

一軒家をリノベーションして、このショップは2007年4月にオープンした。それと同時に2階のオフィス(カヤック自由が丘支社)も業務を開始している。
そのプロセスが実に面白い。ただ引越すだけじゃつまらない。せっかくなら引越しも思い切り楽しんでしまおう!と2006年12月に「面白法人リノベーションPROJECT」が始動。

同社が運営する、家を建てたい人と建築家をつなぐコンペサイト「HOUSECO(ハウスコ)」で「一軒家をギャラリー兼オフィスにリノベーションする」を建築家に呼びかけ、現調会を開催。コンペ公開プレゼンをした後、金田圭二さん+河島麻子さんの提案、人口芝を室外だけにとどまらず「ギャラリーとオフィスの床全面に人工芝を敷き詰める」という、斬新なプランを採択した。その過程はHP上で公開され、工事風景から完成、引越しまで随時更新されている。

カヤックは「カヤックスタイルで、つくり続ける」ことを経営理念としており、そして「何をするか?よりも誰とするか?が重要」と言っている。 「全部ひとりで考えたい」ではなく「みんなでつくるプロセスを共有して、共に成長をしよう」がプロジェクトのコンセプトである。このプロセスを経てデザイン性が高い空間が出来上がったのだ。

(このギャラリーのデザイン設計は金田圭二建築設計事務所とKawashima office)

KEYWORDS:タティーノ ここで働きたい ジャングル シェルアームチェア 人工芝

COLOR:グリーン

その他

面白法人カヤックが運営する測り売りARTのショップ「ART−Meter」

株式会社カヤックが運営する、目黒区自由が丘にある絵の測り売りショップ「ART−Meter」 。すべてオリジナルの一点モノで、プロ、アマチュアを問わず約1500名の画家が作品を販売しており、絵の面積で価格が決定する測り売りのショップである。

入り口の広場には、芝生のグリーンにコロコロとした白い「ART−Meter」の文字のオブジェ。2Fのバルコニーにもなっているファサードをグリーンの蔦が覆っており、この外観がすでにアートだ。

店内に足を踏み入れると、洋服屋のようにパッキングした作品をハンガーで吊るしており、実に斬新な展示方法だ。また、壁一面をつかった展示スペースは大小様々な作品がディスプレイしてあり、実際に飾ったイメージも伝わる。

置かれているインテリアもおしゃれでかわいい。オレンジとグリーンのチェアはチャールズ&レイ・イームズデザインの「シェルアームチェア アールエーアール」床に転がっているのはエンリコ・バレリ/デニス・サンタキアラデザインの「タティーノ」。

一軒家をリノベーションして、このショップは2007年4月にオープンした。それと同時に2階のオフィス(カヤック自由が丘支社)も業務を開始している。
そのプロセスが実に面白い。ただ引越すだけじゃつまらない。せっかくなら引越しも思い切り楽しんでしまおう!と2006年12月に「面白法人リノベーションPROJECT」が始動。

同社が運営する、家を建てたい人と建築家をつなぐコンペサイト「HOUSECO(ハウスコ)」で「一軒家をギャラリー兼オフィスにリノベーションする」を建築家に呼びかけ、現調会を開催。コンペ公開プレゼンをした後、金田圭二さん+河島麻子さんの提案、人口芝を室外だけにとどまらず「ギャラリーとオフィスの床全面に人工芝を敷き詰める」という、斬新なプランを採択した。その過程はHP上で公開され、工事風景から完成、引越しまで随時更新されている。

カヤックは「カヤックスタイルで、つくり続ける」ことを経営理念としており、そして「何をするか?よりも誰とするか?が重要」と言っている。 「全部ひとりで考えたい」ではなく「みんなでつくるプロセスを共有して、共に成長をしよう」がプロジェクトのコンセプトである。このプロセスを経てデザイン性が高い空間が出来上がったのだ。

(このギャラリーのデザイン設計は金田圭二建築設計事務所とKawashima office)

KEYWORDS:タティーノ ここで働きたい ジャングル シェルアームチェア 人工芝

COLOR:グリーン

その他

面白法人カヤックが運営する測り売りARTのショップ「ART−Meter」

株式会社カヤックが運営する、目黒区自由が丘にある絵の測り売りショップ「ART−Meter」 。すべてオリジナルの一点モノで、プロ、アマチュアを問わず約1500名の画家が作品を販売しており、絵の面積で価格が決定する測り売りのショップである。

入り口の広場には、芝生のグリーンにコロコロとした白い「ART−Meter」の文字のオブジェ。2Fのバルコニーにもなっているファサードをグリーンの蔦が覆っており、この外観がすでにアートだ。

