みんなの仕事場 > 仕事場紹介 > ミスター・ユニバース

仕事場紹介

※当コンテンツは2016年11月17日のリニューアル前の旧コンテンツです

ミスター・ユニバース

このカテゴリの記事一覧

応接・会議室

活版印刷のワークショップを行っている蔵前のデザイン事務所

グラフィックデザイン、ブックデザイン、広告制作などを行うアートディレクター関宙明氏が主宰するミスター・ユニバースのオフィスは、もとは八百屋さんだった場所をリノベーションしたものだ。

デザイン事務所というと、マンションの一室などをオフィスにすることが多いが、関氏はデザインの仕事は世の中にあまりよく知られていないこともあり、人の入りやすい場所で外を見ながら仕事も面白いのでは?と考え、台東区蔵前の商店街の一角にある八百屋さんだった物件を、お店だったときの面影をそのまま活かしてオフィスにしてしまった。

もとが八百屋さんだっただけに、水はけを良くするために床に傾斜がつけられており、入り口に近いほうが低くなっていたので、その坂の傾きにあわせて収納もテーブルもスツールも作られている。よく見てみると、どの家具も入り口側の脚が長くなっている。この美しい木目のテーブルは、ミスター・ユニバースがブランドデザインを手がけた御徒町の家具屋さんウッドワーク(http://www.woodwork.co.jp/)が製作したもの。

仕事場を人が入りやすい場所にしたかったのには、ここで活版印刷のワークショップを開くという目的があったから。自分で描いた絵や、デザインしたものをポストカードにできるというワークショップは、不定期に月に2回程度行っているそうだ。
隣は魚屋さん、はす向かいは酒屋さん、そしてここはデザイン事務所。ミスター・ユニバースは下町の商店街にうまく溶け込んでいる。
時々、お店と間違えて人が入って来てしまうこともあるくらいで、関氏の望んでいた通りの環境に仕上がったようだ。

(このオフィスのデザイン設計は河田将吾一級建築士事務所)

KEYWORDS:花 昭和の面影 リノベーション 河田将吾

COLOR:ベージュ、ナチュラル

応接・会議室

活版印刷のワークショップを行っている蔵前のデザイン事務所

グラフィックデザイン、ブックデザイン、広告制作などを行うアートディレクター関宙明氏が主宰するミスター・ユニバースのオフィスは、もとは八百屋さんだった場所をリノベーションしたものだ。

デザイン事務所というと、マンションの一室などをオフィスにすることが多いが、関氏はデザインの仕事は世の中にあまりよく知られていないこともあり、人の入りやすい場所で外を見ながら仕事も面白いのでは?と考え、台東区蔵前の商店街の一角にある八百屋さんだった物件を、お店だったときの面影をそのまま活かしてオフィスにしてしまった。

もとが八百屋さんだっただけに、水はけを良くするために床に傾斜がつけられており、入り口に近いほうが低くなっていたので、その坂の傾きにあわせて収納もテーブルもスツールも作られている。よく見てみると、どの家具も入り口側の脚が長くなっている。この美しい木目のテーブルは、ミスター・ユニバースがブランドデザインを手がけた御徒町の家具屋さんウッドワーク(http://www.woodwork.co.jp/)が製作したもの。

仕事場を人が入りやすい場所にしたかったのには、ここで活版印刷のワークショップを開くという目的があったから。自分で描いた絵や、デザインしたものをポストカードにできるというワークショップは、不定期に月に2回程度行っているそうだ。
隣は魚屋さん、はす向かいは酒屋さん、そしてここはデザイン事務所。ミスター・ユニバースは下町の商店街にうまく溶け込んでいる。
時々、お店と間違えて人が入って来てしまうこともあるくらいで、関氏の望んでいた通りの環境に仕上がったようだ。

(このオフィスのデザイン設計は河田将吾一級建築士事務所)

KEYWORDS:花 昭和の面影 リノベーション 河田将吾

COLOR:ベージュ、ナチュラル

応接・会議室

活版印刷のワークショップを行っている蔵前のデザイン事務所

グラフィックデザイン、ブックデザイン、広告制作などを行うアートディレクター関宙明氏が主宰するミスター・ユニバースのオフィスは、もとは八百屋さんだった場所をリノベーションしたものだ。

