みんなの仕事場 > 仕事場紹介 > 株式会社ライブレボリューション

仕事場紹介

※当コンテンツは2016年11月17日のリニューアル前の旧コンテンツです

株式会社ライブレボリューション

このカテゴリの記事一覧

受付・エントランス

宇宙船へようこそ。リニューアルされた株式会社ライブレボリューションのオフィス。

スマートフォン広告代理店(モバイル広告代理店)事業を通して『お客様の利益創造活動』に貢献し、お客様を成功と幸せへと導くプロフェッショナルサービスを提供する株式会社ライブレボリューション。2000年8月の設立以来、さまざまなサービスや事業を生み出し続け、2011年4月にはオフィスをリニューアル、これまでの倍の広さへ増床するなど順調な成長を続けています。増永代表自らが指揮を取られた今回のリニューアルコンセプトは、ずばり「宇宙船」!同社のビジョンである「宇宙一の企業」をかたちにするべく、オフィス全体が宇宙船をモチーフにデザインされています。すごい!

(このオフィスリニューアルのデザイン・設計はデザインホルダー株式会社)

KEYWORDS:パントンチェア ガラスの壁 受付カウンター ロゴ

COLOR:黄、オレンジ

受付・エントランス

宇宙船へようこそ。リニューアルされた株式会社ライブレボリューションのオフィス。

曲線や円を多用したデザインと今回のリニューアルでテーマカラーとなったオレンジのカラーリングで構成されたエントランス。カウンターの背面に輝くコーポレートロゴの「L」と「R」を組み合わせたマークは、増永代表ご自身の考案によるものです。

(このオフィスリニューアルのデザイン・設計はデザインホルダー株式会社)

KEYWORDS:ロゴ 受付カウンター

COLOR:黄、オレンジ

受付・エントランス

宇宙船へようこそ。リニューアルされた株式会社ライブレボリューションのオフィス。

エントランス内部には来客スペースが設けられています。流れるような曲線でデザインされたパントンチェアも、宇宙船のイメージに見事にマッチ。

(このオフィスリニューアルのデザイン・設計はデザインホルダー株式会社)

KEYWORDS:パントンチェア 白い椅子 ガラスの壁

COLOR:黒、グレー

受付・エントランス

おもてなし&くつろぎの社内バー「L.BAR(エル・バール)」

来客スペースには、お客様へのおもてなし、そしてメンバーのくつろぎの場である「L.BAR(エル・バール)」が併設されています。

(このオフィスリニューアルのデザイン・設計はデザインホルダー株式会社)

KEYWORDS:カウンタースツール バー風

COLOR:黒、グレー

受付・エントランス

おもてなし&くつろぎの社内バー「L.BAR(エル・バール)」

ロゴマークのあしらわれたオリジナルデザインのマグカップや紙コップなど、細部に至るまでこだわりが発揮されています。

(このオフィスリニューアルのデザイン・設計はデザインホルダー株式会社)

KEYWORDS:バー風 オリジナルグッズ

COLOR:黄、オレンジ

応接・会議室

宇宙船へようこそ。リニューアルされた株式会社ライブレボリューションのオフィス。

目の錯覚ではありません。傾斜したガラス壁が宇宙船気分をさらに盛り上げます。構造的にもかなり難易度が高かったのだとか。まるでSF映画の中に入り込んでしまったかのようです。

(このオフィスリニューアルのデザイン・設計はデザインホルダー株式会社)

KEYWORDS:ガラスの壁 大きな窓 カッシーナ ローリングフレーム

COLOR:黒、グレー

応接・会議室

厳選されたインテリアが揃う会議室。

傾斜した壁やシルバーを基調としたインテリアなど、なるほどSF映画に登場しそうな会議室です。整然と並ぶローリングフレームのクールでメタリックな質感も宇宙船のイメージにぴったりです。

(このオフィスリニューアルのデザイン・設計はデザインホルダー株式会社)

