みんなの仕事場 > 仕事場紹介 > 株式会社アユプロジェクト

仕事場紹介

※当コンテンツは2016年11月17日のリニューアル前の旧コンテンツです

株式会社アユプロジェクト

このカテゴリの記事一覧

受付・エントランス

企業の顔であるエントランスは徹底的に作りこむ

三重県鈴鹿市で創業し、現在は東京の渋谷にオフィスを構えるのは、モバイルメディアを中心とした広告業務から、コンテンツの企画・開発・運営まで幅広くこなす株式会社アユプロジェクト。

移転したばかりの真新しい現在のオフィスを訪ねてみると、エレベータを降りてまず最初に驚かされるのが、真っ黒な壁に青く輝くアユプロジェクトのロゴ。オフィスというより高級な店舗のような演出だ。そして扉から一歩中へ踏み込むと、今度は打って変わって明るいリゾートホテルのような、ゴージャスなだけでなく上品な雰囲気漂う空間が広がる。

以前も渋谷にオフィスを構えていたそうだが、移転を機に女性が好むような清潔感のある雰囲気というテーマに徹底的に拘って作りこんだのが現在のオフィスだ。結果としては、リクルーティングに非常に効果があったようで、新卒説明会の女性比率も一気に増えたとのこと。取引先への評判もかなり良いそうで、オフィスへ投資した効果は想像以上に高かったようだ。

(このオフィスのデザイン設計は株式会社ヴィス)

KEYWORDS:モニター デザインオフィス レンガの壁

COLOR:ベージュ、ナチュラル

受付・エントランス

企業の顔であるエントランスは徹底的に作りこむ

三重県鈴鹿市で創業し、現在は東京の渋谷にオフィスを構えるのは、モバイルメディアを中心とした広告業務から、コンテンツの企画・開発・運営まで幅広くこなす株式会社アユプロジェクト。

移転したばかりの真新しい現在のオフィスを訪ねてみると、エレベータを降りてまず最初に驚かされるのが、真っ黒な壁に青く輝くアユプロジェクトのロゴ。オフィスというより高級な店舗のような演出だ。そして扉から一歩中へ踏み込むと、今度は打って変わって明るいリゾートホテルのような、ゴージャスなだけでなく上品な雰囲気漂う空間が広がる。

以前も渋谷にオフィスを構えていたそうだが、移転を機に女性が好むような清潔感のある雰囲気というテーマに徹底的に拘って作りこんだのが現在のオフィスだ。結果としては、リクルーティングに非常に効果があったようで、新卒説明会の女性比率も一気に増えたとのこと。取引先への評判もかなり良いそうで、オフィスへ投資した効果は想像以上に高かったようだ。

(このオフィスのデザイン設計は株式会社ヴィス)

KEYWORDS:ホテルライク デザイナーズオフィス

COLOR:ベージュ、ナチュラル

受付・エントランス

企業の顔であるエントランスは徹底的に作りこむ

三重県鈴鹿市で創業し、現在は東京の渋谷にオフィスを構えるのは、モバイルメディアを中心とした広告業務から、コンテンツの企画・開発・運営まで幅広くこなす株式会社アユプロジェクト。

移転したばかりの真新しい現在のオフィスを訪ねてみると、エレベータを降りてまず最初に驚かされるのが、真っ黒な壁に青く輝くアユプロジェクトのロゴ。オフィスというより高級な店舗のような演出だ。そして扉から一歩中へ踏み込むと、今度は打って変わって明るいリゾートホテルのような、ゴージャスなだけでなく上品な雰囲気漂う空間が広がる。

以前も渋谷にオフィスを構えていたそうだが、移転を機に女性が好むような清潔感のある雰囲気というテーマに徹底的に拘って作りこんだのが現在のオフィスだ。結果としては、リクルーティングに非常に効果があったようで、新卒説明会の女性比率も一気に増えたとのこと。取引先への評判もかなり良いそうで、オフィスへ投資した効果は想像以上に高かったようだ。

(このオフィスのデザイン設計は株式会社ヴィス)