デザイン事務所というと、マンションの一室などをオフィスにすることが多いが、関氏はデザインの仕事は世の中にあまりよく知られていないこともあり、人の入りやすい場所で外を見ながら仕事も面白いのでは?と考え、台東区蔵前の商店街の一角にある八百屋さんだった物件を、お店だったときの面影をそのまま活かしてオフィスにしてしまった。

もとが八百屋さんだっただけに、水はけを良くするために床に傾斜がつけられており、入り口に近いほうが低くなっていたので、その坂の傾きにあわせて収納もテーブルもスツールも作られている。よく見てみると、どの家具も入り口側の脚が長くなっている。この美しい木目のテーブルは、ミスター・ユニバースがブランドデザインを手がけた御徒町の家具屋さんウッドワーク(http://www.woodwork.co.jp/)が製作したもの。

仕事場を人が入りやすい場所にしたかったのには、ここで活版印刷のワークショップを開くという目的があったから。自分で描いた絵や、デザインしたものをポストカードにできるというワークショップは、不定期に月に2回程度行っているそうだ。
隣は魚屋さん、はす向かいは酒屋さん、そしてここはデザイン事務所。ミスター・ユニバースは下町の商店街にうまく溶け込んでいる。
時々、お店と間違えて人が入って来てしまうこともあるくらいで、関氏の望んでいた通りの環境に仕上がったようだ。

(このオフィスのデザイン設計は河田将吾一級建築士事務所)

KEYWORDS:花 ペンダントライト 昭和の面影 リノベーション 河田将吾

COLOR:ベージュ、ナチュラル

応接・会議室

活版印刷のワークショップを行っている蔵前のデザイン事務所

グラフィックデザイン、ブックデザイン、広告制作などを行うアートディレクター関宙明氏が主宰するミスター・ユニバースのオフィスは、もとは八百屋さんだった場所をリノベーションしたものだ。

デザイン事務所というと、マンションの一室などをオフィスにすることが多いが、関氏はデザインの仕事は世の中にあまりよく知られていないこともあり、人の入りやすい場所で外を見ながら仕事も面白いのでは?と考え、台東区蔵前の商店街の一角にある八百屋さんだった物件を、お店だったときの面影をそのまま活かしてオフィスにしてしまった。

もとが八百屋さんだっただけに、水はけを良くするために床に傾斜がつけられており、入り口に近いほうが低くなっていたので、その坂の傾きにあわせて収納もテーブルもスツールも作られている。よく見てみると、どの家具も入り口側の脚が長くなっている。この美しい木目のテーブルは、ミスター・ユニバースがブランドデザインを手がけた御徒町の家具屋さんウッドワーク(http://www.woodwork.co.jp/)が製作したもの。

仕事場を人が入りやすい場所にしたかったのには、ここで活版印刷のワークショップを開くという目的があったから。自分で描いた絵や、デザインしたものをポストカードにできるというワークショップは、不定期に月に2回程度行っているそうだ。
隣は魚屋さん、はす向かいは酒屋さん、そしてここはデザイン事務所。ミスター・ユニバースは下町の商店街にうまく溶け込んでいる。
時々、お店と間違えて人が入って来てしまうこともあるくらいで、関氏の望んでいた通りの環境に仕上がったようだ。

(このオフィスのデザイン設計は河田将吾一級建築士事務所)

KEYWORDS:花 昭和の面影 リノベーション 河田将吾

COLOR:ベージュ、ナチュラル

応接・会議室

活版印刷のワークショップを行っている蔵前のデザイン事務所

グラフィックデザイン、ブックデザイン、広告制作などを行うアートディレクター関宙明氏が主宰するミスター・ユニバースのオフィスは、もとは八百屋さんだった場所をリノベーションしたものだ。

デザイン事務所というと、マンションの一室などをオフィスにすることが多いが、関氏はデザインの仕事は世の中にあまりよく知られていないこともあり、人の入りやすい場所で外を見ながら仕事も面白いのでは?と考え、台東区蔵前の商店街の一角にある八百屋さんだった物件を、お店だったときの面影をそのまま活かしてオフィスにしてしまった。

