みんなの仕事場 > オフィスづくりのコツ > オフィスをおしゃれにつくるには? 参考にしたい事例や注意点も

オフィスをおしゃれにつくるには? 参考にしたい事例や注意点も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


近年注目を集めている、居心地やデザインにこだわったおしゃれなオフィス。従業員のモチベーションアップや企業ブランディングの一環として、導入したいと考える方も多いのではないでしょうか。この記事では、おしゃれなオフィスをつくるポイントに触れながら、参考事例を3つご紹介します。








■オフィスをおしゃれにするメリット

もともとオフィスは、業務をこなすための最低限の設備をそろえ、内装もシンプルで実用的なものを採用するのが主流でした。しかし、近年ではオフィスの居心地やデザインが、従業員の生産性やモチベーションなどに影響を与えるとして注目を集めています。快適でおしゃれなオフィスを導入すると、企業にとってどのようなメリットがあるのでしょうか。


第一のメリットは、従業員の業務効率が向上することです。従業員は多くの時間をオフィスで過ごすため、圧迫感や緊張感を感じるオフィスはストレスの原因になることもあります。仕事のオン・オフを切り替えやすい快適なリフレッシュルームや、スペースに余裕のあるゆったりとした執務室などを設けることで、従業員にも余裕が生まれ、前向きな気持ちで業務に取り組めるでしょう。


第二のメリットは、社内コミュニケーション活性化につながることです。近年、オフィスリニューアルとともにフリーアドレスを導入したり、執務もできる柔軟なリラックススペースを設けたりする企業が増えています。そのようなスペースは所属部署やチームに関わらず多くの従業員が使用するため、何気ない会話が生まれやすいでしょう。普段の業務では話すことがない人とも関わりをもつことで、新しいアイデアが生まれたり、業務のモチベーションが高まったりする効果も期待できます。


第三のメリットは、来訪者に好印象を与えられることです。企業は毎日従業員が業務を行うだけでなく、取引先の方やお客様を招く場所でもあります。コンセプトに合ったワンランク上のデザインを取り入れることで、企業のあり方やブランドイメージなどを視覚的にアピールする効果も期待できます。お客様が立ち入る受付やミーティングルーム、応接室、社内カフェなどは、それらを意識した上で内装を検討するとよいでしょう。




■オフィスをおしゃれにするポイント

ひと口に「おしゃれなオフィス」といっても、どのようにインテリアやカラー、建材などを選べばよいのかわからない方も多いでしょう。ここでは、ワンランク上のオフィスをつくるために考慮すべきポイントを5つご紹介します。



①コンセプトを決めて統一感を出す


最初にデザインのコンセプトを決めることで、統一感のある内装をつくりやすくなります。まずは「リモートワークに対応しやすいレイアウトにしたい」「リラックス感のあるデザインを取り入れて働き方も見直したい」など、オフィス改装や新設、移転などの目的を洗い出しましょう。現状の課題をさまざまな視点から分析することで、取り入れるべき設備やレイアウトなどを絞り込めます。


次に、オフィスデザインの施工事例を分析し、内装の方向性をすり合わせていきます。多くの施工事例を参考にし、自社に必要な機能や雰囲気、導線などをより具体的に決定しましょう。内装にコーポレートカラーを取り入れたり、ロゴを使ったりする場合は、この段階でそれらの詳細を詰めていきます。



②照明にこだわる


照明は、内装の雰囲気を左右する重要なポイントです。調光を変えることで落ち着いた雰囲気を演出したり、集中しやすい雰囲気をつくったりできるため、部屋の用途に合った適切な照明を選ぶとよいでしょう。


なお、執務室の明るさはJIS照明基準によって定められており、一般的な事務作業を行う場合は750lx、細かい作業を行う場合は1500lx、会議室は500lxとされています。暗すぎると目の疲れやストレスなどにつながる可能性もあるため、それらの基準をしっかりと守った上で検討しましょう。


また、リフレッシュルームやオフィスカフェなど、リラックス感やおしゃれな雰囲気を演出したい場所には、ダウンライトやペンダントライトなどがおすすめです。それらは狭い範囲に光を当てられるため、建材の質感を際立たせたり、空間にメリハリをもたせたりする効果があります。間接照明を併用すると、より明るさの微調整がしやすくなるので、空間によって使い分けるとよいでしょう。



③観葉植物を取り入れる


リラックス感のあるオフィスをつくりたい場合におすすめなのが、観葉植物やフェイクグリーンです。インテリアとの組み合わせによって垢抜けた空間をつくれるだけでなく、視覚的な癒し効果も期待できます。存在感のある大型のものや卓上に置けるもの、壁付けできるものなどさまざまなタイプがあるので、オフィスの雰囲気を変えたい場合などに気軽に導入しやすいでしょう。


また、植物には空気をきれいにする効果があるため、換気しづらい空間などに多く配置するのもおすすめです。しかし、水やりや日光を当てるなど世話をする手間もあるため、より手軽に楽しみたい場合はフェイクグリーンを併用するとよいでしょう。



④家具や備品のデザインを見直す


オフィスのデザインを変更したい時は、必ずしも大掛かりな改修を要するわけではなく、インテリアや備品などを見直すだけでがらりと印象が変わることもあります。従来のオフィス家具はホワイトなどを基調としたシンプルなものが多く、機能的な一方で、無機質で温かみに欠ける印象がありました。しかし、近年は木目やファブリックを用いた柔らかな質感のものが人気を集めており、安価で気軽に購入できるものも増えています。現在使用しているオフィスの間取りや導線、広さなどに問題がない場合は、家具のデザインを見直すことも検討するとよいでしょう。