KEYWORDS:ホテルライク デザイナーズオフィス

COLOR:ベージュ、ナチュラル

受付・エントランス

企業の顔であるエントランスは徹底的に作りこむ

三重県鈴鹿市で創業し、現在は東京の渋谷にオフィスを構えるのは、モバイルメディアを中心とした広告業務から、コンテンツの企画・開発・運営まで幅広くこなす株式会社アユプロジェクト。

移転したばかりの真新しい現在のオフィスを訪ねてみると、エレベータを降りてまず最初に驚かされるのが、真っ黒な壁に青く輝くアユプロジェクトのロゴ。オフィスというより高級な店舗のような演出だ。そして扉から一歩中へ踏み込むと、今度は打って変わって明るいリゾートホテルのような、ゴージャスなだけでなく上品な雰囲気漂う空間が広がる。

以前も渋谷にオフィスを構えていたそうだが、移転を機に女性が好むような清潔感のある雰囲気というテーマに徹底的に拘って作りこんだのが現在のオフィスだ。結果としては、リクルーティングに非常に効果があったようで、新卒説明会の女性比率も一気に増えたとのこと。取引先への評判もかなり良いそうで、オフィスへ投資した効果は想像以上に高かったようだ。

(このオフィスのデザイン設計は株式会社ヴィス)

KEYWORDS:ホテルライク デザイナーズオフィス

COLOR:ベージュ、ナチュラル

受付・エントランス

企業の顔であるエントランスは徹底的に作りこむ

三重県鈴鹿市で創業し、現在は東京の渋谷にオフィスを構えるのは、モバイルメディアを中心とした広告業務から、コンテンツの企画・開発・運営まで幅広くこなす株式会社アユプロジェクト。

移転したばかりの真新しい現在のオフィスを訪ねてみると、エレベータを降りてまず最初に驚かされるのが、真っ黒な壁に青く輝くアユプロジェクトのロゴ。オフィスというより高級な店舗のような演出だ。そして扉から一歩中へ踏み込むと、今度は打って変わって明るいリゾートホテルのような、ゴージャスなだけでなく上品な雰囲気漂う空間が広がる。

以前も渋谷にオフィスを構えていたそうだが、移転を機に女性が好むような清潔感のある雰囲気というテーマに徹底的に拘って作りこんだのが現在のオフィスだ。結果としては、リクルーティングに非常に効果があったようで、新卒説明会の女性比率も一気に増えたとのこと。取引先への評判もかなり良いそうで、オフィスへ投資した効果は想像以上に高かったようだ。

(このオフィスのデザイン設計は株式会社ヴィス)

KEYWORDS:ホテルライク デザイナーズオフィス

COLOR:ブラウン、ウッド

応接・会議室

ローリングフレームが並ぶカンファレンスルーム

三重県に本社を持つモバイル・インターネットの広告企業アユプロジェクトの、移転したばかりの東京オフィスは、清潔感あふれるホテルライクな空間に仕上がっている。

ミーティングルームは、それぞれ什器類が異なり雰囲気の違った空間になっており、エントランス脇のモニターの奥の部屋は、その中でもほかの部屋よりも少し広く作られたカンファレンスルーム。

ダーク木目の長いミーティングテーブルの周りに、カッシーナ・イクスシーのローリングフレームが並ぶ姿は壮観。

(このオフィスのデザイン設計は株式会社ヴィス)

KEYWORDS:ローリングフレーム 白い椅子 液晶ディスプレイ

COLOR:白

応接・会議室

ローリングフレームが並ぶカンファレンスルーム

三重県に本社を持つモバイル・インターネットの広告企業アユプロジェクトの、移転したばかりの東京オフィスは、清潔感あふれるホテルライクな空間に仕上がっている。

ミーティングルームは、それぞれ什器類が異なり雰囲気の違った空間になっており、エントランス脇のモニターの奥の部屋は、その中でもほかの部屋よりも少し広く作られたカンファレンスルーム。

ダーク木目の長いミーティングテーブルの周りに、カッシーナ・イクスシーのローリングフレームが並ぶ姿は壮観。

(このオフィスのデザイン設計は株式会社ヴィス)