店内に足を踏み入れると、洋服屋のようにパッキングした作品をハンガーで吊るしており、実に斬新な展示方法だ。また、壁一面をつかった展示スペースは大小様々な作品がディスプレイしてあり、実際に飾ったイメージも伝わる。

置かれているインテリアもおしゃれでかわいい。オレンジとグリーンのチェアはチャールズ&レイ・イームズデザインの「シェルアームチェア アールエーアール」床に転がっているのはエンリコ・バレリ/デニス・サンタキアラデザインの「タティーノ」。

一軒家をリノベーションして、このショップは2007年4月にオープンした。それと同時に2階のオフィス(カヤック自由が丘支社)も業務を開始している。
そのプロセスが実に面白い。ただ引越すだけじゃつまらない。せっかくなら引越しも思い切り楽しんでしまおう!と2006年12月に「面白法人リノベーションPROJECT」が始動。

同社が運営する、家を建てたい人と建築家をつなぐコンペサイト「HOUSECO(ハウスコ)」で「一軒家をギャラリー兼オフィスにリノベーションする」を建築家に呼びかけ、現調会を開催。コンペ公開プレゼンをした後、金田圭二さん+河島麻子さんの提案、人口芝を室外だけにとどまらず「ギャラリーとオフィスの床全面に人工芝を敷き詰める」という、斬新なプランを採択した。その過程はHP上で公開され、工事風景から完成、引越しまで随時更新されている。

カヤックは「カヤックスタイルで、つくり続ける」ことを経営理念としており、そして「何をするか?よりも誰とするか?が重要」と言っている。 「全部ひとりで考えたい」ではなく「みんなでつくるプロセスを共有して、共に成長をしよう」がプロジェクトのコンセプトである。このプロセスを経てデザイン性が高い空間が出来上がったのだ。

(このギャラリーのデザイン設計は金田圭二建築設計事務所とKawashima office)

KEYWORDS:タティーノ ここで働きたい ジャングル シェルアームチェア 人工芝

COLOR:グリーン

その他

面白法人カヤックが運営する測り売りARTのショップ「ART−Meter」

株式会社カヤックが運営する、目黒区自由が丘にある絵の測り売りショップ「ART−Meter」 。すべてオリジナルの一点モノで、プロ、アマチュアを問わず約1500名の画家が作品を販売しており、絵の面積で価格が決定する測り売りのショップである。

入り口の広場には、芝生のグリーンにコロコロとした白い「ART−Meter」の文字のオブジェ。2Fのバルコニーにもなっているファサードをグリーンの蔦が覆っており、この外観がすでにアートだ。

店内に足を踏み入れると、洋服屋のようにパッキングした作品をハンガーで吊るしており、実に斬新な展示方法だ。また、壁一面をつかった展示スペースは大小様々な作品がディスプレイしてあり、実際に飾ったイメージも伝わる。

置かれているインテリアもおしゃれでかわいい。オレンジとグリーンのチェアはチャールズ&レイ・イームズデザインの「シェルアームチェア アールエーアール」床に転がっているのはエンリコ・バレリ/デニス・サンタキアラデザインの「タティーノ」。

一軒家をリノベーションして、このショップは2007年4月にオープンした。それと同時に2階のオフィス(カヤック自由が丘支社)も業務を開始している。
そのプロセスが実に面白い。ただ引越すだけじゃつまらない。せっかくなら引越しも思い切り楽しんでしまおう!と2006年12月に「面白法人リノベーションPROJECT」が始動。

同社が運営する、家を建てたい人と建築家をつなぐコンペサイト「HOUSECO(ハウスコ)」で「一軒家をギャラリー兼オフィスにリノベーションする」を建築家に呼びかけ、現調会を開催。コンペ公開プレゼンをした後、金田圭二さん+河島麻子さんの提案、人口芝を室外だけにとどまらず「ギャラリーとオフィスの床全面に人工芝を敷き詰める」という、斬新なプランを採択した。その過程はHP上で公開され、工事風景から完成、引越しまで随時更新されている。

カヤックは「カヤックスタイルで、つくり続ける」ことを経営理念としており、そして「何をするか?よりも誰とするか?が重要」と言っている。 「全部ひとりで考えたい」ではなく「みんなでつくるプロセスを共有して、共に成長をしよう」がプロジェクトのコンセプトである。このプロセスを経てデザイン性が高い空間が出来上がったのだ。

(このギャラリーのデザイン設計は金田圭二建築設計事務所とKawashima office)

