みんなの仕事場 > 仕事場紹介 > バタフライ・ストローク・株式會社

仕事場紹介

※当コンテンツは2016年11月17日のリニューアル前の旧コンテンツです

バタフライ・ストローク・株式會社

このカテゴリの記事一覧

応接・会議室

銀と赤が調和するミッドセンチュリーなオフィス

暖色系でまとめられた空間で、まず目に飛び込んで来る後ろ姿がとても美しい赤いチェアはイームズの「アルミナムグループチェア」。木製のブラインドと同じ色味のフローリングが更にあたたかみを感じさせる。

中央に長く伸びるミーティングテーブルは目黒区にある「ACME FUNITURE」」でのオーダーメイド。このシルバー加工された天板の下に綺麗に収まったアルミナムグループチェアのシルバーフレームは、とても相性が良く、最高のパートナーだと言えるだろう。

右奥には鬼才デザイナー、エーロ・アアルニオのさまざまな姿勢で座れる「ポニー」その手間にはイームズソファコンパクト。テーブルを挟んで左手前にはジョージ・ネルソンの「マシュマロソファ」。隣の壁面には1930年代にル・コルビジェらと活躍したシャルロット・ペリアンの棚。そこにはbtfが生み出したキャラクター「コペット」が置かれている。

ミッドセンチュリーの家具でコーディネートされた居心地の良いミーティングスペースは会話も弾み、クリエイティビティを刺激してくれそうな空間だ。

KEYWORDS:ハーマンミラー ポニー ミッドセンチュリー コペット アルミナムチェア

COLOR:赤、ピンク

応接・会議室

銀と赤が調和するミッドセンチュリーなオフィス

暖色系でまとめられた空間で、まず目に飛び込んで来る後ろ姿がとても美しい赤いチェアはイームズの「アルミナムグループチェア」。木製のブラインドと同じ色味のフローリングが更にあたたかみを感じさせる。

中央に長く伸びるミーティングテーブルは目黒区にある「ACME FUNITURE」」でのオーダーメイド。このシルバー加工された天板の下に綺麗に収まったアルミナムグループチェアのシルバーフレームは、とても相性が良く、最高のパートナーだと言えるだろう。

右奥には鬼才デザイナー、エーロ・アアルニオのさまざまな姿勢で座れる「ポニー」その手間にはイームズソファコンパクト。テーブルを挟んで左手前にはジョージ・ネルソンの「マシュマロソファ」。隣の壁面には1930年代にル・コルビジェらと活躍したシャルロット・ペリアンの棚。そこにはbtfが生み出したキャラクター「コペット」が置かれている。

ミッドセンチュリーの家具でコーディネートされた居心地の良いミーティングスペースは会話も弾み、クリエイティビティを刺激してくれそうな空間だ。

KEYWORDS:ハーマンミラー ポニー ミッドセンチュリー コペット アルミナムチェア

COLOR:赤、ピンク

応接・会議室

銀と赤が調和するミッドセンチュリーなオフィス

暖色系でまとめられた空間で、まず目に飛び込んで来る後ろ姿がとても美しい赤いチェアはイームズの「アルミナムグループチェア」。木製のブラインドと同じ色味のフローリングが更にあたたかみを感じさせる。

中央に長く伸びるミーティングテーブルは目黒区にある「ACME FUNITURE」」でのオーダーメイド。このシルバー加工された天板の下に綺麗に収まったアルミナムグループチェアのシルバーフレームは、とても相性が良く、最高のパートナーだと言えるだろう。

右奥には鬼才デザイナー、エーロ・アアルニオのさまざまな姿勢で座れる「ポニー」その手間にはイームズソファコンパクト。テーブルを挟んで左手前にはジョージ・ネルソンの「マシュマロソファ」。隣の壁面には1930年代にル・コルビジェらと活躍したシャルロット・ペリアンの棚。そこにはbtfが生み出したキャラクター「コペット」が置かれている。