KEYWORDS:ローリングフレーム 白い椅子 液晶ディスプレイ

COLOR:白

応接・会議室

ローリングフレームが並ぶカンファレンスルーム

三重県に本社を持つモバイル・インターネットの広告企業アユプロジェクトの、移転したばかりの東京オフィスは、清潔感あふれるホテルライクな空間に仕上がっている。

ミーティングルームは、それぞれ什器類が異なり雰囲気の違った空間になっており、エントランス脇のモニターの奥の部屋は、その中でもほかの部屋よりも少し広く作られたカンファレンスルーム。

ダーク木目の長いミーティングテーブルの周りに、カッシーナ・イクスシーのローリングフレームが並ぶ姿は壮観。

(このオフィスのデザイン設計は株式会社ヴィス)

KEYWORDS:ローリングフレーム 白い椅子 液晶ディスプレイ

COLOR:白

応接・会議室

ローリングフレームが並ぶカンファレンスルーム

三重県に本社を持つモバイル・インターネットの広告企業アユプロジェクトの、移転したばかりの東京オフィスは、清潔感あふれるホテルライクな空間に仕上がっている。

ミーティングルームは、それぞれ什器類が異なり雰囲気の違った空間になっており、エントランス脇のモニターの奥の部屋は、その中でもほかの部屋よりも少し広く作られたカンファレンスルーム。

ダーク木目の長いミーティングテーブルの周りに、カッシーナ・イクスシーのローリングフレームが並ぶ姿は壮観。

(このオフィスのデザイン設計は株式会社ヴィス)

KEYWORDS:ローリングフレーム 白い椅子 液晶ディスプレイ

COLOR:ブラウン、ウッド

応接・会議室

オフィスの中にある高級ラウンジ

モバイル広告代理店アユプロジェクトの移転したばかりの東京営業部のオフィスには、カッシーナのソファと大理石のテーブルが置かれたラウンジルームがある。クッションもフェンディのロゴ入りと、かなりの高級感に満ち溢れたセレブ空間。
三重県で創業し、会社の成長とともに東京進出を果たした成功の証ともいえる部屋だ。

(このオフィスのデザイン設計は株式会社ヴィス)

KEYWORDS:カッシーナ

COLOR:ブラウン、ウッド

応接・会議室

オフィスの中にある高級ラウンジ

モバイル広告代理店アユプロジェクトの移転したばかりの東京営業部のオフィスには、カッシーナのソファと大理石のテーブルが置かれたラウンジルームがある。クッションもフェンディのロゴ入りと、かなりの高級感に満ち溢れたセレブ空間。
三重県で創業し、会社の成長とともに東京進出を果たした成功の証ともいえる部屋だ。

(このオフィスのデザイン設計は株式会社ヴィス)

KEYWORDS:カッシーナ

COLOR:ブラウン、ウッド

応接・会議室

オフィスの中にある高級ラウンジ

モバイル広告代理店アユプロジェクトの移転したばかりの東京営業部のオフィスには、カッシーナのソファと大理石のテーブルが置かれたラウンジルームがある。クッションもフェンディのロゴ入りと、かなりの高級感に満ち溢れたセレブ空間。
三重県で創業し、会社の成長とともに東京進出を果たした成功の証ともいえる部屋だ。

(このオフィスのデザイン設計は株式会社ヴィス)

KEYWORDS:カッシーナ

COLOR:ブラウン、ウッド

応接・会議室

オフィスの中にある高級ラウンジ

モバイル広告代理店アユプロジェクトの移転したばかりの東京営業部のオフィスには、カッシーナのソファと大理石のテーブルが置かれたラウンジルームがある。クッションもフェンディのロゴ入りと、かなりの高級感に満ち溢れたセレブ空間。
三重県で創業し、会社の成長とともに東京進出を果たした成功の証ともいえる部屋だ。

(このオフィスのデザイン設計は株式会社ヴィス)