KEYWORDS:タティーノ ここで働きたい ジャングル シェルアームチェア 人工芝

COLOR:グリーン

その他

面白法人カヤックが運営する測り売りARTのショップ「ART−Meter」

株式会社カヤックが運営する、目黒区自由が丘にある絵の測り売りショップ「ART−Meter」 。すべてオリジナルの一点モノで、プロ、アマチュアを問わず約1500名の画家が作品を販売しており、絵の面積で価格が決定する測り売りのショップである。

入り口の広場には、芝生のグリーンにコロコロとした白い「ART−Meter」の文字のオブジェ。2Fのバルコニーにもなっているファサードをグリーンの蔦が覆っており、この外観がすでにアートだ。

店内に足を踏み入れると、洋服屋のようにパッキングした作品をハンガーで吊るしており、実に斬新な展示方法だ。また、壁一面をつかった展示スペースは大小様々な作品がディスプレイしてあり、実際に飾ったイメージも伝わる。

置かれているインテリアもおしゃれでかわいい。オレンジとグリーンのチェアはチャールズ&レイ・イームズデザインの「シェルアームチェア アールエーアール」床に転がっているのはエンリコ・バレリ/デニス・サンタキアラデザインの「タティーノ」。

一軒家をリノベーションして、このショップは2007年4月にオープンした。それと同時に2階のオフィス(カヤック自由が丘支社)も業務を開始している。
そのプロセスが実に面白い。ただ引越すだけじゃつまらない。せっかくなら引越しも思い切り楽しんでしまおう!と2006年12月に「面白法人リノベーションPROJECT」が始動。

同社が運営する、家を建てたい人と建築家をつなぐコンペサイト「HOUSECO(ハウスコ)」で「一軒家をギャラリー兼オフィスにリノベーションする」を建築家に呼びかけ、現調会を開催。コンペ公開プレゼンをした後、金田圭二さん+河島麻子さんの提案、人口芝を室外だけにとどまらず「ギャラリーとオフィスの床全面に人工芝を敷き詰める」という、斬新なプランを採択した。その過程はHP上で公開され、工事風景から完成、引越しまで随時更新されている。

カヤックは「カヤックスタイルで、つくり続ける」ことを経営理念としており、そして「何をするか?よりも誰とするか?が重要」と言っている。 「全部ひとりで考えたい」ではなく「みんなでつくるプロセスを共有して、共に成長をしよう」がプロジェクトのコンセプトである。このプロセスを経てデザイン性が高い空間が出来上がったのだ。

(このギャラリーのデザイン設計は金田圭二建築設計事務所とKawashima office)

KEYWORDS:タティーノ ここで働きたい ジャングル シェルアームチェア 人工芝

COLOR:グリーン

その他

面白法人カヤックが運営する和を楽しめるカフェ「DONBURI CAFE DINING bowls」

株式会社カヤックが運営する、鎌倉本社の1階にある「DONBURI CAFE DINING bowls」。

地元の人も、観光に来た人も気軽にどんぶりを楽しめる、カフェをつくろうと始めたとの事。また素材のミクスチュアである「どんぶり」の可能性に挑戦する。

地元の素材を積極的に取り入れて、化学調味料を使用しないヘルシーさにもこだわった料理を提供する。

「楽しくなくちゃDONBURIじゃない。」をテーマにするこの店では、ユニークな仕組みがある。bowlsオリジナルどんぶりを購入した人がそのどんぶりを持ち込むと名誉ドンブラーとしておトクな料金にしてくれる「MYどんぶり制度」。

また、「どんぶり勘定」という制度は、食べ終わったどんぶりの底に「アタリ」の文字が出たら値引きしてくれるというものだ。

オリジナルのどんぶりも販売されており、やはり面白法人の運営するカフェはおいしくておもしろい。

KEYWORDS:カフェ イームズ

COLOR:ブラウン、ウッド

その他

面白法人カヤックが運営する和を楽しめるカフェ「DONBURI CAFE DINING bowls」

株式会社カヤックが運営する、鎌倉本社の1階にある「DONBURI CAFE DINING bowls」。

地元の人も、観光に来た人も気軽にどんぶりを楽しめる、カフェをつくろうと始めたとの事。また素材のミクスチュアである「どんぶり」の可能性に挑戦する。

地元の素材を積極的に取り入れて、化学調味料を使用しないヘルシーさにもこだわった料理を提供する。

「楽しくなくちゃDONBURIじゃない。」をテーマにするこの店では、ユニークな仕組みがある。bowlsオリジナルどんぶりを購入した人がそのどんぶりを持ち込むと名誉ドンブラーとしておトクな料金にしてくれる「MYどんぶり制度」。

