みんなの仕事場 > オフィス家具の選び方 > 狭いオフィスを改善! 快適&おしゃれなデスクレイアウトのコツ

狭いオフィスを改善! 快適&おしゃれなデスクレイアウトのコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

狭いオフィス

オカムラとアスクルの共同開発 Justus/ジャスタス シリーズ


狭いオフィスは人やデスクの距離が近く、プライバシーの確保や生産性の向上を妨げる要因になります。そこで重要な課題となるのが、デスクの配置や動線の工夫です。本記事では狭いオフィスにおけるデスクレイアウトのコツについて解説するとともに、おすすめのオフィス家具を紹介します。





■狭いオフィスは生産性が下がる?改善の必要性

事務所衛生基準規則では、従業員1人当たりの執務スペースの広さが定められています。具体的には、労働者を就業させる事務室の気積(床面積×高さ)を、10立方メートル以上確保しなければなりません。オフィスの天井の高さは一般的に2.5メートルほどなので、10立方メートルを確保するには床面積は4平方メートル、坪にして約1.2坪が必要となります。つまり、設備関連を除いた従業員1人当たりの執務スペースは約1坪が最低限の面積です。


なお、法令上の広さは最低限の基準であり、従業員1人当たりの理想的な執務スペースは2~4坪(2坪は正方形とすると約2.7メートル四方)とされています。それ以下になると適切な動線を確保できず、社内コミュニケーションを阻害すると同時に、労働生産性の低下を招く要因になりかねません。また、プライバシーの確保が困難になるという課題もあります。


しかしオフィスの拡張は相応のコストを要するため、いかにして限られたスペースを効率的に活用するかが重要な課題です。デスクレイアウトの工夫によって快適でおしゃれなオフィス環境を演出できれば、従来のオフィスコストを維持したまま、業務効率化や従業員満足度の向上が期待できます。


参照元:事務所衛生基準規則(昭和四十七年労働省令第四十三号)|e-Gov法令検索




■狭いオフィスのストレスを減らす、デスクレイアウトのコツ

狭いオフィスのスペースを有効活用するためにはデスク配置の工夫が必要です。ここではデスクレイアトのコツとおすすめの商品を紹介します。



●省スペース型のレイアウトを採用する

十分なオフィススペースを確保できない場合、従業員同士が向かい合う「対向式」、またはその逆の背中を向け合う「背面対向式」がおすすめです。たとえば、業務連携を重視するなら対向式、従業員一人ひとりの集中力を高めたいなら視線が交わらない背面対向式が推奨されます。


デスクをオフィスの中央に配置する、あるいは通路を塞ぐ配置は圧迫感が高まり、より狭く感じる点に注意しなくてはなりません。狭いオフィススペースを有効活用するためには、アスクルとオカムラ社が共同開発したJustusシリーズの導入がおすすめです。


関連記事:快適なオフィスレイアウトのパターン例とゾーニングのコツ



オカムラ ジャスタスデスク 平机 引出付

オカムラ ジャスタスデスク 平机 引出付

アスクルとオカムラ社が共同開発したJustusシリーズの高品質な平机です。足元を隠すエンドカバーや荷置きワゴン、コンセントなどのオプションが豊富に用意されており、さまざまワークスタイルに対応できます。



■本体価格(2024年2月時点)
¥31,800~39,800(税込)
※製品本体の価格です。カラー・オプションの有無などで価格は変動します。



→商品詳細はこちらから


オカムラ ジャスタスデスク 平机 引出付



アスクルとオカムラ社が共同開発したJustusシリーズの高品質な平机です。足元を隠すエンドカバーや荷置きワゴン、コンセントなどのオプションが豊富に用意されており、さまざまワークスタイルに対応できます。



■本体価格(2024年2月時点)
¥31,800~39,800(税込)
※製品本体の価格です。カラー・オプションの有無などで価格は変動します。




→商品詳細はこちらから



●フリーアドレスを導入する

狭いオフィスを有効活用する方法のひとつが、テレワークとフリーアドレスの併用です。テレワークによって時間や場所に縛られない働き方を確立できれば、出社人数が減少してオフィススペースに余裕が生まれます。そのエリアにカフェスペースや集中席などを設置するとともに、好みの場所で作業ができることでストレスフリーなワークスタイルを実現できます。


関連記事:フリーアドレスを成功に導く! レイアウトとデスク・家具選びのポイント



[活用アイテム例]オカムラ ジャスタス片面フリーアドレスデスク

オカムラ ジャスタス片面フリーアドレスデスク

Justusシリーズのフリーアドレスデスクです。テレワークやハイブリッドワークの活用によって削減された空きスペースに設置することで、従業員が自由に席を選択できるフリーアドレスデスクとして機能します。