ミッドセンチュリーの家具でコーディネートされた居心地の良いミーティングスペースは会話も弾み、クリエイティビティを刺激してくれそうな空間だ。

KEYWORDS:フローリング Macのある部屋 ポニー ミッドセンチュリー イームズ

COLOR:黄、オレンジ

応接・会議室

銀と赤が調和するミッドセンチュリーなオフィス

暖色系でまとめられた空間で、まず目に飛び込んで来る後ろ姿がとても美しい赤いチェアはイームズの「アルミナムグループチェア」。木製のブラインドと同じ色味のフローリングが更にあたたかみを感じさせる。

中央に長く伸びるミーティングテーブルは目黒区にある「ACME FUNITURE」」でのオーダーメイド。このシルバー加工された天板の下に綺麗に収まったアルミナムグループチェアのシルバーフレームは、とても相性が良く、最高のパートナーだと言えるだろう。

右奥には鬼才デザイナー、エーロ・アアルニオのさまざまな姿勢で座れる「ポニー」その手間にはイームズソファコンパクト。テーブルを挟んで左手前にはジョージ・ネルソンの「マシュマロソファ」。隣の壁面には1930年代にル・コルビジェらと活躍したシャルロット・ペリアンの棚。そこにはbtfが生み出したキャラクター「コペット」が置かれている。

ミッドセンチュリーの家具でコーディネートされた居心地の良いミーティングスペースは会話も弾み、クリエイティビティを刺激してくれそうな空間だ。

KEYWORDS:マシュマロソファ ジョージネルソン ミッドセンチュリー コペット

COLOR:赤、ピンク

応接・会議室

銀と赤が調和するミッドセンチュリーなオフィス

暖色系でまとめられた空間で、まず目に飛び込んで来る後ろ姿がとても美しい赤いチェアはイームズの「アルミナムグループチェア」。木製のブラインドと同じ色味のフローリングが更にあたたかみを感じさせる。

中央に長く伸びるミーティングテーブルは目黒区にある「ACME FUNITURE」」でのオーダーメイド。このシルバー加工された天板の下に綺麗に収まったアルミナムグループチェアのシルバーフレームは、とても相性が良く、最高のパートナーだと言えるだろう。

右奥には鬼才デザイナー、エーロ・アアルニオのさまざまな姿勢で座れる「ポニー」その手間にはイームズソファコンパクト。テーブルを挟んで左手前にはジョージ・ネルソンの「マシュマロソファ」。隣の壁面には1930年代にル・コルビジェらと活躍したシャルロット・ペリアンの棚。そこにはbtfが生み出したキャラクター「コペット」が置かれている。

ミッドセンチュリーの家具でコーディネートされた居心地の良いミーティングスペースは会話も弾み、クリエイティビティを刺激してくれそうな空間だ。

KEYWORDS:マシュマロソファ ジョージネルソン コペット リフレッシュ

COLOR:赤、ピンク

応接・会議室

クリエイティブディレクター青木克憲のミッドセンチュリーなオフィス

宇多田ヒカル、読売巨人軍、コカコーラなど多数の企業をクライアントに持ち、広告にとどまらず、グラフィック、映像など、その活動範囲は多岐にわたる、クリエイティブディレクター青木克憲氏が代表取締役を努めるバタフライ・ストロークのミーティングスペース。

グラフィックデザインされたような天然木目のフローリングに整然と並ぶ黒いチェアはチャールズ&レイ・イームズによって、1958年に発表された不朽の名作「アルミナムグループチェア」。中央に長く伸びるシルバー加工されたミーティングテーブルは目黒区にある「ACME FUNITURE」でのオーダーメイド。最近は作業台としては使用することはなくなったがカッティングシートが2枚(W1800mm×900mm)、4枚とキレイに収まるサイズで、見た目のかっこ良さと機能性を両立した一品。

このテーブルを更にシャープに照らす、コンクリートうちっぱなしの天井から落ちる強烈な存在感のあるヘルツォーク&ド・ムーロンデザインの照明はなかなかお目にはかかれない。右奥にはデニス・サンタキアラの「タティーノ」と巨匠建築家、ミース・ファン・デル・ローエによってデザインされた80年以上も世界中の建築家に愛され続ける「バルセロナチェア」。