また、「どんぶり勘定」という制度は、食べ終わったどんぶりの底に「アタリ」の文字が出たら値引きしてくれるというものだ。

オリジナルのどんぶりも販売されており、やはり面白法人の運営するカフェはおいしくておもしろい。

KEYWORDS:カフェ イームズ

COLOR:ブラウン、ウッド

その他

クリエイターとのコラボレーションによって生まれたオリジナルアイテム

全社員の肩書きをクリエイターとするカヤックでは、自らがつくるのみならず、外部のクリエイターとも積極的にコラボレーションして新しいものを生み出している。

その一つとして、同社サイトのTOPページでは、様々なクリエイターがカヤックをモチーフとしてつくった漫画やイラストやロボットなどの作品を見ることができる。閲覧するユーザーが自分の好みで作品を切り替えられるのも特徴的だ。

そして、オフィス3Fに、その作品は展示されている。例えば、3人で会社を立ち上げたという経緯をイメージし、ロゴマークを3つ吊り下げ、その上にはのびのび働くスタッフを表現したぬいぐるみのシャンデリア(Kim songhe氏作)や、カヤックのロゴ自体が生き物となり、自ら成長し、その姿を変え進化していくという意味を表現した「ロゴ」と犬(AKIKO SUMIYOSHI氏作)。

目と耳がいっぱいのピンクのキャラクターは、探究心、希望、アイデア、スタッフ達の個性などを表している(ムラバヤシケンジ氏作)。

それぞれに深い想いとメッセージを込めて、つくられたキャラクターはカヤックスタイルを表した分身でもあるのだろう。

KEYWORDS:オブジェ 絵画

COLOR:白

その他

クリエイターとのコラボレーションによって生まれたオリジナルアイテム

全社員の肩書きをクリエイターとするカヤックでは、自らがつくるのみならず、外部のクリエイターとも積極的にコラボレーションして新しいものを生み出している。

その一つとして、同社サイトのTOPページでは、様々なクリエイターがカヤックをモチーフとしてつくった漫画やイラストやロボットなどの作品を見ることができる。閲覧するユーザーが自分の好みで作品を切り替えられるのも特徴的だ。

そして、オフィス3Fに、その作品は展示されている。例えば、3人で会社を立ち上げたという経緯をイメージし、ロゴマークを3つ吊り下げ、その上にはのびのび働くスタッフを表現したぬいぐるみのシャンデリア(Kim songhe氏作)や、カヤックのロゴ自体が生き物となり、自ら成長し、その姿を変え進化していくという意味を表現した「ロゴ」と犬(AKIKO SUMIYOSHI氏作)。

目と耳がいっぱいのピンクのキャラクターは、探究心、希望、アイデア、スタッフ達の個性などを表している(ムラバヤシケンジ氏作)。

それぞれに深い想いとメッセージを込めて、つくられたキャラクターはカヤックスタイルを表した分身でもあるのだろう。

KEYWORDS:オブジェ 絵画

COLOR:白

その他

クリエイターとのコラボレーションによって生まれたオリジナルアイテム

全社員の肩書きをクリエイターとするカヤックでは、自らがつくるのみならず、外部のクリエイターとも積極的にコラボレーションして新しいものを生み出している。

その一つとして、同社サイトのTOPページでは、様々なクリエイターがカヤックをモチーフとしてつくった漫画やイラストやロボットなどの作品を見ることができる。閲覧するユーザーが自分の好みで作品を切り替えられるのも特徴的だ。

そして、オフィス3Fに、その作品は展示されている。例えば、3人で会社を立ち上げたという経緯をイメージし、ロゴマークを3つ吊り下げ、その上にはのびのび働くスタッフを表現したぬいぐるみのシャンデリア(Kim songhe氏作)や、カヤックのロゴ自体が生き物となり、自ら成長し、その姿を変え進化していくという意味を表現した「ロゴ」と犬(AKIKO SUMIYOSHI氏作)。

目と耳がいっぱいのピンクのキャラクターは、探究心、希望、アイデア、スタッフ達の個性などを表している(ムラバヤシケンジ氏作)。

それぞれに深い想いとメッセージを込めて、つくられたキャラクターはカヤックスタイルを表した分身でもあるのだろう。

KEYWORDS:オブジェ 絵画

COLOR:白

その他

クリエイターとのコラボレーションによって生まれたオリジナルアイテム

全社員の肩書きをクリエイターとするカヤックでは、自らがつくるのみならず、外部のクリエイターとも積極的にコラボレーションして新しいものを生み出している。

その一つとして、同社サイトのTOPページでは、様々なクリエイターがカヤックをモチーフとしてつくった漫画やイラストやロボットなどの作品を見ることができる。閲覧するユーザーが自分の好みで作品を切り替えられるのも特徴的だ。

