みんなの仕事場 > 仕事場紹介 > ヤフー株式会社

仕事場紹介

※当コンテンツは2016年11月17日のリニューアル前の旧コンテンツです

ヤフー株式会社

このカテゴリの記事一覧

受付・エントランス

ヤフーのエントランスはシンプルさの中にも日本独自のアピール

「何をするにもいつもそこにYahoo! JAPAN」というメッセージを掲げ、生活をより豊かに、より便利に、価値あるものへと推進する「ライフ・エンジン」を目指すYahoo! JAPAN。新卒入社だけでも毎年200人前後という増員に対応するため、2009年4月、ヒルズ森タワーから東京一の高さを誇る東京ミッドタウンのオフィス棟「ミッドタウンタワー」に機能を全て移転させました。高級ホテル「ザ・リッツ・カールトン東京」も入居する54階建てタワーのうち、ヤフーは現在8階から20階までのフロアへ入居、社内には専用のエレベーターも用意されています。

11階でエレベーターを降りると、来客受付カウンターまで続く黄色いラインが足元のカーペットに描かれています。これなら初めての訪問でも迷う心配はないですね。また、同社が入居している8〜20階まではほかのフロアから独立しているため、ビル2階のエントランスから11階まで直接アプローチが可能となっていることも、訪問者にとって分かりやすい上、同社が経営上の最優先事項に挙げる情報セキュリティの面でも有利となります。最先端のIT企業だけに情報の保護と管理のため最大限の注意が払われ、執務スペースでは社内スタッフであっても無線LANを使用しないこと、情報へのアクセス権限管理、情報区分の明確化などが徹底され、来訪者が目にすることが出来るのは基本的にこの11階の来客用フロアのみとなります。

そうした厳しい情報セキュリティが敷かれてはいても、来訪者を迎える受付スペースは暖色系のカラーリング、ゆったりとしたソファ、所々に置かれた観葉植物、余裕を持ったレイアウトなど、不要な緊張を強いることのないリラックスした空間が用意されています。商業施設であるヒルズ森タワーの華やかさに比べ、オフィス中心の施設であるミッドタウン自体が落ち着いた雰囲気を持っているとのこと。フロアの通路にあたる部分には砂と石を思わせるカラーリングのカーペットが敷かれていますが、これは同社発祥の地であるアメリカ・カリフォルニア州の砂漠をモチーフとして、そこから現在までのつながりをイメージしているのだとか。加えて従来からのコーポレートカラーであるパープルのパーテーションなどで企業イメージがアピールされていますが、2008年1月に日本独自で打ち出した新たなコーポレートカラーである赤と白を取り入れるなど、シンプルさの中にも同社らしさのアピールを念頭に置いたオフィスデザインとなっています。

(このオフィスのデザイン設計は、明豊ファシリティワークス株式会社)

KEYWORDS:大きな窓 カラフルな壁 ホテルライク

COLOR:黄、オレンジ

受付・エントランス

ヤフーのエントランスはシンプルさの中にも日本独自のアピール

「何をするにもいつもそこにYahoo! JAPAN」というメッセージを掲げ、生活をより豊かに、より便利に、価値あるものへと推進する「ライフ・エンジン」を目指すYahoo! JAPAN。新卒入社だけでも毎年200人前後という増員に対応するため、2009年4月、ヒルズ森タワーから東京一の高さを誇る東京ミッドタウンのオフィス棟「ミッドタウンタワー」に機能を全て移転させました。高級ホテル「ザ・リッツ・カールトン東京」も入居する54階建てタワーのうち、ヤフーは現在8階から20階までのフロアへ入居、社内には専用のエレベーターも用意されています。

11階でエレベーターを降りると、来客受付カウンターまで続く黄色いラインが足元のカーペットに描かれています。これなら初めての訪問でも迷う心配はないですね。また、同社が入居している8〜20階まではほかのフロアから独立しているため、ビル2階のエントランスから11階まで直接アプローチが可能となっていることも、訪問者にとって分かりやすい上、同社が経営上の最優先事項に挙げる情報セキュリティの面でも有利となります。最先端のIT企業だけに情報の保護と管理のため最大限の注意が払われ、執務スペースでは社内スタッフであっても無線LANを使用しないこと、情報へのアクセス権限管理、情報区分の明確化などが徹底され、来訪者が目にすることが出来るのは基本的にこの11階の来客用フロアのみとなります。