青木氏がセレクトしたここにある家具やインテリアの物語を語ればきりのないものばかりだが、その個性あるミッドセンチュリーの家具達は、オーダーメイド家具のシルバー色とうまく調和し、一言で表現するならば「めちゃくちゃかっこいい」空間を形成している。

青木氏は渋谷区渋谷に本社のある、フィールズ株式会社の打ち合わせ室(全21室)を、インテリアスタイリスト長山智美さん、ブックディレクター幅允孝さん、カスタムペインター倉科昌高さんらをコーディネートし最終的なスタイリングをされている。かなりユニークで楽しい空間がズラリ!
是非そちらもご覧いただきたい。

KEYWORDS:タティーノ バルセロナチェア ミッドセンチュリー むきだしの配管 アルミナムチェア

COLOR:黒、グレー

応接・会議室

クリエイティブディレクター青木克憲のミッドセンチュリーなオフィス

宇多田ヒカル、読売巨人軍、コカコーラなど多数の企業をクライアントに持ち、広告にとどまらず、グラフィック、映像など、その活動範囲は多岐にわたる、クリエイティブディレクター青木克憲氏が代表取締役を努めるバタフライ・ストロークのミーティングスペース。

グラフィックデザインされたような天然木目のフローリングに整然と並ぶ黒いチェアはチャールズ&レイ・イームズによって、1958年に発表された不朽の名作「アルミナムグループチェア」。中央に長く伸びるシルバー加工されたミーティングテーブルは目黒区にある「ACME FUNITURE」でのオーダーメイド。最近は作業台としては使用することはなくなったがカッティングシートが2枚(W1800mm×900mm)、4枚とキレイに収まるサイズで、見た目のかっこ良さと機能性を両立した一品。

このテーブルを更にシャープに照らす、コンクリートうちっぱなしの天井から落ちる強烈な存在感のあるヘルツォーク&ド・ムーロンデザインの照明はなかなかお目にはかかれない。右奥にはデニス・サンタキアラの「タティーノ」と巨匠建築家、ミース・ファン・デル・ローエによってデザインされた80年以上も世界中の建築家に愛され続ける「バルセロナチェア」。

青木氏がセレクトしたここにある家具やインテリアの物語を語ればきりのないものばかりだが、その個性あるミッドセンチュリーの家具達は、オーダーメイド家具のシルバー色とうまく調和し、一言で表現するならば「めちゃくちゃかっこいい」空間を形成している。

青木氏は渋谷区渋谷に本社のある、フィールズ株式会社の打ち合わせ室(全21室)を、インテリアスタイリスト長山智美さん、ブックディレクター幅允孝さん、カスタムペインター倉科昌高さんらをコーディネートし最終的なスタイリングをされている。かなりユニークで楽しい空間がズラリ!
是非そちらもご覧いただきたい。

KEYWORDS:リフレッシュ サボテン ミッドセンチュリー イームズ

COLOR:グリーン

応接・会議室

クリエイティブディレクター青木克憲のミッドセンチュリーなオフィス

宇多田ヒカル、読売巨人軍、コカコーラなど多数の企業をクライアントに持ち、広告にとどまらず、グラフィック、映像など、その活動範囲は多岐にわたる、クリエイティブディレクター青木克憲氏が代表取締役を努めるバタフライ・ストロークのミーティングスペース。

グラフィックデザインされたような天然木目のフローリングに整然と並ぶ黒いチェアはチャールズ&レイ・イームズによって、1958年に発表された不朽の名作「アルミナムグループチェア」。中央に長く伸びるシルバー加工されたミーティングテーブルは目黒区にある「ACME FUNITURE」でのオーダーメイド。最近は作業台としては使用することはなくなったがカッティングシートが2枚(W1800mm×900mm)、4枚とキレイに収まるサイズで、見た目のかっこ良さと機能性を両立した一品。