そして、オフィス3Fに、その作品は展示されている。例えば、3人で会社を立ち上げたという経緯をイメージし、ロゴマークを3つ吊り下げ、その上にはのびのび働くスタッフを表現したぬいぐるみのシャンデリア(Kim songhe氏作)や、カヤックのロゴ自体が生き物となり、自ら成長し、その姿を変え進化していくという意味を表現した「ロゴ」と犬(AKIKO SUMIYOSHI氏作)。

目と耳がいっぱいのピンクのキャラクターは、探究心、希望、アイデア、スタッフ達の個性などを表している(ムラバヤシケンジ氏作)。

それぞれに深い想いとメッセージを込めて、つくられたキャラクターはカヤックスタイルを表した分身でもあるのだろう。

KEYWORDS:オブジェ 絵画

COLOR:白

その他

クリエイターとのコラボレーションによって生まれたオリジナルアイテム

全社員の肩書きをクリエイターとするカヤックでは、自らがつくるのみならず、外部のクリエイターとも積極的にコラボレーションして新しいものを生み出している。

その一つとして、同社サイトのTOPページでは、様々なクリエイターがカヤックをモチーフとしてつくった漫画やイラストやロボットなどの作品を見ることができる。閲覧するユーザーが自分の好みで作品を切り替えられるのも特徴的だ。

そして、オフィス3Fに、その作品は展示されている。例えば、3人で会社を立ち上げたという経緯をイメージし、ロゴマークを3つ吊り下げ、その上にはのびのび働くスタッフを表現したぬいぐるみのシャンデリア(Kim songhe氏作)や、カヤックのロゴ自体が生き物となり、自ら成長し、その姿を変え進化していくという意味を表現した「ロゴ」と犬(AKIKO SUMIYOSHI氏作)。

目と耳がいっぱいのピンクのキャラクターは、探究心、希望、アイデア、スタッフ達の個性などを表している(ムラバヤシケンジ氏作)。

それぞれに深い想いとメッセージを込めて、つくられたキャラクターはカヤックスタイルを表した分身でもあるのだろう。

KEYWORDS:オブジェ 絵画

COLOR:赤、ピンク


特長

「つくる人を増やす。」という経営理念のもと、Webサービスの企画・制作・運営

サイコロ給

カヤックは行っているサービスだけでなく、会社の制度も実にユニーク。毎月給料日前にサイコロをふり「(サイコロの目)%×基本給」が、給料の+αとして支給される。

スマイル給

誰もが、毎月ランダムに誰か1人を評価してそれを「──給 0円」と給与明細に記載するという、支給額はゼロ円ながらお金に換えられない価値ある報酬

旅する支社

海外に住居兼オフィスを一定期間借り、社員が移動する


商品・サービス

ART-Meter

ART-Meterは測り売りARTのショップ。すべてオリジナルの一点モノで、プロ、アマチュアを問わず約1300名の画家が作品を販売しています。絵の価格はその面積に応じて決定します。

HOUSECO

一緒に家をつくる建築家を見つける家づくりサイト

こえ部

誰でもこえ(音声データ)を投稿・公開することのできる音声専門のコミュニティサイト

社長の一言

柳澤 大輔 代表取締役

1974年2月19日香港生まれ。慶応義塾大学環境情報学部卒業後、1996年(株)ソニー・ミュージックエンタテインメントに入社。1998年合資会社カヤックを大学時代の友人2人とともに創業。代表取締役に就任。2005年合資会社カヤックより、株式会社カヤック設立。

「みんなの仕事場」ロングインタビュー 経営者のオフィス戦略
http://www.shigotoba.net/learn/special/managers/details/002/"""

株式会社カヤック(カヤック)

従業員数100−199
電話番号03-5726-1768
FAX番号03-5726-1769
住所152-0035 東京都目黒区自由が丘 2−8−6 2−8−6
代表者名柳澤大輔
事業内容面白法人的業務
URLhttp://kayac.com/
広さ50m2−99m2

※仕事場投稿日:
(更新日:2016/11/16)

このカテゴリの記事一覧

新着記事

[以下は2016年11月17日のリニューアル前の旧コンテンツです]

※「みんなの仕事場」リニューアルのお知らせ(2016年11月17日)