■本体価格(2024年2月時点)
¥60,800~77,800(税込)
※製品本体の価格です。カラー・オプションの有無などで価格は変動します。



→商品詳細はこちらから


オカムラ ジャスタス片面フリーアドレスデスク



Justusシリーズのフリーアドレスデスクです。テレワークやハイブリッドワークの活用によって削減された空きスペースに設置することで、従業員が自由に席を選択できるフリーアドレスデスクとして機能します。



■本体価格(2024年2月時点)
¥60,800~77,800(税込)
※製品本体の価格です。カラー・オプションの有無などで価格は変動します。




→商品詳細はこちらから



●スタンディングデスクを取り入れる

近年はオフィスでの健康志向が高まっており、スタンディングデスクを導入する企業が少なくありません。スタンディングデスクは椅子が不要になることで省スペース化に貢献し、さらに運動不足の解消と健康促進につながる点がメリットです。また、気軽なミーティングスペースとしても活用できるため、社内コミュニケーションの活性化が期待できます。


関連記事:スタンディングデスクによる悪影響とは?デメリット・メリットを詳しく解説

関連記事:立ち話(立ち会議)でささっと短時間会議のすすめと12事例 ~これからのオフィスづくりのヒント(5)~



[活用アイテム例]オカムラ ジャスタスハイタイプデスク

オカムラ ジャスタスハイタイプデスク

フリーアドレス制や立ち会議などと相性の良い、Justusシリーズのスタンディングデスクです。椅子が不要になることで省スペース化に寄与するため、狭いオフィス環境でも開放感のある空間を演出できます。



■本体価格(2024年2月時点)
¥38,800~42,400(税込)
※製品本体の価格です。カラー・オプションの有無などで価格は変動します。



→商品詳細はこちらから


オカムラ ジャスタスハイタイプデスク



フリーアドレス制や立ち会議などと相性の良い、Justusシリーズのスタンディングデスクです。椅子が不要になることで省スペース化に寄与するため、狭いオフィス環境でも開放感のある空間を演出できます。



■本体価格(2024年2月時点)
¥38,800~42,400(税込)
※製品本体の価格です。カラー・オプションの有無などで価格は変動します。




→商品詳細はこちらから



●肘掛けが邪魔にならないオフィスチェアを選ぶ

肘掛け付きのオフィスチェアは肩や肘への負担を軽減し、長時間でも快適に作業できる点がメリットです。しかし肘掛けがあることで椅子をデスクの下に収納できず、オフィススペースを圧迫するというデメリットがあります。狭いオフィス環境では肘掛けのないもの、あるいは邪魔にならない工夫がされているオフィスチェアを選ぶのも重要なポイントです。


関連記事:オフィスチェアに肘掛けはいらない? 双方のメリットと選び方



[活用アイテム例]オカムラ ジャスタスチェア

オカムラ ジャスタスチェア

オフィスの省スペース化に貢献するJustusシリーズのオフィスチェアです。肘掛けのないタイプでデスクの高さにかかわらず収納できす。また、腰を支えるランバーサポートや異硬度クッションが疲労軽減に効果的です。



■本体価格(2024年2月時点)
¥31,900(税込)
※製品本体の価格です。カラー・オプションの有無などで価格は変動します。



→商品詳細はこちらから


オカムラ ジャスタスチェア



オフィスの省スペース化に貢献するJustusシリーズのオフィスチェアです。肘掛けのないタイプでデスクの高さにかかわらず収納できす。また、腰を支えるランバーサポートや異硬度クッションが疲労軽減に効果的です。



■本体価格(2024年2月時点)
¥31,900(税込)
※製品本体の価格です。カラー・オプションの有無などで価格は変動します。




→商品詳細はこちらから




■収納・間仕切りにも工夫を!狭いオフィスの改善アイデア

狭いオフィスの快適性を高めるためには、デスクレイアウトだけではなく収納や間仕切りの工夫も必要です。具体的なアイデアとしては以下の3つが挙げられます。



●デスク周りの収納力を上げる

十分なスペースを確保できないオフィス環境では、キャビネットやロッカーなどの収納家具を配置するエリアが限られます。そのため、デスク周りの収納力を高めて、書類や文房具などを効率的に管理する工夫が必要です。たとえば机上ラックやデスク下にキャビネットを設置することで、作業効率を高めつつデスク周りのスペースを最大限に活用できます。


関連記事:デスク周りをスッキリ整理!アスクルで買えるデスク周り収納家具8種類を紹介



[活用アイテム例]オカムラ ジャスタス デスクエンド収納

オカムラ ジャスタス デスクエンド収納

Justusシリーズのデスクエンド収納です。デスクと同じ高さなのでデスク横に置き机上面を広くすることができます。デスク周りの収納力向上によって大きな収納家具が不要になり、オフィス全体の省スペース化を実現できます。