KEYWORDS:カッシーナ ローリングフレーム 大きな窓 ガラス壁 白い椅子

COLOR:白

ホール・研修室

圧巻のセミナールーム。

今回のリニューアルでいちばん重点を置いたと増永代表が語る、130名以上を収容できるセミナールーム。数々の会社説明会・セミナーランキングにおいて高い人気を誇り、ピーク時には毎日100人以上が訪れる同社オフィスの象徴ともいえるスペースです。講師が参加者全員の反応を確認出来るレイアウト、後方席用の天井モニターや音響と照明の調整室を設けるなど、1回1回のセミナーを充実させるためのさまざまな配慮がされています。

(このオフィスリニューアルのデザイン・設計はデザインホルダー株式会社)

KEYWORDS:赤い椅子

COLOR:黒、グレー

ホール・研修室

圧巻のセミナールーム。

フロアより60センチ高く設えられた演壇にはスクリーンが完備されています。大きく気持ちの良いガラス窓の向こうには東京タワー、六本木ヒルズといった東京を代表するランドマークを望むことが出来ます。説明会の休憩時間にはほとんどの参加者が携帯電話で写真を撮っていくというエピソードにも納得です。そうしたところからこのセミナールームや会社の評判が、口コミでさらに広がってゆくという嬉しい効果にもつながっています。

(このオフィスリニューアルのデザイン・設計はデザインホルダー株式会社)

KEYWORDS:大きな窓 自慢の眺望 スクリーン

COLOR:黒、グレー

ホール・研修室

オフィスを見渡せる見学ステージ。

今回のリニューアルで新設された、オフィス全体を見渡すことの出来る見学用ステージです。会社説明会の一環として行なわれるオフィス見学会ではこれまで執務エリア内へ参加者を案内していたそうですが、このステージの新設により執務エリアの機密が保たれ、セキュリティレベルも向上しています。

(このオフィスリニューアルのデザイン・設計はデザインホルダー株式会社)

KEYWORDS:カラスの壁

COLOR:黄、オレンジ

ワークスペース

いい仕事は快適なワークスペースから。

「リニューアルのデメリットをあえて挙げるなら、フロアの端から端が遠くなったこと(笑)」と増永代表が語られていたのはこのことですね。とにかく広いワークスペースです。増床以前から使用されていたスペースも、カーペットを張替え、柱の色を合わせるなど、新設部分との違和感がないようになっています。

(このオフィスリニューアルのデザイン・設計はデザインホルダー株式会社)

KEYWORDS:オカムラ バロン 白い椅子

COLOR:黄、オレンジ

ワークスペース

いい仕事は快適なワークスペースから。

今回のリニューアルに先立ち、執務エリアの椅子はオカムラのエルゴノミックメッシュチェア「バロン」に統一されています。またこのオフィスではデュアルモニターが基本、業務内容によってはトリプルモニターが用意され、さらにリニューアルにあわせて1人1人のデスクスペースも広げられるなど、いい仕事を生み出すためのゆとりある快適な環境がさまざまなポイントで実現されています。WindowsとMacの両PC環境、検証用の各種モバイル端末も、もちろん完備されています。

(このオフィスリニューアルのデザイン・設計はデザインホルダー株式会社)

KEYWORDS:オカムラ バロン 白い椅子

COLOR:白

ワークスペース

なにげないコミュニケーションから生まれるアイデア。

こちらはワークスペースに連続して設けられたオープンなミーティングスペース。ちょっとした打ち合わせもすぐに出来るようになっています。

(このオフィスリニューアルのデザイン・設計はデザインホルダー株式会社)

KEYWORDS:ガラスの壁 赤い椅子

COLOR:黒、グレー

社長・役員室

ここが宇宙船の心臓部。増永寛之代表取締役社長のデスク。

いよいよ宇宙船の操縦室ともいえる代表席へやってきました。フロアからせり上げられた円形ステージに、金属製のタラップや手すり、まさに宇宙船気分です!