もとが八百屋さんだっただけに、水はけを良くするために床に傾斜がつけられており、入り口に近いほうが低くなっていたので、その坂の傾きにあわせて収納もテーブルもスツールも作られている。よく見てみると、どの家具も入り口側の脚が長くなっている。この美しい木目のテーブルは、ミスター・ユニバースがブランドデザインを手がけた御徒町の家具屋さんウッドワーク(http://www.woodwork.co.jp/)が製作したもの。

仕事場を人が入りやすい場所にしたかったのには、ここで活版印刷のワークショップを開くという目的があったから。自分で描いた絵や、デザインしたものをポストカードにできるというワークショップは、不定期に月に2回程度行っているそうだ。
隣は魚屋さん、はす向かいは酒屋さん、そしてここはデザイン事務所。ミスター・ユニバースは下町の商店街にうまく溶け込んでいる。
時々、お店と間違えて人が入って来てしまうこともあるくらいで、関氏の望んでいた通りの環境に仕上がったようだ。

(このオフィスのデザイン設計は河田将吾一級建築士事務所)

KEYWORDS:花 昭和の面影 リノベーション 河田将吾

COLOR:ベージュ、ナチュラル

ワークスペース

商店街にあるデザイン事務所はもと八百屋さん

グラフィックデザイン、ブックデザイン、広告制作などを行うアートディレクター関宙明氏が主宰するミスター・ユニバースのオフィスは、台東区蔵前の商店街の一角にある、もとは八百屋さんだった場所をリノベーションしたものだ。

仕事場が道路に面しているという環境は、人と接触しやすくなり、この街自体の雰囲気もあって実際に入ってきて声をかけてくれる人もいるという。
関氏は、この街が好きで、地域のコミュニティを活性化させたいとの考えから、率先して散策地図をつくるなど精力的に活動している。

ワークスペースでは、グラフィックデザインには欠かせない大きな画面のiMacの手前に黒いカッティングマットが敷かれ、PC作業以外にも便利な作りだ。座席からは外の景色がよく見えつつも、外から手元の様子は見えないという、ほど良い高さのパネルでミーティングスペースとは区切られていて、外部とのコミュニケーションと機密保持をバランスよく両立させている。もとが八百屋さんだっただけに、商品の陳列用に床に傾斜がついているので、奥にあるワークスペースは、入り口よりすこし高い位置にあって見晴らしがいい。

奥から関氏の席、グラフィックデザイナー松村さんの席、手前はマネージャー浜田さんの席。

(このオフィスのデザイン設計は河田将吾一級建築士事務所)

KEYWORDS:Macのある部屋 木のぬくもり 昭和の面影 デザイナーズオフィス 河田将吾

COLOR:ベージュ、ナチュラル

ワークスペース

商店街にあるデザイン事務所はもと八百屋さん

グラフィックデザイン、ブックデザイン、広告制作などを行うアートディレクター関宙明氏が主宰するミスター・ユニバースのオフィスは、台東区蔵前の商店街の一角にある、もとは八百屋さんだった場所をリノベーションしたものだ。

仕事場が道路に面しているという環境は、人と接触しやすくなり、この街自体の雰囲気もあって実際に入ってきて声をかけてくれる人もいるという。
関氏は、この街が好きで、地域のコミュニティを活性化させたいとの考えから、率先して散策地図をつくるなど精力的に活動している。

ワークスペースでは、グラフィックデザインには欠かせない大きな画面のiMacの手前に黒いカッティングマットが敷かれ、PC作業以外にも便利な作りだ。座席からは外の景色がよく見えつつも、外から手元の様子は見えないという、ほど良い高さのパネルでミーティングスペースとは区切られていて、外部とのコミュニケーションと機密保持をバランスよく両立させている。もとが八百屋さんだっただけに、商品の陳列用に床に傾斜がついているので、奥にあるワークスペースは、入り口よりすこし高い位置にあって見晴らしがいい。