そうした厳しい情報セキュリティが敷かれてはいても、来訪者を迎える受付スペースは暖色系のカラーリング、ゆったりとしたソファ、所々に置かれた観葉植物、余裕を持ったレイアウトなど、不要な緊張を強いることのないリラックスした空間が用意されています。商業施設であるヒルズ森タワーの華やかさに比べ、オフィス中心の施設であるミッドタウン自体が落ち着いた雰囲気を持っているとのこと。フロアの通路にあたる部分には砂と石を思わせるカラーリングのカーペットが敷かれていますが、これは同社発祥の地であるアメリカ・カリフォルニア州の砂漠をモチーフとして、そこから現在までのつながりをイメージしているのだとか。加えて従来からのコーポレートカラーであるパープルのパーテーションなどで企業イメージがアピールされていますが、2008年1月に日本独自で打ち出した新たなコーポレートカラーである赤と白を取り入れるなど、シンプルさの中にも同社らしさのアピールを念頭に置いたオフィスデザインとなっています。

(このオフィスのデザイン設計は、明豊ファシリティワークス株式会社)

KEYWORDS:大きな窓 カラフルな壁 ホテルライク

COLOR:黄、オレンジ

受付・エントランス

ヤフーのエントランスはシンプルさの中にも日本独自のアピール

「何をするにもいつもそこにYahoo! JAPAN」というメッセージを掲げ、生活をより豊かに、より便利に、価値あるものへと推進する「ライフ・エンジン」を目指すYahoo! JAPAN。新卒入社だけでも毎年200人前後という増員に対応するため、2009年4月、ヒルズ森タワーから東京一の高さを誇る東京ミッドタウンのオフィス棟「ミッドタウンタワー」に機能を全て移転させました。高級ホテル「ザ・リッツ・カールトン東京」も入居する54階建てタワーのうち、ヤフーは現在8階から20階までのフロアへ入居、社内には専用のエレベーターも用意されています。

11階でエレベーターを降りると、来客受付カウンターまで続く黄色いラインが足元のカーペットに描かれています。これなら初めての訪問でも迷う心配はないですね。また、同社が入居している8〜20階まではほかのフロアから独立しているため、ビル2階のエントランスから11階まで直接アプローチが可能となっていることも、訪問者にとって分かりやすい上、同社が経営上の最優先事項に挙げる情報セキュリティの面でも有利となります。最先端のIT企業だけに情報の保護と管理のため最大限の注意が払われ、執務スペースでは社内スタッフであっても無線LANを使用しないこと、情報へのアクセス権限管理、情報区分の明確化などが徹底され、来訪者が目にすることが出来るのは基本的にこの11階の来客用フロアのみとなります。

そうした厳しい情報セキュリティが敷かれてはいても、来訪者を迎える受付スペースは暖色系のカラーリング、ゆったりとしたソファ、所々に置かれた観葉植物、余裕を持ったレイアウトなど、不要な緊張を強いることのないリラックスした空間が用意されています。商業施設であるヒルズ森タワーの華やかさに比べ、オフィス中心の施設であるミッドタウン自体が落ち着いた雰囲気を持っているとのこと。フロアの通路にあたる部分には砂と石を思わせるカラーリングのカーペットが敷かれていますが、これは同社発祥の地であるアメリカ・カリフォルニア州の砂漠をモチーフとして、そこから現在までのつながりをイメージしているのだとか。加えて従来からのコーポレートカラーであるパープルのパーテーションなどで企業イメージがアピールされていますが、2008年1月に日本独自で打ち出した新たなコーポレートカラーである赤と白を取り入れるなど、シンプルさの中にも同社らしさのアピールを念頭に置いたオフィスデザインとなっています。

(このオフィスのデザイン設計は、明豊ファシリティワークス株式会社)

KEYWORDS:大きな窓 カラフルな壁 ホテルライク

COLOR:黄、オレンジ

受付・エントランス

ヤフーのエントランスはシンプルさの中にも日本独自のアピール

「何をするにもいつもそこにYahoo! JAPAN」というメッセージを掲げ、生活をより豊かに、より便利に、価値あるものへと推進する「ライフ・エンジン」を目指すYahoo! JAPAN。新卒入社だけでも毎年200人前後という増員に対応するため、2009年4月、ヒルズ森タワーから東京一の高さを誇る東京ミッドタウンのオフィス棟「ミッドタウンタワー」に機能を全て移転させました。高級ホテル「ザ・リッツ・カールトン東京」も入居する54階建てタワーのうち、ヤフーは現在8階から20階までのフロアへ入居、社内には専用のエレベーターも用意されています。