■本体価格(2024年2月時点)
¥47,200~(税込)
※製品本体の価格です。カラー・オプションの有無などで価格は変動します。



→商品詳細はこちらから


オカムラ ジャスタス デスクエンド収納



Justusシリーズのデスクエンド収納です。デスクと同じ高さなのでデスク横に置き机上面を広くすることができます。デスク周りの収納力向上によって大きな収納家具が不要になり、オフィス全体の省スペース化を実現できます。



■本体価格(2024年2月時点)
¥47,200~(税込)
※製品本体の価格です。カラー・オプションの有無などで価格は変動します。




→商品詳細はこちらから



●収納と間仕切りを兼用する

狭いオフィスでは収納と間仕切りの兼用により、プライバシーに配慮しながらスペースの有効利用が可能です。たとえばラックをうまく活用することで、ワンフロアのオフィスでも収納を確保しながら自然な間仕切りができます。背板のない本棚であれば圧迫感が少なく、書類や書籍などを収納できるとともに、おしゃれなインテリアとして機能する点もメリットです。



[活用アイテム例]オカムラ ジャスタス ラック

オカムラ ジャスタス ラック

プライバシーの確保と収納家具としての機能性を両立できるJustusシリーズのラックです。パーテーションのように完全に視線を遮らないので、狭いオフィスでも圧迫感のない間仕切りとして活用できます。



■本体価格(2024年2月時点)
¥33,600~49,800(税込)
※製品本体の価格です。カラー・オプションの有無などで価格は変動します。



→商品詳細はこちらから


オカムラ ジャスタス ラック



プライバシーの確保と収納家具としての機能性を両立できるJustusシリーズのラックです。パーテーションのように完全に視線を遮らないので、狭いオフィスでも圧迫感のない間仕切りとして活用できます。



■本体価格(2024年2月時点)
¥33,600~49,800(税込)
※製品本体の価格です。カラー・オプションの有無などで価格は変動します。




→商品詳細はこちらから



●明るい色遣いで統一する

デスクやチェア、キャビネット、ロッカー、パーテーションなどのオフィス家具は、明るい色で統一することにより空間を広く見せる効果が期待できます。たとえばオフィスのベースカラーが黒色や青色などの収縮色の場合、圧迫感が生じてより狭い印象を与える点に注意が必要です。白色やベージュのような膨張色をベースカラーとすることで、オフィスを明るく広く見せる効果が期待できます。



[活用アイテム例]オカムラ ジャスタス単体置きパネル

オカムラ ジャスタス単体置きパネル

Justusシリーズのフェルト素材を採用した単体置きパネルです。周りの視線が気になる場合の間仕切りとして機能しつつ、膨張色のベージュを採用することで、オフィス全体を明るい印象に演出する効果が期待できます。



■本体価格(2024年2月時点)
¥55,400(税込)
※製品本体の価格です。カラー・オプションの有無などで価格は変動します。



→商品詳細はこちらから


オカムラ ジャスタス単体置きパネル



Justusシリーズのフェルト素材を採用した単体置きパネルです。周りの視線が気になる場合の間仕切りとして機能しつつ、膨張色のベージュを採用することで、オフィス全体を明るい印象に演出する効果が期待できます。



■本体価格(2024年2月時点)
¥55,400(税込)
※製品本体の価格です。カラー・オプションの有無などで価格は変動します。




→商品詳細はこちらから




■狭いオフィスで真似したい、おしゃれなレイアウト事例

狭いオフィスを快適でおしゃれに演出するアイデアを企業事例とともに紹介します。



●ワンフロアでも集中ブースやファミレス席を確保

印刷・出版事業に携わるセキ株式会社 東京本社様のオフィスは、空間全体の広がりを感じられるよう、オフィス家具の高さを抑えている点が特徴です。とくにオフィスチェアの背の高さを低くしており、天井や壁の面積が多く見えることで空間全体を広く見せる効果が生じています。


そしてオフィス家具をブラックやグレーなどの配色でまとめて高級感を演出しつつ、カーペットにベージュを採用することでオフィス全体を明るく見せているのも特徴のひとつです。このような工夫により、集中ブースやファミレス席を確保しながらも、狭さを感じさせない開放的なオフィス環境となっています。



[活用アイテム例1]オカムラ ジャスタステーブルブース

オカムラ ジャスタステーブルブース

周囲の視線を適度に遮る効果が期待できる、Justusシリーズのテーブルブースです。コンパクト設計のテーブルブースなので場所を取らず、圧迫感が生まれにくい仕様となっています。Web会議用のスペースや集中ブースとして最適なアイテムです。



■本体価格(2024年2月時点)
¥120,000~127,000(税込)
※製品本体の価格です。カラー・オプションの有無などで価格は変動します。



→商品詳細はこちらから


オカムラ ジャスタステーブルブース



周囲の視線を適度に遮る効果が期待できる、Justusシリーズのテーブルブースです。コンパクト設計のテーブルブースなので場所を取らず、圧迫感が生まれにくい仕様となっています。Web会議用のスペースや集中ブースとして最適なアイテムです。