奥から関氏の席、グラフィックデザイナー松村さんの席、手前はマネージャー浜田さんの席。

(このオフィスのデザイン設計は河田将吾一級建築士事務所)

KEYWORDS:Macのある部屋 木のぬくもり 昭和の面影 デザイナーズオフィス 河田将吾

COLOR:ベージュ、ナチュラル

ワークスペース

商店街にあるデザイン事務所はもと八百屋さん

グラフィックデザイン、ブックデザイン、広告制作などを行うアートディレクター関宙明氏が主宰するミスター・ユニバースのオフィスは、台東区蔵前の商店街の一角にある、もとは八百屋さんだった場所をリノベーションしたものだ。

仕事場が道路に面しているという環境は、人と接触しやすくなり、この街自体の雰囲気もあって実際に入ってきて声をかけてくれる人もいるという。
関氏は、この街が好きで、地域のコミュニティを活性化させたいとの考えから、率先して散策地図をつくるなど精力的に活動している。

ワークスペースでは、グラフィックデザインには欠かせない大きな画面のiMacの手前に黒いカッティングマットが敷かれ、PC作業以外にも便利な作りだ。座席からは外の景色がよく見えつつも、外から手元の様子は見えないという、ほど良い高さのパネルでミーティングスペースとは区切られていて、外部とのコミュニケーションと機密保持をバランスよく両立させている。もとが八百屋さんだっただけに、商品の陳列用に床に傾斜がついているので、奥にあるワークスペースは、入り口よりすこし高い位置にあって見晴らしがいい。

奥から関氏の席、グラフィックデザイナー松村さんの席、手前はマネージャー浜田さんの席。

(このオフィスのデザイン設計は河田将吾一級建築士事務所)

KEYWORDS:Macのある部屋 木のぬくもり 昭和の面影 デザイナーズオフィス 河田将吾

COLOR:ベージュ、ナチュラル

ワークスペース

商店街にあるデザイン事務所はもと八百屋さん

グラフィックデザイン、ブックデザイン、広告制作などを行うアートディレクター関宙明氏が主宰するミスター・ユニバースのオフィスは、台東区蔵前の商店街の一角にある、もとは八百屋さんだった場所をリノベーションしたものだ。

仕事場が道路に面しているという環境は、人と接触しやすくなり、この街自体の雰囲気もあって実際に入ってきて声をかけてくれる人もいるという。
関氏は、この街が好きで、地域のコミュニティを活性化させたいとの考えから、率先して散策地図をつくるなど精力的に活動している。

ワークスペースでは、グラフィックデザインには欠かせない大きな画面のiMacの手前に黒いカッティングマットが敷かれ、PC作業以外にも便利な作りだ。座席からは外の景色がよく見えつつも、外から手元の様子は見えないという、ほど良い高さのパネルでミーティングスペースとは区切られていて、外部とのコミュニケーションと機密保持をバランスよく両立させている。もとが八百屋さんだっただけに、商品の陳列用に床に傾斜がついているので、奥にあるワークスペースは、入り口よりすこし高い位置にあって見晴らしがいい。

奥から関氏の席、グラフィックデザイナー松村さんの席、手前はマネージャー浜田さんの席。

(このオフィスのデザイン設計は河田将吾一級建築士事務所)

KEYWORDS:Macのある部屋 木のぬくもり 昭和の面影 デザイナーズオフィス 河田将吾

COLOR:ベージュ、ナチュラル

ワークスペース

商店街にあるデザイン事務所はもと八百屋さん

グラフィックデザイン、ブックデザイン、広告制作などを行うアートディレクター関宙明氏が主宰するミスター・ユニバースのオフィスは、台東区蔵前の商店街の一角にある、もとは八百屋さんだった場所をリノベーションしたものだ。

仕事場が道路に面しているという環境は、人と接触しやすくなり、この街自体の雰囲気もあって実際に入ってきて声をかけてくれる人もいるという。
関氏は、この街が好きで、地域のコミュニティを活性化させたいとの考えから、率先して散策地図をつくるなど精力的に活動している。