11階でエレベーターを降りると、来客受付カウンターまで続く黄色いラインが足元のカーペットに描かれています。これなら初めての訪問でも迷う心配はないですね。また、同社が入居している8〜20階まではほかのフロアから独立しているため、ビル2階のエントランスから11階まで直接アプローチが可能となっていることも、訪問者にとって分かりやすい上、同社が経営上の最優先事項に挙げる情報セキュリティの面でも有利となります。最先端のIT企業だけに情報の保護と管理のため最大限の注意が払われ、執務スペースでは社内スタッフであっても無線LANを使用しないこと、情報へのアクセス権限管理、情報区分の明確化などが徹底され、来訪者が目にすることが出来るのは基本的にこの11階の来客用フロアのみとなります。

そうした厳しい情報セキュリティが敷かれてはいても、来訪者を迎える受付スペースは暖色系のカラーリング、ゆったりとしたソファ、所々に置かれた観葉植物、余裕を持ったレイアウトなど、不要な緊張を強いることのないリラックスした空間が用意されています。商業施設であるヒルズ森タワーの華やかさに比べ、オフィス中心の施設であるミッドタウン自体が落ち着いた雰囲気を持っているとのこと。フロアの通路にあたる部分には砂と石を思わせるカラーリングのカーペットが敷かれていますが、これは同社発祥の地であるアメリカ・カリフォルニア州の砂漠をモチーフとして、そこから現在までのつながりをイメージしているのだとか。加えて従来からのコーポレートカラーであるパープルのパーテーションなどで企業イメージがアピールされていますが、2008年1月に日本独自で打ち出した新たなコーポレートカラーである赤と白を取り入れるなど、シンプルさの中にも同社らしさのアピールを念頭に置いたオフィスデザインとなっています。

(このオフィスのデザイン設計は、明豊ファシリティワークス株式会社)

KEYWORDS:大きな窓 カラフルな壁 ホテルライク

COLOR:ベージュ、ナチュラル

受付・エントランス

ヤフーのエントランスはシンプルさの中にも日本独自のアピール

「何をするにもいつもそこにYahoo! JAPAN」というメッセージを掲げ、生活をより豊かに、より便利に、価値あるものへと推進する「ライフ・エンジン」を目指すYahoo! JAPAN。新卒入社だけでも毎年200人前後という増員に対応するため、2009年4月、ヒルズ森タワーから東京一の高さを誇る東京ミッドタウンのオフィス棟「ミッドタウンタワー」に機能を全て移転させました。高級ホテル「ザ・リッツ・カールトン東京」も入居する54階建てタワーのうち、ヤフーは現在8階から20階までのフロアへ入居、社内には専用のエレベーターも用意されています。

11階でエレベーターを降りると、来客受付カウンターまで続く黄色いラインが足元のカーペットに描かれています。これなら初めての訪問でも迷う心配はないですね。また、同社が入居している8〜20階まではほかのフロアから独立しているため、ビル2階のエントランスから11階まで直接アプローチが可能となっていることも、訪問者にとって分かりやすい上、同社が経営上の最優先事項に挙げる情報セキュリティの面でも有利となります。最先端のIT企業だけに情報の保護と管理のため最大限の注意が払われ、執務スペースでは社内スタッフであっても無線LANを使用しないこと、情報へのアクセス権限管理、情報区分の明確化などが徹底され、来訪者が目にすることが出来るのは基本的にこの11階の来客用フロアのみとなります。

そうした厳しい情報セキュリティが敷かれてはいても、来訪者を迎える受付スペースは暖色系のカラーリング、ゆったりとしたソファ、所々に置かれた観葉植物、余裕を持ったレイアウトなど、不要な緊張を強いることのないリラックスした空間が用意されています。商業施設であるヒルズ森タワーの華やかさに比べ、オフィス中心の施設であるミッドタウン自体が落ち着いた雰囲気を持っているとのこと。フロアの通路にあたる部分には砂と石を思わせるカラーリングのカーペットが敷かれていますが、これは同社発祥の地であるアメリカ・カリフォルニア州の砂漠をモチーフとして、そこから現在までのつながりをイメージしているのだとか。加えて従来からのコーポレートカラーであるパープルのパーテーションなどで企業イメージがアピールされていますが、2008年1月に日本独自で打ち出した新たなコーポレートカラーである赤と白を取り入れるなど、シンプルさの中にも同社らしさのアピールを念頭に置いたオフィスデザインとなっています。