(このオフィスリニューアルのデザイン・設計はデザインホルダー株式会社)

KEYWORDS:階段

COLOR:黄、オレンジ

社長・役員室

ここが宇宙船の心臓部。増永寛之代表取締役社長のデスク。

イタリアンインダストリアルデザインの名門ジウジアーロデザインが手がけたオカムラのエルゴノミックメッシュチェア「コンテッサ」に、カッシーナのローリングフレーム。日本に数台しかないというレアな仕様のUSMキトスのデスク。スタイリッシュで精悍なインテリアの数々が「宇宙船」というイメージを盛り上げます。

増永代表のロングインタビューはこちらから。

●経営者のオフィス戦略 Vol.20
http://www.shigotoba.net/learn/special/managers/details/020/

(このオフィスリニューアルのデザイン・設計はデザインホルダー株式会社)

KEYWORDS:オカムラ コンテッサ 黒い椅子 USM

COLOR:黒、グレー

社長・役員室

ここが宇宙船の心臓部。増永寛之代表取締役社長のデスク。

ここが、宇宙一を目指すライブレボリューションの司令塔です。黒とシルバーで統一された、威厳と落ち着きの感じられる空間です。

(このオフィスリニューアルのデザイン・設計はデザインホルダー株式会社)

KEYWORDS:オカムラ コンテッサ 黒い椅子 USM

COLOR:黒、グレー

社長・役員室

代表席から渡り廊下でつながるサブミーティングスペース。

宙に浮いた渡り廊下が、応接室的な役割を持つサブミーティングスペースと代表席とつなげています。ゲストが着席すると増永代表が空中を通って登場する、という仕組みです。気分はもはやSF映画ですね。

(このオフィスリニューアルのデザイン・設計はデザインホルダー株式会社)

KEYWORDS:渡り廊下

COLOR:黄、オレンジ

社長・役員室

代表席から渡り廊下でつながるサブミーティングスペース。

ゲストを迎えるサブミーティングスペースも、カッシーナ・イクスシーのエアフレームミッドソファとUSMモジュラーファニチャーハラーシリーズでスタイリッシュにまとめられています。黒を基調とした代表スペースの中に、ソファの赤があざやかに映えます。

(このオフィスリニューアルのデザイン・設計はデザインホルダー株式会社)

KEYWORDS:カッシーナ イクスシー エアフレーム ハラー 赤い椅子

COLOR:赤、ピンク


特長

ライブレボリューションは「宇宙一の企業」を目指しています。しかし、それは売上や利益における宇宙一ではありません。当社が目指しているのは「宇宙一愛される企業」です。たとえ売上や利益が小さくとも「愛される」ということが大切だと考えています。「愛される企業」を目指すことで、売上や利益を第一に追求している会社とは異なったアプローチで経営されています。もちろん、「愛される」というのはお客様だけとは限りません。社内のメンバー、株主、取引先、当社と関わるすべての人から愛されるよう事業を行ってまいります。

メンバー第一、顧客第二主義

当社では従業員のことを「メンバー」と呼んでいます。メンバーの満足度が高くなければ、顧客の満足度も高まらないという考えのもと、この「メンバー第一、顧客第二主義」を徹底しています。「お客様のために」といった合言葉の下に、メンバーに過酷な労働を強いるようなことは決してありません。メンバーあっての会社なのですから。

会社はメンバーそのもの

「会社は誰のものか」といった議論を耳にすることがあります。制度上は「株主のもの」なのかもしれません。しかし、当社では「誰のもの」という意識で会社を見ていません。私たちは「会社はメンバーそのもの」と考えているからです。会社はメンバーが集まって形成されています。メンバー当人も、隣の仲間も、みんな含めて会社なのです。従って、世間一般では「会社のために働きたくない」「会社に使われたくない」という言葉を耳にしますが、それらは結局のところ、自分自身や仲間のために働きたくないといっているのと同じではないでしょうか。組織は「強みを発揮するためにある」といわれています。それぞれの強みを発揮し、それぞれの弱みをカバーすることで、個々で働くよりも高いパフォーマンスを発揮することができます。ひとりで営業から経理までやっていたのでは大変ですし、それでは専門性を追求することが難しいでしょう。組織で働くことで、それぞれが得意分野を追求することができるようになります。

