みんなの仕事場 > 仕事場レシピ > 筆ペンを活用して「デキル」手紙を書いてみよう

仕事場レシピ

※当コンテンツは2016年11月17日のリニューアル前の旧コンテンツです

筆ペンを活用して「デキル」手紙を書いてみよう

このカテゴリの記事一覧

learn_recipes_5_1.gif



最近ではビジネスシーンだけでなく個人間の手紙のやり取りでも、文書の印刷があたりまえになってきましたが、いまこそ毛筆の手紙で「この人はデキル!」と思わせてみてはいかがでしょう?筆ペンを上手に使いこなすための3つのコツです。



ペン先(穂先)の感触を確かめよう

learn_recipes_5_2.gif
普段なじみの通り鉛筆の持ち方で書きます。

まず、数字の8を横にして書いてみてください。
ペン先の柔らかさ・弾力を感じてください。
筆圧の弱い部分は線が細く書けていませんか?

この「線の強弱」が、筆文字を上手に見せるポイントです。



文字を書くコツ(漢字)

learn_recipes_5_3.gif
画数の多い漢字は、同じ方向に引く線が多くなります。

筆圧を調整して、同じ方向に引く線に強弱を付けると文字のバランスが良くなります。



文字を書くコツ(ひらがな)

learn_recipes_5_4.gif
ひらがなをさらさらと書くときは、ポイントになる部分●に筆圧を加えながら、ペン先を紙から離さないように書きます。



住所を書く時のコツ

learn_recipes_5_5.gif
はがきに書く住所などの小さな文字は、「払い」や「はね」をしっかり書くと筆文字らしくなります。


出典元: ぺんてる(株) 筆ペンじょうず虎の巻

※仕事場投稿日:
(更新日:2016/11/15)

このカテゴリの記事一覧

新着記事

[以下は2016年11月17日のリニューアル前の旧コンテンツです]

※「みんなの仕事場」リニューアルのお知らせ(2016年11月17日)