みんなの仕事場 > 仕事場紹介 > 株式会社シネブリッジ

仕事場紹介

※当コンテンツは2016年11月17日のリニューアル前の旧コンテンツです

株式会社シネブリッジ

このカテゴリの記事一覧

受付・エントランス

シンプルで美しいシネブリッジのエントランス

「映画と来場者、来場者と企業をつなぐ"ブリッジ=橋"になりたい」という思いを社名に込め、シアタープロモーションという新しい形のメディアを手がける株式会社シネブリッジ。

2003年の設立以降、事業拡大に合わせてオフィス移転を重ねてきました。2009年春に同ビル内の4階から9階へ移転したばかりの新オフィスは、コーポレートカラーのオレンジを活かした空間の中に映画への愛がのぞきます。

(このオフィスのデザイン設計は株式会社ヴィス)

KEYWORDS:受付カウンター 映画 ポスター

COLOR:黄、オレンジ

受付・エントランス

オレンジ色が導きます

最上階でエレベーターを降りると、カーペットのオレンジに導かれてエントランスへ。

ロゴをあしらったカウンターには、シンプルに電話機と観葉植物のみを配置、オレンジと白のコントラストが美しいエントランスになっています。

(このオフィスのデザイン設計は株式会社ヴィス)

KEYWORDS:受付カウンター 映画 ポスター

COLOR:黄、オレンジ

受付・エントランス

エントランスには話題作のポスター

取材時のポスターは「カールじいさんの空飛ぶ家」でした。

(このオフィスのデザイン設計は株式会社ヴィス)

KEYWORDS:受付カウンター 映画 ポスター

COLOR:黄、オレンジ

受付・エントランス

名作のポスター

最新映画や過去の名作映画のポスターが貼り出されているあたり、さすが映画館を仕事の舞台にしている会社ですね。

(このオフィスのデザイン設計は株式会社ヴィス)

KEYWORDS:受付カウンター 映画 ポスター 白い壁

COLOR:黄、オレンジ

応接・会議室

ふたりの映画監督の名前が付けられた会議室

移転前のオフィスではミーティングルームがひとつしかなかったため、ミーティングのためのスペースをしっかりと確保できることが移転先の第一条件として挙げられていたそうですが、念願どおりこの新オフィスには気の利いたミーティングルームが用意されています。

(このオフィスのデザイン設計は株式会社ヴィス)

KEYWORDS:映画 ポスター カフェ風 木のぬくもり 緑豊かな

COLOR:ブラウン、ウッド

応接・会議室

Aで始まるサスペンス映画の神様と言えば・・・

AとB 、2つのミーティングルームにはそれぞれのアルファベットを頭文字を持つ映画監督の名前が付けられています。

こちらの部屋はまずAということで、アルフレッド・ヒッチコック。壁にはヒッチコック作品のポスターも貼られています。

(このオフィスのデザイン設計は株式会社ヴィス)

KEYWORDS:カフェ風 映画 ポスター 木のぬくもり 緑豊かな

COLOR:ブラウン、ウッド

応接・会議室

ちょっとしたカフェのようです

ホワイトボードと大型ディスプレイが完備され、会議室としての機能的も必要にして十分。シンプルで素敵なミーティングスペースです。

(このオフィスのデザイン設計は株式会社ヴィス)

KEYWORDS:緑豊かな 映画 ポスター カフェ風 木のぬくもり

COLOR:ブラウン、ウッド

応接・会議室

部屋の名前が書かれた扉

部屋の名前がそれぞれ扉に書かれているので、初めての訪問でも迷う心配はないですね。

(このオフィスのデザイン設計は株式会社ヴィス)

KEYWORDS:映画 ポスター

COLOR:ブラウン、ウッド

応接・会議室

Bで始まるハリウッドの名匠と言えば・・・

A=アルフレッド・ヒッチコックに続いて、こちらのミーティングルームはBということでビリー・ワイルダー監督の名前が付けられています。

(このオフィスのデザイン設計は株式会社ヴィス)

KEYWORDS:映画 ポスター

COLOR:黄、オレンジ

応接・会議室

ユニークなネーミング

名監督にちなんだユニークなネーミングは、お客様との話題づくりのきっかけにもなっているそうです。

コーポレートカラーでもあるオレンジが可愛らしい椅子は、コクヨの「マリンバ」。コンパクトでカジュアルな印象のスペースです。

(このオフィスのデザイン設計は株式会社ヴィス)

KEYWORDS:大きな窓 映画 ポスター

COLOR:黄、オレンジ

応接・会議室

ヘプバーンとモンローに見つめられて

壁のポスターからオードリー・ヘプバーンやマリリン・モンローが見ている中でのミーティングは、いったいどんな気分でしょうか。

(このオフィスのデザイン設計は株式会社ヴィス)

KEYWORDS:映画 ポスター

COLOR:黄、オレンジ

ワークスペース

備え付けの間仕切りを上手に利用したワークスペース

もともと備え付けられていた間仕切りを、新規に用意したものと合わせて上手に利用することで、資源のリユースとともにコスト削減にもつながっています。

(このオフィスのデザイン設計は株式会社ヴィス)

KEYWORDS:映画 ポスター 緑の椅子

COLOR:ベージュ、ナチュラル

ワークスペース

色とりどりの椅子

赤、緑、オレンジなどさまざまな色の椅子が並ぶワークスペース。

(このオフィスのデザイン設計は株式会社ヴィス)