LR HEART

「会社に心はない」こういった発想は、会社を「モノ」や「道具」として扱っている人たちの発想です。たとえばそういった経営者からみれば「会社」は言うに及ばず、そこで働く従業員さえも、ビジネスで儲けるための「道具」なのでしょう。これとは対照的に、当社は会社をモノとは考えていません。メンバーが集まった「心」ある存在であると考えます。そんな当社の「心」を明文化したものが『LR HEART』なのです。2005年4月に、この『LR HEART』は生まれました。それ以来、毎朝一ページ(通常3項目)ずつ、スタートアップミーティングにて読み合わせをしています。また、当社は『LR HEART』に共感した人しか採用していません。それによって、当社の価値観や文化が、他の会社とは比べ物にならないくらいはっきりと形作られています。ちなみに、『LR HEART』をつくることになったのは、世界的に有名な「ザ・リッツ・カールトン・ホテル」を代表である増永が訪れたことがきっかけです。その際、増永は同ホテルの人事部長さまから「クレドカード」について直接レクチャーを受けたのです。増永が「なぜ、世界中のリッツのみなさまは、クレドカードに書かれた内容をきちんと守れるのですか」という質問を投げかけたところ、「ここには人間として正しいことしか書いていないからです」という答えが返ってきました。その瞬間、「これは当社でも間違いなく機能する」という確信を得たとの事。この『LR HEART』の中には、業種や立場に一切左右されない本質的なことが記されています。


商品・サービス

スマートフォン広告代理店(モバイル広告代理店)事業

モバイル広告市場がフィーチャーフォンからスマートフォンへ移行するトレンドを見越して、当社は、2011年よりスマートフォン広告の代理事業を本格的に開始しました。iPhone広告、Android広告を中心に、広告出稿クライアント様のスマートフォンプロモーションの成功をサポートいたします。同時に、モバイル広告市場においては、モバイル純広、モバイルリスティング、モバイルアドネットワーク、モバイルSEMなどのモバイル広告商品を取り扱っています。これらのサービスを通じて、『お客様の利益創造活動』に貢献し、お客様を成功へと導くプロフェッショナルサービスを提供します。

AD Counter(アドカウンター:広告効果測定ツール)

広告出稿クライアント様の広告効果測定とROI最大化を支援するワンストップDSP(※注)です。 当社では、あらゆる広告の広告効果測定とROI最大化を実現する広告出稿クライアント様のための広告プラットフォームと定義しています。
※注:Demand Side Platform...広告出稿クライアント様のための広告プラットフォーム。

プレジデントビジョン

社長へのインタービューを中心とした経営者向けメールマガジンです。日々変化する経営環境の中で、社長がどのようなビジョンを持ち、経営課題や問題解決に取り組んでいるのかを、HTML形式のメールマガジンにてご紹介します。

リクトモ(就活SNS)

就活生・内定者・社会人が就職活動・新卒採用で出会った人たちと交流するためのSNS・SRSです。

株式会社ライブレボリューション(ライブレボリューション)

従業員数30−69
電話番号03-5418-8571
FAX番号03-5418-8572
住所108-6318 東京都港区三田 3-5-27 3-5-27
代表者名増永寛之
事業内容スマートフォン広告代理店(モバイル広告代理店)事業
URLhttp://www.live-revolution.co.jp/
広さ300m2−499m2

※仕事場投稿日:
(更新日:2016/11/16)

このカテゴリの記事一覧

新着記事

[以下は2016年11月17日のリニューアル前の旧コンテンツです]

※「みんなの仕事場」リニューアルのお知らせ(2016年11月17日)