(このオフィスのデザイン設計は、明豊ファシリティワークス株式会社)

KEYWORDS:大きな窓 カラフルな壁 ホテルライク

COLOR:ベージュ、ナチュラル

応接・会議室

モノトーンが引き締めるヤフーのミーティングスペース

国内最大の検索エンジンを運営するYahoo! JAPANは2009年4月、ヒルズ森タワーから東京一の高さを誇る東京ミッドタウンのオフィス棟「ミッドタウンタワー」に機能を全て移転させました。

柔らかな暖色系のカラーリングが施された受付エリアとは異なり、モノトーンで統一されたチェアやカーペットが目を引くミーティングスペース。目的に応じてエリアごとのデザインが切り分けられているのもこのオフィスの大きな特色となっています。冷静な判断や決断が必要とされる場所だけに引き締まった印象ですが、大きな窓からは自然光がたっぷりと差し込み室内は明るく、威圧感や閉塞感は感じさせません。

なお11階来客エリア以外のワークスペースは、情報セキュリティにより写真でのご紹介は今回叶いませんでしたが、ミッドタウンへの移転に際して個別ブース型レイアウトからユニバーサルプランによる島型対向デスク配置へ、あわせてパーテーションの高さを以前より低く、デスク面から40cm程度のものへ変更しているとのこと。移転当初こそ社員から戸惑いの声も聞かれたようですが、ユニバーサルプラン導入により組織変更や人員増加への迅速な対応が可能になったことや、低めのパーテーションにより周囲とコミュニケーションが取りやすくなったことなど結果的にメリットが大きく、社員からも好評を得ているとのこと。またパーテーションが低くなったことで空調効率が良くなるという嬉しい効果もあったのだとか。インテリアは、内田洋行のデスク、オカムラのチェアをそれぞれ採用し、ナチュラルなムードの空間にまとめられているとのことです。

(このオフィスのデザイン設計は、明豊ファシリティワークス株式会社)

KEYWORDS:カフェ風 大きな窓

COLOR:黄、オレンジ

応接・会議室

モノトーンが引き締めるヤフーのミーティングスペース

国内最大の検索エンジンを運営するYahoo! JAPANは2009年4月、ヒルズ森タワーから東京一の高さを誇る東京ミッドタウンのオフィス棟「ミッドタウンタワー」に機能を全て移転させました。

柔らかな暖色系のカラーリングが施された受付エリアとは異なり、モノトーンで統一されたチェアやカーペットが目を引くミーティングスペース。目的に応じてエリアごとのデザインが切り分けられているのもこのオフィスの大きな特色となっています。冷静な判断や決断が必要とされる場所だけに引き締まった印象ですが、大きな窓からは自然光がたっぷりと差し込み室内は明るく、威圧感や閉塞感は感じさせません。

なお11階来客エリア以外のワークスペースは、情報セキュリティにより写真でのご紹介は今回叶いませんでしたが、ミッドタウンへの移転に際して個別ブース型レイアウトからユニバーサルプランによる島型対向デスク配置へ、あわせてパーテーションの高さを以前より低く、デスク面から40cm程度のものへ変更しているとのこと。移転当初こそ社員から戸惑いの声も聞かれたようですが、ユニバーサルプラン導入により組織変更や人員増加への迅速な対応が可能になったことや、低めのパーテーションにより周囲とコミュニケーションが取りやすくなったことなど結果的にメリットが大きく、社員からも好評を得ているとのこと。またパーテーションが低くなったことで空調効率が良くなるという嬉しい効果もあったのだとか。インテリアは、内田洋行のデスク、オカムラのチェアをそれぞれ採用し、ナチュラルなムードの空間にまとめられているとのことです。

(このオフィスのデザイン設計は、明豊ファシリティワークス株式会社)

KEYWORDS:カフェ風 大きな窓

COLOR:黄、オレンジ

応接・会議室

モノトーンが引き締めるヤフーのミーティングスペース

国内最大の検索エンジンを運営するYahoo! JAPANは2009年4月、ヒルズ森タワーから東京一の高さを誇る東京ミッドタウンのオフィス棟「ミッドタウンタワー」に機能を全て移転させました。

