仕事場紹介

※当コンテンツは2016年11月17日のリニューアル前の旧コンテンツです

天童木工PLY

このカテゴリの記事一覧

外観

天童木工PLY

築40年のビルのリノベーション。

ビルに蓄積した時間に敬意を表しながら、懐かしい新しさを持ったインテリアをつくろうとした。 古いビルの骨格をある程度活かしながら、墨モルタル、アンデスローズのツキ板などの仕上材や色のバランス、家具や造作のポイント的な使い方によって、懐かしい気配は保ちながら、清新な感じのする空間につくり替えた。

空間の中に、茶色のエレメントがちりばめられている。手摺、棚、ゲート、トンネル、それらの茶色のエレメントは、1階の入口から2階のショップへと人を誘い込むためのサインのような仕掛けで、人の流れの方向や、方向の転換点を暗示する。そして、ショップ、ギャラリー、階段、廊下という異なるスペースをつなぎ合わせて行く。

KEYWORDS:ツキ板 和モダン

COLOR:ベージュ、ナチュラル

エントランス

天童木工PLY

築40年のビルのリノベーション。

ビルに蓄積した時間に敬意を表しながら、懐かしい新しさを持ったインテリアをつくろうとした。 古いビルの骨格をある程度活かしながら、墨モルタル、アンデスローズのツキ板などの仕上材や色のバランス、家具や造作のポイント的な使い方によって、懐かしい気配は保ちながら、清新な感じのする空間につくり替えた。

空間の中に、茶色のエレメントがちりばめられている。手摺、棚、ゲート、トンネル、それらの茶色のエレメントは、1階の入口から2階のショップへと人を誘い込むためのサインのような仕掛けで、人の流れの方向や、方向の転換点を暗示する。そして、ショップ、ギャラリー、階段、廊下という異なるスペースをつなぎ合わせて行く。

KEYWORDS:ツキ板 和モダン アンデスローズ 墨モルタル

COLOR:ベージュ、ナチュラル

接客スペース

天童木工PLY

築40年のビルのリノベーション。

ビルに蓄積した時間に敬意を表しながら、懐かしい新しさを持ったインテリアをつくろうとした。 古いビルの骨格をある程度活かしながら、墨モルタル、アンデスローズのツキ板などの仕上材や色のバランス、家具や造作のポイント的な使い方によって、懐かしい気配は保ちながら、清新な感じのする空間につくり替えた。

空間の中に、茶色のエレメントがちりばめられている。手摺、棚、ゲート、トンネル、それらの茶色のエレメントは、1階の入口から2階のショップへと人を誘い込むためのサインのような仕掛けで、人の流れの方向や、方向の転換点を暗示する。そして、ショップ、ギャラリー、階段、廊下という異なるスペースをつなぎ合わせて行く。

KEYWORDS:ツキ板 和モダン 墨モルタル アンデスローズ

COLOR:ブラウン、ウッド

その他

天童木工PLY

築40年のビルのリノベーション。

ビルに蓄積した時間に敬意を表しながら、懐かしい新しさを持ったインテリアをつくろうとした。 古いビルの骨格をある程度活かしながら、墨モルタル、アンデスローズのツキ板などの仕上材や色のバランス、家具や造作のポイント的な使い方によって、懐かしい気配は保ちながら、清新な感じのする空間につくり替えた。

空間の中に、茶色のエレメントがちりばめられている。手摺、棚、ゲート、トンネル、それらの茶色のエレメントは、1階の入口から2階のショップへと人を誘い込むためのサインのような仕掛けで、人の流れの方向や、方向の転換点を暗示する。そして、ショップ、ギャラリー、階段、廊下という異なるスペースをつなぎ合わせて行く。

KEYWORDS:水のイメージ 和モダン ツキ板 アンデスローズ

COLOR:ネイビー、青

天童木工PLY(テンドウモッコウプライ)

従業員数
電話番号
FAX番号
住所 東京都
代表者名
事業内容家具の販売
URL
広さ100m2〜299m2


この仕事場をデザインした会社

フューチャースケープ建築設計事務所

※仕事場投稿日:
(更新日:2016/11/16)

このカテゴリの記事一覧

新着記事

[以下は2016年11月17日のリニューアル前の旧コンテンツです]

※「みんなの仕事場」リニューアルのお知らせ(2016年11月17日)