KEYWORDS:カッシーナ

COLOR:ブラウン、ウッド

応接・会議室

国産高機能チェア「スピーナ」の並ぶモバイル広告企業のミーティングルーム

モバイル・インターネットの広告企業アユプロジェクトの、移転したばかりの東京オフィスのエントランスから最も近い位置にあるミーティングルーム。

エントランスから続くダークブラウンと共通した色のミーティングテーブルを囲う椅子はイトーキのスピーナ。2007年度グッドデザイン金賞を受賞し、2008年の北海道洞爺湖サミットでも採用されたという話題の椅子で、座る人の姿勢が悪くても、椅子のほうが最適な状態にあわせてくれるという、最先端の機能をもったワークチェアだ。

(このオフィスのデザイン設計は株式会社ヴィス)

KEYWORDS:スピーナ

COLOR:ベージュ、ナチュラル

応接・会議室

国産高機能チェア「スピーナ」の並ぶモバイル広告企業のミーティングルーム

モバイル・インターネットの広告企業アユプロジェクトの、移転したばかりの東京オフィスのエントランスから最も近い位置にあるミーティングルーム。

エントランスから続くダークブラウンと共通した色のミーティングテーブルを囲う椅子はイトーキのスピーナ。2007年度グッドデザイン金賞を受賞し、2008年の北海道洞爺湖サミットでも採用されたという話題の椅子で、座る人の姿勢が悪くても、椅子のほうが最適な状態にあわせてくれるという、最先端の機能をもったワークチェアだ。

(このオフィスのデザイン設計は株式会社ヴィス)

KEYWORDS:スピーナ

COLOR:ベージュ、ナチュラル

応接・会議室

国産高機能チェア「スピーナ」の並ぶモバイル広告企業のミーティングルーム

モバイル・インターネットの広告企業アユプロジェクトの、移転したばかりの東京オフィスのエントランスから最も近い位置にあるミーティングルーム。

エントランスから続くダークブラウンと共通した色のミーティングテーブルを囲う椅子はイトーキのスピーナ。2007年度グッドデザイン金賞を受賞し、2008年の北海道洞爺湖サミットでも採用されたという話題の椅子で、座る人の姿勢が悪くても、椅子のほうが最適な状態にあわせてくれるという、最先端の機能をもったワークチェアだ。

(このオフィスのデザイン設計は株式会社ヴィス)

KEYWORDS:スピーナ

COLOR:ベージュ、ナチュラル

応接・会議室

国産高機能チェア「スピーナ」の並ぶモバイル広告企業のミーティングルーム

モバイル・インターネットの広告企業アユプロジェクトの、移転したばかりの東京オフィスのエントランスから最も近い位置にあるミーティングルーム。

エントランスから続くダークブラウンと共通した色のミーティングテーブルを囲う椅子はイトーキのスピーナ。2007年度グッドデザイン金賞を受賞し、2008年の北海道洞爺湖サミットでも採用されたという話題の椅子で、座る人の姿勢が悪くても、椅子のほうが最適な状態にあわせてくれるという、最先端の機能をもったワークチェアだ。

(このオフィスのデザイン設計は株式会社ヴィス)

KEYWORDS:スピーナ

COLOR:ベージュ、ナチュラル

応接・会議室

自由なスタイルで仕事ができ人と人とを繋ぐ多目的スペース

モバイルメディアを中心とした広告業務から、コンテンツの企画・開発・運営まで幅広くこなす株式会社アユプロジェクトの移転したばかりの真新しいオフィスにあるエントランスから、ミーティングルームの前を過ぎ、一番奥にある扉を入ると現れる広いスペースは、デスクワークを行う通常のワークスペースと同じ空間の中にある、ミーティングや自由なスタイルで仕事のできる多目的なスペース。

黒いソファの置かれた応接スペース、オレンジ色のワークチェア(ジロフレックス33)で揃えられたミーティングスペース、窓際にはバーのようなハイカウンターにハイスツールを合わせたリフレッシュスペース、ガラスの壁で仕切られた喫煙スペースと多種多様な目的のスペースが集約されていて、それらを繋ぐ中間的な場所にカラフルなスツールと丸いカフェテーブルを合わせた簡易ミーティングスペースが存在する。

オフィスを移転するにあたって、田中代表が最も拘ったのは、働く人と人とのつながりであり、それを実現した象徴的な場所がこのスペースと言える。実際に、移転前のオフィスと比べて情報交流が活発に行われるようになったと田中代表は語っていた。

