みんなの仕事場 > 仕事場紹介 > 田中クリニック銀座

仕事場紹介

※当コンテンツは2016年11月17日のリニューアル前の旧コンテンツです

田中クリニック銀座

このカテゴリの記事一覧

受付・エントランス

銀座のホームドクターがいる医院

中央区銀座にある「田中クリニック銀座」は、以前は心療内科の単科医院だったが、開業10周年を迎えるにあたって美容皮膚科の併設を計画し、内装のリニューアルを行った。

銀座という立地を選んだのは、働く人が仕事の帰りに寄りやすい場所にあることで、家族のような存在として、どんな小さな相談にでものり、患者さんと同じ気持ちになって考えるホームドクターになりたいとの田中院長の考えからだ。

リニューアルした空間は、新たに加わった美容皮膚科の山城医師が理想とする、「洗練された大人が好む空間」というコンセプトを実現したものになっている。まずエレベーターを降りると、全体に白を基調として、挿し色にダークブラウンを使った空間(待合スペース)が広がり、医院というよりも綺麗なサロンのような清潔感あふれる雰囲気を感じる。受付の前面にあるパネルは、光と影を上手く操り、砂丘の砂紋を想わせるような美しさだ。

廊下を抜けた突き当たりにあるのが、新設された美容皮膚科の診察室で、真っ白な空間にシックな木目のデスクが置かれ、リラックスして診察・施術を受けられる。その隣には、施術後のお化粧直しに使われるパウダールームがあり、このスペースは暖色系の照明であたたかい雰囲気づくりがされている。
美肌のかかりつけ医として、一人一人とじっくり向き合い、より満足度の高い美容皮膚科医療を提供したいと考える山城医師こだわりの空間に仕上がったようだ。

KEYWORDS:医療施設 白い椅子 花

COLOR:白

受付・エントランス

銀座のホームドクターがいる医院

中央区銀座にある「田中クリニック銀座」は、以前は心療内科の単科医院だったが、開業10周年を迎えるにあたって美容皮膚科の併設を計画し、内装のリニューアルを行った。

銀座という立地を選んだのは、働く人が仕事の帰りに寄りやすい場所にあることで、家族のような存在として、どんな小さな相談にでものり、患者さんと同じ気持ちになって考えるホームドクターになりたいとの田中院長の考えからだ。

リニューアルした空間は、新たに加わった美容皮膚科の山城医師が理想とする、「洗練された大人が好む空間」というコンセプトを実現したものになっている。まずエレベーターを降りると、全体に白を基調として、挿し色にダークブラウンを使った空間(待合スペース)が広がり、医院というよりも綺麗なサロンのような清潔感あふれる雰囲気を感じる。受付の前面にあるパネルは、光と影を上手く操り、砂丘の砂紋を想わせるような美しさだ。

廊下を抜けた突き当たりにあるのが、新設された美容皮膚科の診察室で、真っ白な空間にシックな木目のデスクが置かれ、リラックスして診察・施術を受けられる。その隣には、施術後のお化粧直しに使われるパウダールームがあり、このスペースは暖色系の照明であたたかい雰囲気づくりがされている。
美肌のかかりつけ医として、一人一人とじっくり向き合い、より満足度の高い美容皮膚科医療を提供したいと考える山城医師こだわりの空間に仕上がったようだ。

KEYWORDS:医療施設 花

COLOR:白

ワークスペース

銀座のホームドクターがいる医院

中央区銀座にある「田中クリニック銀座」は、以前は心療内科の単科医院だったが、開業10周年を迎えるにあたって美容皮膚科の併設を計画し、内装のリニューアルを行った。

銀座という立地を選んだのは、働く人が仕事の帰りに寄りやすい場所にあることで、家族のような存在として、どんな小さな相談にでものり、患者さんと同じ気持ちになって考えるホームドクターになりたいとの田中院長の考えからだ。

リニューアルした空間は、新たに加わった美容皮膚科の山城医師が理想とする、「洗練された大人が好む空間」というコンセプトを実現したものになっている。まずエレベーターを降りると、全体に白を基調として、挿し色にダークブラウンを使った空間(待合スペース)が広がり、医院というよりも綺麗なサロンのような清潔感あふれる雰囲気を感じる。受付の前面にあるパネルは、光と影を上手く操り、砂丘の砂紋を想わせるような美しさだ。