柔らかな暖色系のカラーリングが施された受付エリアとは異なり、モノトーンで統一されたチェアやカーペットが目を引くミーティングスペース。目的に応じてエリアごとのデザインが切り分けられているのもこのオフィスの大きな特色となっています。冷静な判断や決断が必要とされる場所だけに引き締まった印象ですが、大きな窓からは自然光がたっぷりと差し込み室内は明るく、威圧感や閉塞感は感じさせません。

なお11階来客エリア以外のワークスペースは、情報セキュリティにより写真でのご紹介は今回叶いませんでしたが、ミッドタウンへの移転に際して個別ブース型レイアウトからユニバーサルプランによる島型対向デスク配置へ、あわせてパーテーションの高さを以前より低く、デスク面から40cm程度のものへ変更しているとのこと。移転当初こそ社員から戸惑いの声も聞かれたようですが、ユニバーサルプラン導入により組織変更や人員増加への迅速な対応が可能になったことや、低めのパーテーションにより周囲とコミュニケーションが取りやすくなったことなど結果的にメリットが大きく、社員からも好評を得ているとのこと。またパーテーションが低くなったことで空調効率が良くなるという嬉しい効果もあったのだとか。インテリアは、内田洋行のデスク、オカムラのチェアをそれぞれ採用し、ナチュラルなムードの空間にまとめられているとのことです。

(このオフィスのデザイン設計は、明豊ファシリティワークス株式会社)

KEYWORDS:カフェ風 大きな窓

COLOR:ベージュ、ナチュラル

応接・会議室

モノトーンが引き締めるヤフーのミーティングスペース

国内最大の検索エンジンを運営するYahoo! JAPANは2009年4月、ヒルズ森タワーから東京一の高さを誇る東京ミッドタウンのオフィス棟「ミッドタウンタワー」に機能を全て移転させました。

柔らかな暖色系のカラーリングが施された受付エリアとは異なり、モノトーンで統一されたチェアやカーペットが目を引くミーティングスペース。目的に応じてエリアごとのデザインが切り分けられているのもこのオフィスの大きな特色となっています。冷静な判断や決断が必要とされる場所だけに引き締まった印象ですが、大きな窓からは自然光がたっぷりと差し込み室内は明るく、威圧感や閉塞感は感じさせません。

なお11階来客エリア以外のワークスペースは、情報セキュリティにより写真でのご紹介は今回叶いませんでしたが、ミッドタウンへの移転に際して個別ブース型レイアウトからユニバーサルプランによる島型対向デスク配置へ、あわせてパーテーションの高さを以前より低く、デスク面から40cm程度のものへ変更しているとのこと。移転当初こそ社員から戸惑いの声も聞かれたようですが、ユニバーサルプラン導入により組織変更や人員増加への迅速な対応が可能になったことや、低めのパーテーションにより周囲とコミュニケーションが取りやすくなったことなど結果的にメリットが大きく、社員からも好評を得ているとのこと。またパーテーションが低くなったことで空調効率が良くなるという嬉しい効果もあったのだとか。インテリアは、内田洋行のデスク、オカムラのチェアをそれぞれ採用し、ナチュラルなムードの空間にまとめられているとのことです。

(このオフィスのデザイン設計は、明豊ファシリティワークス株式会社)

KEYWORDS:大きな窓 ガラスの壁

COLOR:ベージュ、ナチュラル

応接・会議室

モノトーンが引き締めるヤフーのミーティングスペース

国内最大の検索エンジンを運営するYahoo! JAPANは2009年4月、ヒルズ森タワーから東京一の高さを誇る東京ミッドタウンのオフィス棟「ミッドタウンタワー」に機能を全て移転させました。

柔らかな暖色系のカラーリングが施された受付エリアとは異なり、モノトーンで統一されたチェアやカーペットが目を引くミーティングスペース。目的に応じてエリアごとのデザインが切り分けられているのもこのオフィスの大きな特色となっています。冷静な判断や決断が必要とされる場所だけに引き締まった印象ですが、大きな窓からは自然光がたっぷりと差し込み室内は明るく、威圧感や閉塞感は感じさせません。