(このオフィスのデザイン設計は株式会社ヴィス)

KEYWORDS:緑豊かな 円卓を囲んで 赤い椅子

COLOR:ブラウン、ウッド

応接・会議室

自由なスタイルで仕事ができ人と人とを繋ぐ多目的スペース

モバイルメディアを中心とした広告業務から、コンテンツの企画・開発・運営まで幅広くこなす株式会社アユプロジェクトの移転したばかりの真新しいオフィスにあるエントランスから、ミーティングルームの前を過ぎ、一番奥にある扉を入ると現れる広いスペースは、デスクワークを行う通常のワークスペースと同じ空間の中にある、ミーティングや自由なスタイルで仕事のできる多目的なスペース。

黒いソファの置かれた応接スペース、オレンジ色のワークチェア(ジロフレックス33)で揃えられたミーティングスペース、窓際にはバーのようなハイカウンターにハイスツールを合わせたリフレッシュスペース、ガラスの壁で仕切られた喫煙スペースと多種多様な目的のスペースが集約されていて、それらを繋ぐ中間的な場所にカラフルなスツールと丸いカフェテーブルを合わせた簡易ミーティングスペースが存在する。

オフィスを移転するにあたって、田中代表が最も拘ったのは、働く人と人とのつながりであり、それを実現した象徴的な場所がこのスペースと言える。実際に、移転前のオフィスと比べて情報交流が活発に行われるようになったと田中代表は語っていた。

(このオフィスのデザイン設計は株式会社ヴィス)

KEYWORDS:緑豊かな 円卓を囲んで 赤い椅子

COLOR:黄、オレンジ

ワークスペース

案件に応じてフレキシブルに席替えが行われるワークスペース

三重県鈴鹿市で創業し、現在は東京の渋谷にオフィスを構えるのは、モバイルメディアを中心とした広告業務から、コンテンツの企画・開発・運営まで幅広くこなす株式会社アユプロジェクトの、移転したばかりの真新しいオフィスの中枢ともいうべきワークスペース。

以前のオフィスでは島型レイアウトの固定席だったが、それだと交流があまり発生しない。そこで、固定型とフリーアドレスの中間的なワークスペースを作り出したという。ひとつの広いデスクを3人で使うことも4人で使うこともあり、案件に応じてフレキシブルに席替えが行われるそうだ。

アユプロジェクトのオフィスは、子会社や共同出資で作った会社等、関連を持った複数の企業が同じスペースを共有して仕事をしており、そういった関連会社の社員も含め、全てがワンフロアで完結していることで、みんなで深い関わりを持ちながら情報の共有をスムーズに行えるのが強みだ。

今日の社会問題となっている内定を取り消された学生を積極的に採用する等、勢いのあるベンチャー企業ならではのユニークな試みも見られる。

(このオフィスのデザイン設計は株式会社ヴィス)

KEYWORDS:リープチェア

COLOR:黒、グレー

ワークスペース

案件に応じてフレキシブルに席替えが行われるワークスペース

三重県鈴鹿市で創業し、現在は東京の渋谷にオフィスを構えるのは、モバイルメディアを中心とした広告業務から、コンテンツの企画・開発・運営まで幅広くこなす株式会社アユプロジェクトの、移転したばかりの真新しいオフィスの中枢ともいうべきワークスペース。

以前のオフィスでは島型レイアウトの固定席だったが、それだと交流があまり発生しない。そこで、固定型とフリーアドレスの中間的なワークスペースを作り出したという。ひとつの広いデスクを3人で使うことも4人で使うこともあり、案件に応じてフレキシブルに席替えが行われるそうだ。

アユプロジェクトのオフィスは、子会社や共同出資で作った会社等、関連を持った複数の企業が同じスペースを共有して仕事をしており、そういった関連会社の社員も含め、全てがワンフロアで完結していることで、みんなで深い関わりを持ちながら情報の共有をスムーズに行えるのが強みだ。

今日の社会問題となっている内定を取り消された学生を積極的に採用する等、勢いのあるベンチャー企業ならではのユニークな試みも見られる。

(このオフィスのデザイン設計は株式会社ヴィス)