ワークスペースでは、グラフィックデザインには欠かせない大きな画面のiMacの手前に黒いカッティングマットが敷かれ、PC作業以外にも便利な作りだ。座席からは外の景色がよく見えつつも、外から手元の様子は見えないという、ほど良い高さのパネルでミーティングスペースとは区切られていて、外部とのコミュニケーションと機密保持をバランスよく両立させている。もとが八百屋さんだっただけに、商品の陳列用に床に傾斜がついているので、奥にあるワークスペースは、入り口よりすこし高い位置にあって見晴らしがいい。

奥から関氏の席、グラフィックデザイナー松村さんの席、手前はマネージャー浜田さんの席。

(このオフィスのデザイン設計は河田将吾一級建築士事務所)

KEYWORDS:Macのある部屋 木のぬくもり 昭和の面影 デザイナーズオフィス 河田将吾

COLOR:ベージュ、ナチュラル

マイデスク

活版印刷を愛するアートディレクター関宙明氏のデスク

24インチのiMacと、その脇にアップルシネマディスプレイが置かれているのは、アートディレクター関宙明氏のデスクです。

アンティークのチェアにさりげなくコーディネートされた手帳とペンケースが見逃せません。

(このオフィスのデザイン設計は河田将吾一級建築士事務所)

KEYWORDS:Macのある部屋 木のぬくもり imac シネマディスプレイ

COLOR:ベージュ、ナチュラル

マイデスク

活版印刷を愛するアートディレクター関宙明氏のデスク

24インチのiMacと、その脇にアップルシネマディスプレイが置かれているのは、アートディレクター関宙明氏のデスクです。

アンティークのチェアにさりげなくコーディネートされた手帳とペンケースが見逃せません。

(このオフィスのデザイン設計は河田将吾一級建築士事務所)

KEYWORDS:Macのある部屋 木のぬくもり imac シネマディスプレイ アンティーク

COLOR:ベージュ、ナチュラル

マイデスク

蔵前で働くグラフィックデザイナーのデスク

グラフィックデザインをするために必要なもの以外は何もない・・完璧なまでに整頓された女性デザイナーのデスクです。
カッティングマットがマウスパッドも兼ねているようです。

ここに座ったら仕事モードに突入!という感じなのでしょうか。

(このオフィスのデザイン設計は河田将吾一級建築士事務所)

KEYWORDS:Macのある部屋 木のぬくもり カッティングマット imac

COLOR:ベージュ、ナチュラル

マイデスク

蔵前で働くグラフィックデザイナーのデスク

グラフィックデザインをするために必要なもの以外は何もない・・完璧なまでに整頓された女性デザイナーのデスクです。
カッティングマットがマウスパッドも兼ねているようです。

ここに座ったら仕事モードに突入!という感じなのでしょうか。

(このオフィスのデザイン設計は河田将吾一級建築士事務所)

KEYWORDS:Macのある部屋 木のぬくもり カッティングマット imac

COLOR:ベージュ、ナチュラル

その他

ミスター・ユニバースにある活版印刷関連アイテム

活版印刷をこよなく愛するアートディレクター関宙明氏が率いる「ミスター・ユニバース」では、月に2回ワークショップを行っている。
その際に使われる、こだわりの活版印刷関連アイテム。

■金属活字
木の箱に綺麗に納められているのは、ひとつひとつが印刷に使われる活字で、これを並べて文字列を作ります。

■印刷機
活版印刷を行う小型の印刷機。
名刺、葉書サイズであれば、この場で印刷できてしまいます。

■散策地図(周辺マップ)
額縁に入れられているのは、誰にも頼まれていないのに作ってしまったという周辺マップ。

(このオフィスのデザイン設計は河田将吾一級建築士事務所)

KEYWORDS:昭和の面影 リノベーション 河田将吾 活版印刷 ワークショップ

COLOR:ベージュ、ナチュラル

その他

ミスター・ユニバースにある活版印刷関連アイテム

活版印刷をこよなく愛するアートディレクター関宙明氏が率いる「ミスター・ユニバース」では、月に2回ワークショップを行っている。
その際に使われる、こだわりの活版印刷関連アイテム。