なお11階来客エリア以外のワークスペースは、情報セキュリティにより写真でのご紹介は今回叶いませんでしたが、ミッドタウンへの移転に際して個別ブース型レイアウトからユニバーサルプランによる島型対向デスク配置へ、あわせてパーテーションの高さを以前より低く、デスク面から40cm程度のものへ変更しているとのこと。移転当初こそ社員から戸惑いの声も聞かれたようですが、ユニバーサルプラン導入により組織変更や人員増加への迅速な対応が可能になったことや、低めのパーテーションにより周囲とコミュニケーションが取りやすくなったことなど結果的にメリットが大きく、社員からも好評を得ているとのこと。またパーテーションが低くなったことで空調効率が良くなるという嬉しい効果もあったのだとか。インテリアは、内田洋行のデスク、オカムラのチェアをそれぞれ採用し、ナチュラルなムードの空間にまとめられているとのことです。

(このオフィスのデザイン設計は、明豊ファシリティワークス株式会社)

KEYWORDS:大きな窓 ガラスの壁

COLOR:ベージュ、ナチュラル

休憩・喫煙室

地上11階の空気に触れることの出来るヤフーの屋外ウッドデッキ

国内最大の検索エンジンを運営するYahoo! JAPANは2009年4月、ヒルズ森タワーから東京一の高さを誇る東京ミッドタウンのオフィス棟「ミッドタウンタワー」に機能を全て移転させました。

11階の来客エリアには、高層階としては珍しい外気に触れることの出来る屋外ウッドデッキが設置されています。2枚のガラス戸によって区切られたテラスへ足を踏み出せば、東京タワーや都庁などを見渡すことが出来、来訪者からも好評を得ているとのこと。また屋内に面する三方の壁がガラス張りになっているため自然光がたっぷりと差し込み、フロア全体の明るい印象も高めています。あくまで来客フロアの一部であることから、社内用の休憩スペースとしてではなく主に取材や撮影などで活用されているようです。地上11階という条件ゆえ風の音が大きいことを差し置いても、ともすればエアコンで管理された人口の空気にさらされがちなオフィス空間の中では、自然の空気に触れることの出来る嬉しい空間ですね。ウッドデッキならではの、木を踏みしめる心地良い靴音を耳にするだけでもリラックス出来るのでは。

(このオフィスのデザイン設計は、明豊ファシリティワークス株式会社)

KEYWORDS:大きな窓 木のぬくもり 自慢の眺望 デッキ 窓からの景色

COLOR:ブラウン、ウッド

休憩・喫煙室

地上11階の空気に触れることの出来るヤフーの屋外ウッドデッキ

国内最大の検索エンジンを運営するYahoo! JAPANは2009年4月、ヒルズ森タワーから東京一の高さを誇る東京ミッドタウンのオフィス棟「ミッドタウンタワー」に機能を全て移転させました。

11階の来客エリアには、高層階としては珍しい外気に触れることの出来る屋外ウッドデッキが設置されています。2枚のガラス戸によって区切られたテラスへ足を踏み出せば、東京タワーや都庁などを見渡すことが出来、来訪者からも好評を得ているとのこと。また屋内に面する三方の壁がガラス張りになっているため自然光がたっぷりと差し込み、フロア全体の明るい印象も高めています。あくまで来客フロアの一部であることから、社内用の休憩スペースとしてではなく主に取材や撮影などで活用されているようです。地上11階という条件ゆえ風の音が大きいことを差し置いても、ともすればエアコンで管理された人口の空気にさらされがちなオフィス空間の中では、自然の空気に触れることの出来る嬉しい空間ですね。ウッドデッキならではの、木を踏みしめる心地良い靴音を耳にするだけでもリラックス出来るのでは。

(このオフィスのデザイン設計は、明豊ファシリティワークス株式会社)

KEYWORDS:大きな窓 木のぬくもり 自慢の眺望 デッキ 窓からの景色

COLOR:ネイビー、青

休憩・喫煙室

地上11階の空気に触れることの出来るヤフーの屋外ウッドデッキ

国内最大の検索エンジンを運営するYahoo! JAPANは2009年4月、ヒルズ森タワーから東京一の高さを誇る東京ミッドタウンのオフィス棟「ミッドタウンタワー」に機能を全て移転させました。