KEYWORDS:リープチェア

COLOR:黒、グレー

ワークスペース

案件に応じてフレキシブルに席替えが行われるワークスペース

三重県鈴鹿市で創業し、現在は東京の渋谷にオフィスを構えるのは、モバイルメディアを中心とした広告業務から、コンテンツの企画・開発・運営まで幅広くこなす株式会社アユプロジェクトの、移転したばかりの真新しいオフィスの中枢ともいうべきワークスペース。

以前のオフィスでは島型レイアウトの固定席だったが、それだと交流があまり発生しない。そこで、固定型とフリーアドレスの中間的なワークスペースを作り出したという。ひとつの広いデスクを3人で使うことも4人で使うこともあり、案件に応じてフレキシブルに席替えが行われるそうだ。

アユプロジェクトのオフィスは、子会社や共同出資で作った会社等、関連を持った複数の企業が同じスペースを共有して仕事をしており、そういった関連会社の社員も含め、全てがワンフロアで完結していることで、みんなで深い関わりを持ちながら情報の共有をスムーズに行えるのが強みだ。

今日の社会問題となっている内定を取り消された学生を積極的に採用する等、勢いのあるベンチャー企業ならではのユニークな試みも見られる。

(このオフィスのデザイン設計は株式会社ヴィス)

KEYWORDS:リープチェア

COLOR:白

ワークスペース

案件に応じてフレキシブルに席替えが行われるワークスペース

三重県鈴鹿市で創業し、現在は東京の渋谷にオフィスを構えるのは、モバイルメディアを中心とした広告業務から、コンテンツの企画・開発・運営まで幅広くこなす株式会社アユプロジェクトの、移転したばかりの真新しいオフィスの中枢ともいうべきワークスペース。

以前のオフィスでは島型レイアウトの固定席だったが、それだと交流があまり発生しない。そこで、固定型とフリーアドレスの中間的なワークスペースを作り出したという。ひとつの広いデスクを3人で使うことも4人で使うこともあり、案件に応じてフレキシブルに席替えが行われるそうだ。

アユプロジェクトのオフィスは、子会社や共同出資で作った会社等、関連を持った複数の企業が同じスペースを共有して仕事をしており、そういった関連会社の社員も含め、全てがワンフロアで完結していることで、みんなで深い関わりを持ちながら情報の共有をスムーズに行えるのが強みだ。

今日の社会問題となっている内定を取り消された学生を積極的に採用する等、勢いのあるベンチャー企業ならではのユニークな試みも見られる。

(このオフィスのデザイン設計は株式会社ヴィス)

KEYWORDS:リープチェア

COLOR:黒、グレー

ワークスペース

案件に応じてフレキシブルに席替えが行われるワークスペース

三重県鈴鹿市で創業し、現在は東京の渋谷にオフィスを構えるのは、モバイルメディアを中心とした広告業務から、コンテンツの企画・開発・運営まで幅広くこなす株式会社アユプロジェクトの、移転したばかりの真新しいオフィスの中枢ともいうべきワークスペース。

以前のオフィスでは島型レイアウトの固定席だったが、それだと交流があまり発生しない。そこで、固定型とフリーアドレスの中間的なワークスペースを作り出したという。ひとつの広いデスクを3人で使うことも4人で使うこともあり、案件に応じてフレキシブルに席替えが行われるそうだ。

アユプロジェクトのオフィスは、子会社や共同出資で作った会社等、関連を持った複数の企業が同じスペースを共有して仕事をしており、そういった関連会社の社員も含め、全てがワンフロアで完結していることで、みんなで深い関わりを持ちながら情報の共有をスムーズに行えるのが強みだ。

今日の社会問題となっている内定を取り消された学生を積極的に採用する等、勢いのあるベンチャー企業ならではのユニークな試みも見られる。

(このオフィスのデザイン設計は株式会社ヴィス)