このテーブルを更にシャープに照らす、コンクリートうちっぱなしの天井から落ちる強烈な存在感のあるヘルツォーク&ド・ムーロンデザインの照明はなかなかお目にはかかれない。右奥にはデニス・サンタキアラの「タティーノ」と巨匠建築家、ミース・ファン・デル・ローエによってデザインされた80年以上も世界中の建築家に愛され続ける「バルセロナチェア」。

青木氏がセレクトしたここにある家具やインテリアの物語を語ればきりのないものばかりだが、その個性あるミッドセンチュリーの家具達は、オーダーメイド家具のシルバー色とうまく調和し、一言で表現するならば「めちゃくちゃかっこいい」空間を形成している。

青木氏は渋谷区渋谷に本社のある、フィールズ株式会社の打ち合わせ室(全21室)を、インテリアスタイリスト長山智美さん、ブックディレクター幅允孝さん、カスタムペインター倉科昌高さんらをコーディネートし最終的なスタイリングをされている。かなりユニークで楽しい空間がズラリ!
是非そちらもご覧いただきたい。

KEYWORDS:フローリング むきだしの配管 アルミナムチェア AVラック

COLOR:黒、グレー

応接・会議室

クリエイティブディレクター青木克憲のミッドセンチュリーなオフィス

宇多田ヒカル、読売巨人軍、コカコーラなど多数の企業をクライアントに持ち、広告にとどまらず、グラフィック、映像など、その活動範囲は多岐にわたる、クリエイティブディレクター青木克憲氏が代表取締役を努めるバタフライ・ストロークのミーティングスペース。

グラフィックデザインされたような天然木目のフローリングに整然と並ぶ黒いチェアはチャールズ&レイ・イームズによって、1958年に発表された不朽の名作「アルミナムグループチェア」。中央に長く伸びるシルバー加工されたミーティングテーブルは目黒区にある「ACME FUNITURE」でのオーダーメイド。最近は作業台としては使用することはなくなったがカッティングシートが2枚(W1800mm×900mm)、4枚とキレイに収まるサイズで、見た目のかっこ良さと機能性を両立した一品。

このテーブルを更にシャープに照らす、コンクリートうちっぱなしの天井から落ちる強烈な存在感のあるヘルツォーク&ド・ムーロンデザインの照明はなかなかお目にはかかれない。右奥にはデニス・サンタキアラの「タティーノ」と巨匠建築家、ミース・ファン・デル・ローエによってデザインされた80年以上も世界中の建築家に愛され続ける「バルセロナチェア」。

青木氏がセレクトしたここにある家具やインテリアの物語を語ればきりのないものばかりだが、その個性あるミッドセンチュリーの家具達は、オーダーメイド家具のシルバー色とうまく調和し、一言で表現するならば「めちゃくちゃかっこいい」空間を形成している。

青木氏は渋谷区渋谷に本社のある、フィールズ株式会社の打ち合わせ室(全21室)を、インテリアスタイリスト長山智美さん、ブックディレクター幅允孝さん、カスタムペインター倉科昌高さんらをコーディネートし最終的なスタイリングをされている。かなりユニークで楽しい空間がズラリ!
是非そちらもご覧いただきたい。

KEYWORDS:リフレッシュ タティーノ バルセロナチェア ミッドセンチュリー イームズ

COLOR:黒、グレー

応接・会議室

クリエイティブディレクター青木克憲のミッドセンチュリーなオフィス

宇多田ヒカル、読売巨人軍、コカコーラなど多数の企業をクライアントに持ち、広告にとどまらず、グラフィック、映像など、その活動範囲は多岐にわたる、クリエイティブディレクター青木克憲氏が代表取締役を努めるバタフライ・ストロークのミーティングスペース。

グラフィックデザインされたような天然木目のフローリングに整然と並ぶ黒いチェアはチャールズ&レイ・イームズによって、1958年に発表された不朽の名作「アルミナムグループチェア」。中央に長く伸びるシルバー加工されたミーティングテーブルは目黒区にある「ACME FUNITURE」でのオーダーメイド。最近は作業台としては使用することはなくなったがカッティングシートが2枚(W1800mm×900mm)、4枚とキレイに収まるサイズで、見た目のかっこ良さと機能性を両立した一品。