■金属活字
木の箱に綺麗に納められているのは、ひとつひとつが印刷に使われる活字で、これを並べて文字列を作ります。

■印刷機
活版印刷を行う小型の印刷機。
名刺、葉書サイズであれば、この場で印刷できてしまいます。

■散策地図(周辺マップ)
額縁に入れられているのは、誰にも頼まれていないのに作ってしまったという周辺マップ。

(このオフィスのデザイン設計は河田将吾一級建築士事務所)

KEYWORDS:昭和の面影 リノベーション 河田将吾 金属活字

COLOR:黒、グレー

その他

ミスター・ユニバースにある活版印刷関連アイテム

活版印刷をこよなく愛するアートディレクター関宙明氏が率いる「ミスター・ユニバース」では、月に2回ワークショップを行っている。
その際に使われる、こだわりの活版印刷関連アイテム。

■金属活字
木の箱に綺麗に納められているのは、ひとつひとつが印刷に使われる活字で、これを並べて文字列を作ります。

■印刷機
活版印刷を行う小型の印刷機。
名刺、葉書サイズであれば、この場で印刷できてしまいます。

■散策地図(周辺マップ)
額縁に入れられているのは、誰にも頼まれていないのに作ってしまったという周辺マップ。

(このオフィスのデザイン設計は河田将吾一級建築士事務所)

KEYWORDS:昭和の面影 リノベーション 河田将吾

COLOR:ブラウン、ウッド

その他

ミスター・ユニバースにある活版印刷関連アイテム

活版印刷をこよなく愛するアートディレクター関宙明氏が率いる「ミスター・ユニバース」では、月に2回ワークショップを行っている。
その際に使われる、こだわりの活版印刷関連アイテム。

■金属活字
木の箱に綺麗に納められているのは、ひとつひとつが印刷に使われる活字で、これを並べて文字列を作ります。

■印刷機
活版印刷を行う小型の印刷機。
名刺、葉書サイズであれば、この場で印刷できてしまいます。

■散策地図(周辺マップ)
額縁に入れられているのは、誰にも頼まれていないのに作ってしまったという周辺マップ。

(このオフィスのデザイン設計は河田将吾一級建築士事務所)

KEYWORDS:昭和の面影 リノベーション 河田将吾 印刷機

COLOR:グリーン

その他

ミスター・ユニバースにある活版印刷関連アイテム

活版印刷をこよなく愛するアートディレクター関宙明氏が率いる「ミスター・ユニバース」では、月に2回ワークショップを行っている。
その際に使われる、こだわりの活版印刷関連アイテム。

■金属活字
木の箱に綺麗に納められているのは、ひとつひとつが印刷に使われる活字で、これを並べて文字列を作ります。

■印刷機
活版印刷を行う小型の印刷機。
名刺、葉書サイズであれば、この場で印刷できてしまいます。

■散策地図(周辺マップ)
額縁に入れられているのは、誰にも頼まれていないのに作ってしまったという周辺マップ。

(このオフィスのデザイン設計は河田将吾一級建築士事務所)

KEYWORDS:昭和の面影 リノベーション 河田将吾 散策地図

COLOR:ベージュ、ナチュラル


特長

グラフィックデザイン、ブックデザイン、広告制作などを行うアートディレクター関宙明氏が主宰するデザイン事務所。

活版印刷のワークショップ

自分で描いた絵や、デザインしたものをポストカードにできるというワークショップは、不定期に月に2回程度行っている。

ミスター・ユニバース(ミスターユニバース)

従業員数〜9
電話番号03-3866-2721
FAX番号050-3588-0922
住所111-0051 東京都台東区蔵前 4-27-8 4-27-8
代表者名関 宙明
事業内容1.広告・書籍等のグラフィックデザインとブランド構築デザインコンサルティング、商品開発。2.活版印刷のワークショップ
URLhttp://www.mr-universe.jp/
広さ30m2−49m2

※仕事場投稿日:
(更新日:2016/11/16)

このカテゴリの記事一覧

新着記事

[以下は2016年11月17日のリニューアル前の旧コンテンツです]

※「みんなの仕事場」リニューアルのお知らせ(2016年11月17日)