KEYWORDS:リープチェア

COLOR:黒、グレー

社長・役員室

アユプロジェクト社長のマイクのあるデスク

モバイル・インターネットの広告企業 株式会社アユプロジェクトの田中代表のデスクは、広いワークスペースの一番奥にある。社長のデスクだからといって、特別に仕切りがされていたり、いかにも社長であるというような華美なものではないが、他のデスクが全て白を基調としたものになっているスペースの中でこのデスクだけがダークブラウンなので、しっかりとした存在感を放っている。

オフィスを作るにあたって、人と人の繋がりを重視し、全てのスペースをワンフロアで済ませたいという田中代表の拘りがあり、社員と同じ空間に自らのデスクも置くことによって、風通しが良く、より密な情報交流が行えるという利点がある。

ところで、このデスクでひときわ異彩を放っているのが、左側に設置されたスタジオにあるような本格的なマイク。どうやら田中代表は、ブログだけではなく、このデスクで自らネットラジオの放送も行っているようだ。

(このオフィスのデザイン設計は株式会社ヴィス)

KEYWORDS:デザイナーズオフィス マイク

COLOR:ブラウン、ウッド

社長・役員室

アユプロジェクト社長のマイクのあるデスク

モバイル・インターネットの広告企業 株式会社アユプロジェクトの田中代表のデスクは、広いワークスペースの一番奥にある。社長のデスクだからといって、特別に仕切りがされていたり、いかにも社長であるというような華美なものではないが、他のデスクが全て白を基調としたものになっているスペースの中でこのデスクだけがダークブラウンなので、しっかりとした存在感を放っている。

オフィスを作るにあたって、人と人の繋がりを重視し、全てのスペースをワンフロアで済ませたいという田中代表の拘りがあり、社員と同じ空間に自らのデスクも置くことによって、風通しが良く、より密な情報交流が行えるという利点がある。

ところで、このデスクでひときわ異彩を放っているのが、左側に設置されたスタジオにあるような本格的なマイク。どうやら田中代表は、ブログだけではなく、このデスクで自らネットラジオの放送も行っているようだ。

(このオフィスのデザイン設計は株式会社ヴィス)

KEYWORDS:デザイナーズオフィス マイク

COLOR:ブラウン、ウッド

社長・役員室

アユプロジェクト社長のマイクのあるデスク

モバイル・インターネットの広告企業 株式会社アユプロジェクトの田中代表のデスクは、広いワークスペースの一番奥にある。社長のデスクだからといって、特別に仕切りがされていたり、いかにも社長であるというような華美なものではないが、他のデスクが全て白を基調としたものになっているスペースの中でこのデスクだけがダークブラウンなので、しっかりとした存在感を放っている。

オフィスを作るにあたって、人と人の繋がりを重視し、全てのスペースをワンフロアで済ませたいという田中代表の拘りがあり、社員と同じ空間に自らのデスクも置くことによって、風通しが良く、より密な情報交流が行えるという利点がある。

ところで、このデスクでひときわ異彩を放っているのが、左側に設置されたスタジオにあるような本格的なマイク。どうやら田中代表は、ブログだけではなく、このデスクで自らネットラジオの放送も行っているようだ。

(このオフィスのデザイン設計は株式会社ヴィス)

KEYWORDS:デザイナーズオフィス マイク

COLOR:ブラウン、ウッド

休憩・喫煙室

自由なスタイルで仕事ができ人と人とを繋ぐ多目的スペース

モバイルメディアを中心とした広告業務から、コンテンツの企画・開発・運営まで幅広くこなす株式会社アユプロジェクトの移転したばかりの真新しいオフィスにあるエントランスから、ミーティングルームの前を過ぎ、一番奥にある扉を入ると現れる広いスペースは、デスクワークを行う通常のワークスペースと同じ空間の中にある、ミーティングや自由なスタイルで仕事のできる多目的なスペース。

黒いソファの置かれた応接スペース、オレンジ色のワークチェア(ジロフレックス33)で揃えられたミーティングスペース、窓際にはバーのようなハイカウンターにハイスツールを合わせたリフレッシュスペース、ガラスの壁で仕切られた喫煙スペースと多種多様な目的のスペースが集約されていて、それらを繋ぐ中間的な場所にカラフルなスツールと丸いカフェテーブルを合わせた簡易ミーティングスペースが存在する。