このテーブルを更にシャープに照らす、コンクリートうちっぱなしの天井から落ちる強烈な存在感のあるヘルツォーク&ド・ムーロンデザインの照明はなかなかお目にはかかれない。右奥にはデニス・サンタキアラの「タティーノ」と巨匠建築家、ミース・ファン・デル・ローエによってデザインされた80年以上も世界中の建築家に愛され続ける「バルセロナチェア」。

青木氏がセレクトしたここにある家具やインテリアの物語を語ればきりのないものばかりだが、その個性あるミッドセンチュリーの家具達は、オーダーメイド家具のシルバー色とうまく調和し、一言で表現するならば「めちゃくちゃかっこいい」空間を形成している。

青木氏は渋谷区渋谷に本社のある、フィールズ株式会社の打ち合わせ室(全21室)を、インテリアスタイリスト長山智美さん、ブックディレクター幅允孝さん、カスタムペインター倉科昌高さんらをコーディネートし最終的なスタイリングをされている。かなりユニークで楽しい空間がズラリ!
是非そちらもご覧いただきたい。

KEYWORDS:エントランス カラフルな壁 ミッドセンチュリー むきだしの配管

COLOR:黄、オレンジ

ワークスペース

デザイナーを刺激するミッドセンチュリーなクリエイティブ空間

ここは、バタフライ・ストロークの制作が働くワークスペース。一昔前であれば、グラフィックデザインの仕事場には切ったり張ったりの作業スペースや暗室などが必要だったが、今はパソコンとデスクと収納があればこと足りるとの事。スタンダードなデスクレイアウトだが、集中することが求められ、且つ効率的な空間活用にはこれがベストな配置である。但しここにも青木氏のこだわりが見てとれる。

ワークデスクはシルバー色の天板鏡面仕上げ、手前のミーティングテーブルは目黒区にある「ACME FUNITURE」」でのオーダーメイド。チェアはすべてイームズの「アルミナムグループチェア」。

手前の壁面には1930年代にル・コルビジェらと活躍したシャルロット・ペリアンの棚。そこにはbtfが生み出したキャラクター「カミロボ」が規則正しくディスプレイされている。また、映像の仕事で使用するためのスピーカーは各フロアに設置されており、デンマークのバング&オルフセン製である。

KEYWORDS:フローリング Macのある部屋 サボテン トロフィー アルミナムチェア

COLOR:ブラウン、ウッド

ワークスペース

デザイナーを刺激するミッドセンチュリーなクリエイティブ空間

ここは、バタフライ・ストロークの制作が働くワークスペース。一昔前であれば、グラフィックデザインの仕事場には切ったり張ったりの作業スペースや暗室などが必要だったが、今はパソコンとデスクと収納があればこと足りるとの事。スタンダードなデスクレイアウトだが、集中することが求められ、且つ効率的な空間活用にはこれがベストな配置である。但しここにも青木氏のこだわりが見てとれる。

ワークデスクはシルバー色の天板鏡面仕上げ、手前のミーティングテーブルは目黒区にある「ACME FUNITURE」」でのオーダーメイド。チェアはすべてイームズの「アルミナムグループチェア」。

手前の壁面には1930年代にル・コルビジェらと活躍したシャルロット・ペリアンの棚。そこにはbtfが生み出したキャラクター「カミロボ」が規則正しくディスプレイされている。また、映像の仕事で使用するためのスピーカーは各フロアに設置されており、デンマークのバング&オルフセン製である。

KEYWORDS:フローリング カラフルなドア アルミナムチェア イームズ ミッドセンチュリー

COLOR:グリーン

ワークスペース

デザイナーを刺激するミッドセンチュリーなクリエイティブ空間

ここは、バタフライ・ストロークの制作が働くワークスペース。一昔前であれば、グラフィックデザインの仕事場には切ったり張ったりの作業スペースや暗室などが必要だったが、今はパソコンとデスクと収納があればこと足りるとの事。スタンダードなデスクレイアウトだが、集中することが求められ、且つ効率的な空間活用にはこれがベストな配置である。但しここにも青木氏のこだわりが見てとれる。

