みんなの仕事場 > 仕事場レシピ > 覚えておきたいインフルエンザの感染予防

仕事場レシピ

※当コンテンツは2016年11月17日のリニューアル前の旧コンテンツです

覚えておきたいインフルエンザの感染予防

このカテゴリの記事一覧

learn_recipes_9_1.jpg



季節性のインフルエンザは毎年12月から3月に流行し、風邪によく似た症状が現れます。流行性感冒とか流感とも呼ばれています。最近は、A型インフルエンザウイルスの香港型(H3N2)とソ連型(H1N1)、B型インフルエンザによるインフルエンザの流行が報告されています。これらのウイルスは同時に流行することもあるため、1年に複数回感染することがあります。 また、インフルエンザウイルスは少しずつ変異しているため、毎年、人はインフルエンザに感染してしまうのです。



季節性インフルエンザウイルスに感染すると

learn_recipes_9_2.jpg
季節性のインフルエンザの症状の主な特徴としては、突然の高熱(38℃以上)、頭痛、筋肉痛、関節痛などの全身症状が知られています。その他に、のどの痛み、鼻水、咳、嘔吐、下痢など風邪に似た症状もみられます。インフルエンザにかかった場合、高齢者では肺炎を、小児では肺炎、脳症などを併発し、致命傷になることがあります。



主な感染経路は

learn_recipes_9_3.jpg
インフルエンザウイルスの感染経路は、咳やくしゃみにより拡散したウイルスを口や鼻から吸い込む飛沫感染です。また、咳、くしゃみ、鼻水などで汚染された物を直接手で触り、その手で鼻や口を触ることにより感染する接触感染もあります。



覚えておきたい衛生管理

learn_recipes_9_4.jpg



●厚生労働省ホームページ
http://www.mhlw.go.jp/

●国立感染症研究所感染症情報センターホームページ
http://idsc.nih.go.jp/index-j.html


(出典元:大幸薬品株式会社)


※仕事場投稿日:
(更新日:2016/11/15)

このカテゴリの記事一覧

新着記事

[以下は2016年11月17日のリニューアル前の旧コンテンツです]

※「みんなの仕事場」リニューアルのお知らせ(2016年11月17日)