オフィスを移転するにあたって、田中代表が最も拘ったのは、働く人と人とのつながりであり、それを実現した象徴的な場所がこのスペースと言える。実際に、移転前のオフィスと比べて情報交流が活発に行われるようになったと田中代表は語っていた。

(このオフィスのデザイン設計は株式会社ヴィス)

KEYWORDS:緑豊かな 円卓を囲んで 赤い椅子

COLOR:グリーン

休憩・喫煙室

自由なスタイルで仕事ができ人と人とを繋ぐ多目的スペース

モバイルメディアを中心とした広告業務から、コンテンツの企画・開発・運営まで幅広くこなす株式会社アユプロジェクトの移転したばかりの真新しいオフィスにあるエントランスから、ミーティングルームの前を過ぎ、一番奥にある扉を入ると現れる広いスペースは、デスクワークを行う通常のワークスペースと同じ空間の中にある、ミーティングや自由なスタイルで仕事のできる多目的なスペース。

黒いソファの置かれた応接スペース、オレンジ色のワークチェア(ジロフレックス33)で揃えられたミーティングスペース、窓際にはバーのようなハイカウンターにハイスツールを合わせたリフレッシュスペース、ガラスの壁で仕切られた喫煙スペースと多種多様な目的のスペースが集約されていて、それらを繋ぐ中間的な場所にカラフルなスツールと丸いカフェテーブルを合わせた簡易ミーティングスペースが存在する。

オフィスを移転するにあたって、田中代表が最も拘ったのは、働く人と人とのつながりであり、それを実現した象徴的な場所がこのスペースと言える。実際に、移転前のオフィスと比べて情報交流が活発に行われるようになったと田中代表は語っていた。

(このオフィスのデザイン設計は株式会社ヴィス)

KEYWORDS:緑豊かな 円卓を囲んで 赤い椅子

COLOR:白

休憩・喫煙室

自由なスタイルで仕事ができ人と人とを繋ぐ多目的スペース

モバイルメディアを中心とした広告業務から、コンテンツの企画・開発・運営まで幅広くこなす株式会社アユプロジェクトの移転したばかりの真新しいオフィスにあるエントランスから、ミーティングルームの前を過ぎ、一番奥にある扉を入ると現れる広いスペースは、デスクワークを行う通常のワークスペースと同じ空間の中にある、ミーティングや自由なスタイルで仕事のできる多目的なスペース。

黒いソファの置かれた応接スペース、オレンジ色のワークチェア(ジロフレックス33)で揃えられたミーティングスペース、窓際にはバーのようなハイカウンターにハイスツールを合わせたリフレッシュスペース、ガラスの壁で仕切られた喫煙スペースと多種多様な目的のスペースが集約されていて、それらを繋ぐ中間的な場所にカラフルなスツールと丸いカフェテーブルを合わせた簡易ミーティングスペースが存在する。

オフィスを移転するにあたって、田中代表が最も拘ったのは、働く人と人とのつながりであり、それを実現した象徴的な場所がこのスペースと言える。実際に、移転前のオフィスと比べて情報交流が活発に行われるようになったと田中代表は語っていた。

(このオフィスのデザイン設計は株式会社ヴィス)

KEYWORDS:緑豊かな 円卓を囲んで 赤い椅子

COLOR:ブラウン、ウッド


特長

モバイルメディアを中心とした広告業務、コンテンツの企画・開発・運営

株式会社アユプロジェクト(アユプロジェクト)

従業員数
電話番号03-6809-0708
FAX番号03-6809-0732
住所150-0043 東京都渋谷区道玄坂 1-19-2 1-19-2
代表者名田中 忠幸
事業内容モバイルメディア・コンテンツの企画・開発・運営、−モバイルメディア全般の広告代理業/メディアレップ業
URLhttp://ayu-project.co.jp/
広さ300m2−499m2


この仕事場をデザインした会社

株式会社ヴィス

※仕事場投稿日:
(更新日:2016/11/16)

このカテゴリの記事一覧

新着記事

[以下は2016年11月17日のリニューアル前の旧コンテンツです]

※「みんなの仕事場」リニューアルのお知らせ(2016年11月17日)