みんなの仕事場 > 仕事場レシピ > 整理整頓の第一歩は、ズバリ捨てること!

仕事場レシピ

※当コンテンツは2016年11月17日のリニューアル前の旧コンテンツです

整理整頓の第一歩は、ズバリ捨てること!

このカテゴリの記事一覧

learn_recipes_8_1.jpg



「捨てる」と聞くと、ちょっと違和感があるかもしれません。しかし、分類や収納は捨てることの先にあることです。まずは管理可能な量にすることから始めましょう。整理整頓のテクニックは、どこを切っても「要らないものは捨てる」という上に成り立っています。整理整頓が上手な人は、管理できる分量しか持っていないだけです。量さえ減らせば、誰でも何でも、すぐに見つけられるように変われます。



みんな、いっぱい持ちすぎです!


探し物が見つからない、というのは管理できる分量を超えている可能性があります。書類もそれ以外のものも含めて、今、自分の机の上や、机の引き出しなどにあるものを「これがなければ仕事ができないか?」と考えながら見てみましょう。「そこまでではない」というものが見つかるのではないでしょうか。一旦思考を切り替えると、「そう言えばこれも要らないな」というものが次々見えてきます。



一旦全部捨て、要るものだけ救出する

learn_recipes_8_2.jpg
量を減らす具体的な作業は、捨てることです。捨てる作業は、予め時間を確保して、捨てることに専念するようにしましょう。片手間にやってもうまく行きません。もっとも効果的な方法は、机の中身を一旦廃棄用のダンボール箱などに全て移動してしまい、本当に必要なものだけを救出することです。面倒になったら、そのまま捨てます。この方法ですと、面倒くさがりな人ほどたくさん捨てられます。箱から取り出す程度のことが面倒なものは、もう要らないのです。



おわりに

learn_recipes_8_3.jpg

要らないものを捨てただけで、驚くほどスッキリし、探し物も見つけやすくなったはずです。ノイズがなくなったのですから、当然ですよね。仕事にも集中できます。一旦、このスッキリ感を味わってしまうと、「もっと捨てようかな」という気持ちになってきます。本当に必要なものだけを持とう、という気持ちになってきます。この気持ちを忘れなければ、きっと自分に合った方法を身に付けられると思います。



(出典元:株式会社キングジム ファイリング研究室 ファイリングコンサルタント 野原 淳)


※仕事場投稿日:
(更新日:2016/11/15)

このカテゴリの記事一覧

新着記事

[以下は2016年11月17日のリニューアル前の旧コンテンツです]

※「みんなの仕事場」リニューアルのお知らせ(2016年11月17日)