■本体価格(2024年2月時点)
¥120,000~127,000(税込)
※製品本体の価格です。カラー・オプションの有無などで価格は変動します。




→商品詳細はこちらから



[活用アイテム例2]オカムラ ジャスタス ソファブース

オカムラ ジャスタス ソファブース

Justusシリーズとして提供されるソファブースです。ソファ型のブースはゆったりと座れるため、集中ブースとして活用できるのはもちろん、従業員のリフレッシュスペースや、簡易的な会議に適したファミレス席としても利用できます。



■本体価格(2024年2月時点)
¥147,000~240,000(税込)
※製品本体の価格です。カラー・オプションの有無などで価格は変動します。



→商品詳細はこちらから


オカムラ ジャスタス ソファブース



Justusシリーズとして提供されるソファブースです。ソファ型のブースはゆったりと座れるため、集中ブースとして活用できるのはもちろん、従業員のリフレッシュスペースや、簡易的な会議に適したファミレス席としても利用できます。



■本体価格(2024年2月時点)
¥147,000~240,000(税込)
※製品本体の価格です。カラー・オプションの有無などで価格は変動します。




→商品詳細はこちらから



●パーテーションで重厚感ある打ち合わせスペースが誕生

アドバンスドグループホールディングス株式会社様は複数の事業を展開されており、会議やミーティングに集中するためのクローズドなスペースが必要でした。そのため、同社は壁面に最低限の収納スペースを設けて、デスク下のキャビネットやワゴンを活用することで省スペース化を推進しています。


そして空いたスペースに重厚感のあるパーテーションとソファを配置し、高級感のある打ち合わせスペースが誕生しました。また、ソファではなくコンパクトなオフィスチェアとデスクを採用したミーティングルームも完備されています。ワンフロアの限られた空間を効率的に活用した好事例です。



[活用アイテム例1]サンテック CFパネル

サンテック CFパネル

軽量でありながらも高強度で重厚感のあるCFパネルです。1枚のみで簡易的なパーテーションとして活用できるのはもちろん、複数のCFパネルを組み合わせて会議室や執務室などをあつらえることもできます。



■本体価格(2024年2月時点)
¥24,980~49,080(税込)
※製品本体の価格です。カラー・オプションの有無などで価格は変動します。



→商品詳細はこちらから


サンテック CFパネル



軽量でありながらも高強度で重厚感のあるCFパネルです。1枚のみで簡易的なパーテーションとして活用できるのはもちろん、複数のCFパネルを組み合わせて会議室や執務室などをあつらえることもできます。



■本体価格(2024年2月時点)
¥24,980~49,080(税込)
※製品本体の価格です。カラー・オプションの有無などで価格は変動します。




→商品詳細はこちらから



[活用アイテム例2]サンワサプライ ミドルバックレザーチェア

サンワサプライ ミドルバックレザーチェア

シンプルなデザインが魅力のミドルバックレザーチェアです。ミドルバック仕様は空間に圧迫感を与えにくく、ソファよりも省スペースというメリットがあります。また、高級感のあるデザインのため、来客の応接用や会議用のチェアとしても活用できます。



■本体価格(2024年2月時点)
¥21,800(税込)
※製品本体の価格です。カラー・オプションの有無などで価格は変動します。



→商品詳細はこちらから


サンワサプライ ミドルバックレザーチェア



シンプルなデザインが魅力のミドルバックレザーチェアです。ミドルバック仕様は空間に圧迫感を与えにくく、ソファよりも省スペースというメリットがあります。また、高級感のあるデザインのため、来客の応接用や会議用のチェアとしても活用できます。



■本体価格(2024年2月時点)
¥21,800(税込)
※製品本体の価格です。カラー・オプションの有無などで価格は変動します。




→商品詳細はこちらから



■おわりに

狭いオフィスは労働生産性の低下や社内コミュニケーションの減退を招く要因となります。主な改善策としては省スペース型のレイアウトを採用する、フリーアドレス席やスタンディングデスクを取り入れる、明るい配色の収納棚やパーテーションを設置するといった方法が挙げられます。



オフィス環境の改善を図るためオフィス家具の買い替えを検討中の方は、アスクルのまとめ買いサービスをご検討ください。なお、本記事でご紹介したJustusシリーズは下記のアスクルライブショールームでご確認いただけます。


アスクルライブショールーム




編集・文・画像:アスクル「みんなの仕事場」運営事務局 
制作日:2024年3月5日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年11月17日のリニューアル前の旧コンテンツは
こちらからご確認ください。

オフィス家具を探す

家具カテゴリー トップはこちら 家具カテゴリー トップはこちら