オフィス家具選びのコツは、最初に決めたデザインのコンセプトを守り、統一感を意識することです。インテリアや床、壁などによって木目のトーンが異なると、かえって雑然とした印象になるため、木の家具などを選ぶ際は木目の色をすべてそろえることも大切です。



⑤収納スペースを工夫してすっきりと見せる


デザインにこだわってオフィスを設計しても、ものが多く収納スペースを確保できなければ、ごちゃごちゃとした空間になってしまいます。特にフリーアドレスを導入したものの、「個人の私物を置くスペースが少ない」「ロッカーに書類やPC、上着などが収まらない」などで悩んでいる企業も少なくありません。収納棚をパーテーションとして活用し広い空間を分けるなど、収納を増やす工夫を取り入れることが大切です。


また、収納の選び方も空間の印象を左右する重要なポイントです。棚や扉のない収納は外からしまっているものが見えるため、整理整頓が行き届いていないと、かえって雑然とした印象を与えてしまいます。書類はしっかりとファイルにまとめ、個人の荷物はカゴや扉付きのロッカーといった見えない収納を活用するなど、しまうものによってどの収納を選ぶかを検討しましょう。併せて、すっきりとした空間を維持するために、掃除や整理整頓のルールを決めることも大切です。




■おしゃれなオフィスの事例3選

オフィスデザインのコンセプトを決めるには、まず多くの施工事例を参考にしつつ、優先順位を取捨選択する必要があります。ここでは、デザインのポイントに触れながら、おしゃれなオフィスの施工事例を3つご紹介します。



※資料参照元:アスクルオフィスづくりサービス 納入事例



●木のぬくもりを感じられるアットホームなオフィス / 東京建物株式会社(賃貸物件)



フローリングの床に木目×ブラックの家具で統一されたナチュラルであたたかい印象の空間です。アクセントにカラフルなチェアを配することで、インダストリアルとアットホームが融合したおしゃれなデザインに仕上げています。


また、スケルトン天井を活用し、天井から植物を吊り下げることで、グリーンに視線が届きやすいワンランク上のインテリアに仕上げています。限られたスペース活用して多くの観葉植物を飾れるため、オフィスが狭い場合などにもおすすめの方法です。



●遊び心がある公園のようなオフィス / 小林クリエイト株式会社



業務に集中できるデスクスペースと、コミュニケーションが取りやすいフリーアドレススペースの2つを設置し、それらをつなぐ導線にグリーンの長いカーペットを採用。空間を広く取り、温かみのあるインテリアや観葉植物を配することで、まるで公園にいるような遊び心あふれるオフィスに仕上げています。


また、アメーバー状デスクスペースや壁沿いのカウンタースペース、ソファスペースなど、業務内容や気分によって場所を選べるさまざまなワークスペースを設置しています。思わず出社したくなるような、開放的な空間づくりが特徴的です。



関連記事:国内記録紙シェアトップクラスの小林クリエイトがオープンした「コロナと共生するオフィス」



●高級感のある近未来的なデザイン / Tech Fun株式会社



「宇宙のような空間」をコンセプトに、近未来的な内装でまとめたユニークなオフィスです。来訪者を招くエントランスや廊下は、黒い壁に白やオレンジの照明をアクセントにしたコンセプチュアルなデザインでまとめています。コーポレートカラーであるオレンジを活用しつつ、ほかとは違う特徴的な内装に仕上げることで、来訪者に企業イメージをより印象付ける効果が期待できます。


また、真っ白な空間に光のラインを施した明るい会議室や、グリーンのカーペットと木目のカウンターを配した温かみのあるリラックススペースなど、部屋によって異なるデザインを採用していることも重要なポイントです。デザインは従業員の気持ちやモチベーションなどに影響を与えやすいため、部屋ごとに内装を分けると、仕事のオン・オフや業務内容の切り替えなどを行いやすくなります。「集中力を高められる執務室をつくりたい」「リフレッシュ効果の高い落ち着いた休憩室にしたい」など、部屋の用途が決まっている場合におすすめの方法です。




■オフィスをおしゃれにする際の注意点

デザインにこだわったワンランク上のオフィスは、従来のものより初期費用が膨らみやすい特徴もあります。大掛かりな改修や移転などを行う場合は、しっかりと予算計画を立て、費用に見合った効果を実感できる内容にしなければなりません。現在のオフィスの課題を洗い出し、デザインだけでなく機能性にも着目してレイアウトや設備を検討しましょう。


また、従業員が安心してオフィスを利用できるように、オフィスのセキュリティ性や耐震性、耐久性などはしっかりと検討する必要があります。避難経路の確保や、いざという時の備品・備蓄品など、緊急時にも対応できるようにオフィス設計を行いましょう。



■おわりに

居心地のよいおしゃれなオフィスは、従業員のモチベーションアップや生産性の向上、企業イメージの醸成などに効果的です。ぜひ企業に合った最適な空間づくりを目指してください。


おしゃれなオフィスを作りたいがどうしたらいいかわからない、という方はアスクルにご相談ください。アスクルにはオフィスの新設・移転・改装などをサポートする相談窓口があります。「コスト削減」「従業員のモチベーションアップ」など、ニーズに合わせ、オフィスデザインから内装工事、施工管理まで担当します。企業の働き方やオフィスに合った提案が可能なので、オフィスデザインの変更を考えている方は、ぜひ検討してみてください。



「アスクルオフィスづくりサービス」
https://www.askul.co.jp/f/services/furniture/construction/moving.html/




編集・文・画像:アスクル「みんなの仕事場」運営事務局
制作日:2022年12月9日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オフィスづくりサービス ご相談はこちら オフィスづくりサービス ご相談はこちら