11階の来客エリアには、高層階としては珍しい外気に触れることの出来る屋外ウッドデッキが設置されています。2枚のガラス戸によって区切られたテラスへ足を踏み出せば、東京タワーや都庁などを見渡すことが出来、来訪者からも好評を得ているとのこと。また屋内に面する三方の壁がガラス張りになっているため自然光がたっぷりと差し込み、フロア全体の明るい印象も高めています。あくまで来客フロアの一部であることから、社内用の休憩スペースとしてではなく主に取材や撮影などで活用されているようです。地上11階という条件ゆえ風の音が大きいことを差し置いても、ともすればエアコンで管理された人口の空気にさらされがちなオフィス空間の中では、自然の空気に触れることの出来る嬉しい空間ですね。ウッドデッキならではの、木を踏みしめる心地良い靴音を耳にするだけでもリラックス出来るのでは。

(このオフィスのデザイン設計は、明豊ファシリティワークス株式会社)

KEYWORDS:大きな窓 木のぬくもり 自慢の眺望 デッキ 窓からの景色

COLOR:ブラウン、ウッド

休憩・喫煙室

地上11階の空気に触れることの出来るヤフーの屋外ウッドデッキ

国内最大の検索エンジンを運営するYahoo! JAPANは2009年4月、ヒルズ森タワーから東京一の高さを誇る東京ミッドタウンのオフィス棟「ミッドタウンタワー」に機能を全て移転させました。

11階の来客エリアには、高層階としては珍しい外気に触れることの出来る屋外ウッドデッキが設置されています。2枚のガラス戸によって区切られたテラスへ足を踏み出せば、東京タワーや都庁などを見渡すことが出来、来訪者からも好評を得ているとのこと。また屋内に面する三方の壁がガラス張りになっているため自然光がたっぷりと差し込み、フロア全体の明るい印象も高めています。あくまで来客フロアの一部であることから、社内用の休憩スペースとしてではなく主に取材や撮影などで活用されているようです。地上11階という条件ゆえ風の音が大きいことを差し置いても、ともすればエアコンで管理された人口の空気にさらされがちなオフィス空間の中では、自然の空気に触れることの出来る嬉しい空間ですね。ウッドデッキならではの、木を踏みしめる心地良い靴音を耳にするだけでもリラックス出来るのでは。

(このオフィスのデザイン設計は、明豊ファシリティワークス株式会社)

KEYWORDS:大きな窓 自慢の眺望 窓からの景色

COLOR:ベージュ、ナチュラル

休憩・喫煙室

地上11階の空気に触れることの出来るヤフーの屋外ウッドデッキ

国内最大の検索エンジンを運営するYahoo! JAPANは2009年4月、ヒルズ森タワーから東京一の高さを誇る東京ミッドタウンのオフィス棟「ミッドタウンタワー」に機能を全て移転させました。

11階の来客エリアには、高層階としては珍しい外気に触れることの出来る屋外ウッドデッキが設置されています。2枚のガラス戸によって区切られたテラスへ足を踏み出せば、東京タワーや都庁などを見渡すことが出来、来訪者からも好評を得ているとのこと。また屋内に面する三方の壁がガラス張りになっているため自然光がたっぷりと差し込み、フロア全体の明るい印象も高めています。あくまで来客フロアの一部であることから、社内用の休憩スペースとしてではなく主に取材や撮影などで活用されているようです。地上11階という条件ゆえ風の音が大きいことを差し置いても、ともすればエアコンで管理された人口の空気にさらされがちなオフィス空間の中では、自然の空気に触れることの出来る嬉しい空間ですね。ウッドデッキならではの、木を踏みしめる心地良い靴音を耳にするだけでもリラックス出来るのでは。

(このオフィスのデザイン設計は、明豊ファシリティワークス株式会社)

KEYWORDS:大きな窓 自慢の眺望 窓からの景色

COLOR:黄、オレンジ


特長

圧倒的なアクセス数を誇るインターネットサイト「Yahoo! JAPAN」を運営。

ヤフー株式会社(ヤフー)

従業員数1000−
電話番号
FAX番号
住所107-6211 東京都港区赤坂 9-7-1 9-7-1
代表者名井上 雅博
事業内容インターネット上の広告事業・イーコマース事業・会員サービス事業・その他事業
URLhttp://www.yahoo.co.jp/
広さ3000m2以上

※仕事場投稿日:
(更新日:2016/11/16)

このカテゴリの記事一覧

新着記事

[以下は2016年11月17日のリニューアル前の旧コンテンツです]

※「みんなの仕事場」リニューアルのお知らせ(2016年11月17日)