KEYWORDS:映画 ポスター 赤い椅子 緑の椅子 オレンジの椅子

COLOR:黒、グレー

ワークスペース

見た目もセキュリティもバッチリのドア

部屋の名前がそれぞれ書かれて見た目にも楽しいこの扉は、セキュリティ面でも大切な情報をしっかりと守る役割を担っています。

(このオフィスのデザイン設計は株式会社ヴィス)

KEYWORDS:映画 ポスター

COLOR:黄、オレンジ

ワークスペース

「やっぱり映画が好き」なワークスペース

ワークスペースのなかにも「キル・ビル」「バッファロー'66」などのポスターが貼られています。

(このオフィスのデザイン設計は株式会社ヴィス)

KEYWORDS:赤い椅子 緑の椅子 映画 ポスター

COLOR:黒、グレー

ワークスペース

ワークスペースから見えるビリヤード台

デスク越しに、同じフロアの中に備え付けられたビリヤード台が見えます。

(このオフィスのデザイン設計は株式会社ヴィス)

KEYWORDS:映画 ポスター ビリヤード台

COLOR:ベージュ、ナチュラル

社長・役員室

落ち着きと深みのある社長室

ワークスペースやミーティングスペースとは趣きを変えて、落ち着きと深みを感じさせる社長室。

(このオフィスのデザイン設計は株式会社ヴィス)

KEYWORDS:コートハンガー 革張りソファ

COLOR:黒、グレー

社長・役員室

革張りソファと木目のテーブル

大きな革張りソファと木目テーブルの応接セットの傍らには、長谷川代表が「一番心に残っている映画」と語るイタリア映画「ライフ・イズ・ビューティフル」のポスターが代表席の正面に貼られています。

(このオフィスのデザイン設計は株式会社ヴィス)

KEYWORDS:革張りソファ ポスター

COLOR:黒、グレー

社長・役員室

一番心に残っている映画

長谷川代表が「一番心に残っている映画」と語るイタリア映画「ライフ・イズ・ビューティフル」のポスターが代表席から正面に見える位置に貼られています。

(このオフィスのデザイン設計は株式会社ヴィス)

KEYWORDS:革張りソファ 映画 ポスター

COLOR:黒、グレー

社長・役員室

社長室のドア

社長室のドアにも「PRESIDENT ROOM」と書かれています。

なんだか可愛らしいですね。

(このオフィスのデザイン設計は株式会社ヴィス)

KEYWORDS:ビリヤード台 雑誌

COLOR:ベージュ、ナチュラル

休憩・喫煙室

広々としたリフレッシュスペース

オフィスの一角にはリフレッシュのための広いスペースが用意されています。

(このオフィスのデザイン設計は株式会社ヴィス)

KEYWORDS:ビリヤード台 ダーツマシン マガジンラック

COLOR:ベージュ、ナチュラル

休憩・喫煙室

本格的なビリヤード台とダーツマシン

リフレッシュスペースに設置されたビリヤード台とダーツマシン。仕事の合間にスカッと気分転換できそうですね。

(このオフィスのデザイン設計は株式会社ヴィス)

KEYWORDS:ビリヤード台 ダーツマシン マガジンラック

COLOR:ベージュ、ナチュラル

休憩・喫煙室

リフレッシュスペースはコミュニケーションの場

ちょっとした気分転換や仕事を終えて帰宅前の数ゲーム、ときにはお客様を招いてアルコールも交えたコミュニケーションの場としても活用されているようです。

(このオフィスのデザイン設計は株式会社ヴィス)

KEYWORDS:ビリヤード台 ダーツマシン

COLOR:ベージュ、ナチュラル

休憩・喫煙室

仕事が終わればお酒を片手に

ちなみに代表ご自身はお酒を嗜まれないそうですが、この場所で社員たちがお酒を片手に談笑しているのを見るのがお好きとのことです。

ちょっと、いい話じゃないですか。

(このオフィスのデザイン設計は株式会社ヴィス)

KEYWORDS:ビリヤード台 マガジンラック

COLOR:ベージュ、ナチュラル


特長

映画と来場者、来場者と企業を有機的につなぐ"Bridge"の役目をする会社

マーケティング/プロモーションにおける"映画"への注目度はますます向上しています。
それは"映画"に「いつ、どこで、誰に」という広報/宣伝の課題への答えがあるからです。
映画業界での経験とノウハウ、少数精鋭にして系列に縛られることなく軽快なフットワークが自慢の「CineBridge」。
"映画"を軸にクライアントが真に求めるユーザーと出会える"機会と場"を提供していきます。

株式会社シネブリッジ(シネブリッジ)

従業員数〜9
電話番号03-5425-2725
FAX番号03-5425-2727
住所105-0021 東京都港区東新橋 2丁目16番1号 2丁目16番1号
代表者名長谷川 学
事業内容映画館のCM広告(フィルム・デジタル)企画・販売、映画館でのプロモーションの企画・制作・運営
URLhttp://www.cine-bridge.com/
広さ100m2−299m2


この仕事場をデザインした会社

株式会社ヴィス

※仕事場投稿日:
(更新日:2016/11/16)

このカテゴリの記事一覧

新着記事

[以下は2016年11月17日のリニューアル前の旧コンテンツです]

※「みんなの仕事場」リニューアルのお知らせ(2016年11月17日)