廊下を抜けた突き当たりにあるのが、新設された美容皮膚科の診察室で、真っ白な空間にシックな木目のデスクが置かれ、リラックスして診察・施術を受けられる。その隣には、施術後のお化粧直しに使われるパウダールームがあり、このスペースは暖色系の照明であたたかい雰囲気づくりがされている。
美肌のかかりつけ医として、一人一人とじっくり向き合い、より満足度の高い美容皮膚科医療を提供したいと考える山城医師こだわりの空間に仕上がったようだ。

KEYWORDS:医療施設 ベッド

COLOR:白

ワークスペース

銀座のホームドクターがいる医院

中央区銀座にある「田中クリニック銀座」は、以前は心療内科の単科医院だったが、開業10周年を迎えるにあたって美容皮膚科の併設を計画し、内装のリニューアルを行った。

銀座という立地を選んだのは、働く人が仕事の帰りに寄りやすい場所にあることで、家族のような存在として、どんな小さな相談にでものり、患者さんと同じ気持ちになって考えるホームドクターになりたいとの田中院長の考えからだ。

リニューアルした空間は、新たに加わった美容皮膚科の山城医師が理想とする、「洗練された大人が好む空間」というコンセプトを実現したものになっている。まずエレベーターを降りると、全体に白を基調として、挿し色にダークブラウンを使った空間(待合スペース)が広がり、医院というよりも綺麗なサロンのような清潔感あふれる雰囲気を感じる。受付の前面にあるパネルは、光と影を上手く操り、砂丘の砂紋を想わせるような美しさだ。

廊下を抜けた突き当たりにあるのが、新設された美容皮膚科の診察室で、真っ白な空間にシックな木目のデスクが置かれ、リラックスして診察・施術を受けられる。その隣には、施術後のお化粧直しに使われるパウダールームがあり、このスペースは暖色系の照明であたたかい雰囲気づくりがされている。
美肌のかかりつけ医として、一人一人とじっくり向き合い、より満足度の高い美容皮膚科医療を提供したいと考える山城医師こだわりの空間に仕上がったようだ。

KEYWORDS:医療施設 白い椅子

COLOR:白

マイデスク

銀座のホームドクターがいる医院

中央区銀座にある「田中クリニック銀座」は、以前は心療内科の単科医院だったが、開業10周年を迎えるにあたって美容皮膚科の併設を計画し、内装のリニューアルを行った。

銀座という立地を選んだのは、働く人が仕事の帰りに寄りやすい場所にあることで、家族のような存在として、どんな小さな相談にでものり、患者さんと同じ気持ちになって考えるホームドクターになりたいとの田中院長の考えからだ。

リニューアルした空間は、新たに加わった美容皮膚科の山城医師が理想とする、「洗練された大人が好む空間」というコンセプトを実現したものになっている。まずエレベーターを降りると、全体に白を基調として、挿し色にダークブラウンを使った空間(待合スペース)が広がり、医院というよりも綺麗なサロンのような清潔感あふれる雰囲気を感じる。受付の前面にあるパネルは、光と影を上手く操り、砂丘の砂紋を想わせるような美しさだ。

廊下を抜けた突き当たりにあるのが、新設された美容皮膚科の診察室で、真っ白な空間にシックな木目のデスクが置かれ、リラックスして診察・施術を受けられる。その隣には、施術後のお化粧直しに使われるパウダールームがあり、このスペースは暖色系の照明であたたかい雰囲気づくりがされている。
美肌のかかりつけ医として、一人一人とじっくり向き合い、より満足度の高い美容皮膚科医療を提供したいと考える山城医師こだわりの空間に仕上がったようだ。

KEYWORDS:医療施設 白い椅子 黒い椅子 花

COLOR:白


特長

心療内科、美容皮膚科

田中クリニック銀座(タナカクリニックギンザ)

従業員数〜9
電話番号03-3538-6460
FAX番号03-3538-6461
住所104-0061 東京都中央区銀座 1−6−13 1−6−13
代表者名田中 利幸
事業内容心療内科、美容皮膚科
URLhttp://www.d2.dion.ne.jp/~toshiiku/
広さ50m2−99m2

※仕事場投稿日:
(更新日:2016/11/16)

このカテゴリの記事一覧

新着記事

[以下は2016年11月17日のリニューアル前の旧コンテンツです]

※「みんなの仕事場」リニューアルのお知らせ(2016年11月17日)