ワークデスクはシルバー色の天板鏡面仕上げ、手前のミーティングテーブルは目黒区にある「ACME FUNITURE」」でのオーダーメイド。チェアはすべてイームズの「アルミナムグループチェア」。

手前の壁面には1930年代にル・コルビジェらと活躍したシャルロット・ペリアンの棚。そこにはbtfが生み出したキャラクター「カミロボ」が規則正しくディスプレイされている。また、映像の仕事で使用するためのスピーカーは各フロアに設置されており、デンマークのバング&オルフセン製である。

KEYWORDS:フローリング 鹿 トロフィー 守り神

COLOR:黄、オレンジ

ワークスペース

デザイナーを刺激するミッドセンチュリーなクリエイティブ空間

ここは、バタフライ・ストロークの制作が働くワークスペース。一昔前であれば、グラフィックデザインの仕事場には切ったり張ったりの作業スペースや暗室などが必要だったが、今はパソコンとデスクと収納があればこと足りるとの事。スタンダードなデスクレイアウトだが、集中することが求められ、且つ効率的な空間活用にはこれがベストな配置である。但しここにも青木氏のこだわりが見てとれる。

ワークデスクはシルバー色の天板鏡面仕上げ、手前のミーティングテーブルは目黒区にある「ACME FUNITURE」」でのオーダーメイド。チェアはすべてイームズの「アルミナムグループチェア」。

手前の壁面には1930年代にル・コルビジェらと活躍したシャルロット・ペリアンの棚。そこにはbtfが生み出したキャラクター「カミロボ」が規則正しくディスプレイされている。また、映像の仕事で使用するためのスピーカーは各フロアに設置されており、デンマークのバング&オルフセン製である。

KEYWORDS:カミロボ Macのある部屋

COLOR:ブラウン、ウッド

ワークスペース

デザイナーを刺激するミッドセンチュリーなクリエイティブ空間

ここは、バタフライ・ストロークの制作が働くワークスペース。一昔前であれば、グラフィックデザインの仕事場には切ったり張ったりの作業スペースや暗室などが必要だったが、今はパソコンとデスクと収納があればこと足りるとの事。スタンダードなデスクレイアウトだが、集中することが求められ、且つ効率的な空間活用にはこれがベストな配置である。但しここにも青木氏のこだわりが見てとれる。

ワークデスクはシルバー色の天板鏡面仕上げ、手前のミーティングテーブルは目黒区にある「ACME FUNITURE」」でのオーダーメイド。チェアはすべてイームズの「アルミナムグループチェア」。

手前の壁面には1930年代にル・コルビジェらと活躍したシャルロット・ペリアンの棚。そこにはbtfが生み出したキャラクター「カミロボ」が規則正しくディスプレイされている。また、映像の仕事で使用するためのスピーカーは各フロアに設置されており、デンマークのバング&オルフセン製である。

KEYWORDS:トイレ カラフルな壁

COLOR:グリーン


特長

宇多田ヒカル、読売巨人軍、コカコーラなど多数の企業をクライアントに持ち、広告にとどまらず、グラフィック、映像など、その活動範囲は多岐にわたる。

バタフライ・ストローク・株式會社(バタフライストローク)

従業員数
電話番号03-5541-0061
FAX番号03-5541-0085
住所104-0041 東京都中央区新富 1−8−2 1−8−2
代表者名青木克憲
事業内容総合的な広告宣伝計画の立案。新聞、雑誌、ポスター、TVコマーシャルなどの企画、制作
URLhttp://www.butterfly-stroke.com/
広さ300m2−499m2

※仕事場投稿日:
(更新日:2016/11/16)

このカテゴリの記事一覧

新着記事

[以下は2016年11月17日のリニューアル前の旧コンテンツです]

※「みんなの仕事場」リニューアルのお知らせ(2016年11月17日)