みんなの仕事場 > 仕事場レシピ > 海外へ行く人のための感染症対策

仕事場レシピ

※当コンテンツは2016年11月17日のリニューアル前の旧コンテンツです

海外へ行く人のための感染症対策

このカテゴリの記事一覧

海外への旅行や出張では、感染症に対する衛生管理は特に気をつけないといけません。その理由は、(1)日本とは異なる風土・気候であるため生息している病原体が異なる、(2)日本とは衛生状態が異なる、(3)食事や飲料水が違う、(4)普段と異なる生活や時差などによるストレス、などが考えられます。また、海外では、日本では考えられないような感染症が流行している場合があります。渡航する前には、必ず渡航先の感染症に関する情報を確認して予防対策をしましょう。



現地で注意すること

learn_recipes_11_1b.jpg


●生水は病原体などに汚染されている可能性が高いため、飲まないようにしましょう。
●ジュースなどの飲み物に入っている氷も生水同様に危険です。氷は入れないようにしましょう。
●サラダなどの生野菜、しっかりと火を通していない魚介類なども病原体に汚染されている可能性が高いので、十分注意しましょう。汚染された包丁で調理されている場合があるので、果物なども要注意です。
●ジュースなどの飲み物に入っている氷も生水同様に危険です。氷は入れないようにしましょう。
●できるだけ動物には近づかないようにしましょう。動物を触った場合には、よく手を洗いましょう。
●感染症を媒介する昆虫なども多いので、虫除けスプレーなどを使い、虫さされに注意しましょう。
●行きずりの性行為は避ける、コンドームを使用するなど、性感染症に気をつけましょう。
●ウイルスや細菌を除去する除菌剤や除菌ウェットティッシュを備え、適宜使用して感染対策を心がけましょう。



準備と帰国後

learn_recipes_11_2.jpg


●万が一、感染症にかかった時のために、薬を持っていきましょう。
●渡航先によっては、必要な予防接種を受けてきましょう。
●乳幼児・小児、妊婦、持病がある人は、特に注意が必要です。事前に、かかりつけ医に相談していきましょう。
●旅行中や帰国後に発熱や下痢、血便など、普段と異なる症状が出た際には、早めに医師の診察を受けましょう。



渡航先情報に役立つサイト

渡航先での感染情報について、あらかじめ調べておきましょう。

●海外旅行者のための感染症情報ホームページ
 http://www.forth.go.jp/

●外務省 海外安全ホームページ
 http://www.anzen.mofa.go.jp/

●米国疾病管理予防センター(CDC)ホームページ (英語)
 http://wwwnc.cdc.gov/travel/


(出典元:大幸薬品株式会社)




※仕事場投稿日:
(更新日:2016/11/15)

このカテゴリの記事一覧

新着記事

[以下は2016年11月17日のリニューアル前の旧コンテンツです]

※「みんなの仕事場」リニューアルのお知らせ(2016年11月17日)