みんなの仕事場 > 椅子コレ > 株式会社ドリコムのオフィスチェアを見せてください (オフィス訪問[2])【椅子コレ】

椅子コレ

株式会社ドリコムのオフィスチェアを見せてください (オフィス訪問[2])【椅子コレ】

このカテゴリの記事一覧

drecom_1703_2_1.jpg

前回、「社内にバリスタのいるカフェがあるオフィス!(株式会社ドリコム オフィス訪問[1])」の取材で訪問した際に、拝見した素敵なチェアを紹介します。


(「 椅子コレ」は、取材訪問したオフィスのチェアをコレクションするシリーズです)


執務用チェアは、ハーマンミラーミラチェア (Mirra Chair)」、岡村製作所コンテッサチェア (Contessa Chair)」、岡村製作所バロンチェア (Baron Chair)」、スチールケースリープチェア (Leap Chair)」を採用されています。


どれも疲れにくい執務姿勢が取りやすい、調整して身体にフィットできる優秀なチェアを選ばれていますね。通好みのセレクションと感じました。



※チェアの参考価格は、掲載時点で調査したメーカー希望小売価格を基本としています。時期・仕様の違い、流通ルートの違い等により販売店での店頭価格と異なることがありますので、あくまで参考としてご覧ください。



■ハーマンミラー ミラチェア (Herman Miller Mirra Chair)

drecom_1703_2_2.jpg

正面から。


drecom_1703_2_3.jpg

斜め前から。


drecom_1703_2_4.jpg

斜め後ろから。


背面のバタフライバックが特徴のチェア。

国内ではアーロンチェアのほうが有名ですが、こちらは座面の調整などフィットさせる機能に優れたチェアです。2014年に後継のミラ2チェアがリリースされています。



ハーマンミラー ミラチェア (Herman Miller Mirra Chair)


製造: ハーマンミラー社 (Herman Miller)
デザイナー: スタジオ7.5 (Studio7.5)
発表年: 2003年
参考価格: 132,840-144,720円(税込) (モデルによる違いあり)


「みんなの仕事場」調べ




■オカムラ コンテッサ チェア (株式会社 岡村製作所 Contessa Chair)

drecom_1703_2_5.jpg

正面から。


drecom_1703_2_6.jpg

斜め前から。


drecom_1703_2_7.jpg

斜め後ろから。


ジウジアーロデザインとコラボしたオカムラの背座メッシュチェア最高峰です。

背面を支える美しく研磨されたアルミダイキャストフレームが特徴的なデザイン。写真のモデルはランバーサポート付。2017年に後継となるコンテッサセコンダが発売されています。



岡村製作所 コンテッサ チェア (Okamura Contessa Chair)


製造: 株式会社 岡村製作所 (オカムラ)
デザイン: ジウジアーロデザイン (GIUGIARO DESIGN)
発表年: 2002年
参考価格: 164,592-463,860円(税込) (モデルによる違いあり)


※「ジウジアーロデザイン(GIUGIARO DESIGN)」社について


1938年イタリア生まれのインダストリアルデザイナー、ジョルジェット・ジウジアーロ(Giorgetto Giugiaro)による設立されたデザインファーム。
ジウジアーロ氏は、アルファロメオ、フィアット、BMWなどの自動車デザインを数多く手がけ、カー・デザイナー・オブ・センチュリーに選ばれるなどカーデザイナーとして著名。
自動車デザイン以外では、オカムラ・コンテッサを始めとするチェアデザインやニコン一眼レフカメラボディデザインでも知られる。


「みんなの仕事場」調べ




■岡村製作所 バロン チェア (Okamura Baron Chair)

drecom_1703_2_8.jpg

正面から。


drecom_1703_2_9.jpg

斜め前から。


drecom_1703_2_10.jpg

斜め後ろから。


ジウジアーロデザインのエルゴノミックメッシュチェアといえば先ほどのコンテッサと並んで見かけるのがバロン。

背部の多くを樹脂フレーム化することによりコンテッサより軽量化されています。



岡村製作所 バロン チェア (Okamura Baron Chair)


製造: 株式会社 岡村製作所 (オカムラ)
デザイン: ジウジアーロデザイン (GIUGIARO DESIGN)
発表年: 2004年
参考価格: 107,460-222,048円(税込) (モデルによる違いあり)


「みんなの仕事場」調べ




■スチールケース リープチェア (Steelcase Leap Chair)

drecom_1703_2_11.jpg

正面から。


drecom_1703_2_12.jpg

斜め前から。


drecom_1703_2_13.jpg

斜め後ろから。


スチールケース社が1999年に発売開始して現在に至るまでロングセラーを誇るチェアです。

当時、多額の開発費をかけて人間工学に基づいて作り上げられたリープチェアは現在でもまったく古さを感じさせないデザインになっています。背面のサポートが秀逸で、身体にフィットする設計。特に前傾姿勢に定評があります。



スチールケース リープチェア (Steelcase Leap Chair)


製造: スチールケース社 (Steelcase)
発表年: 1999年
参考価格: 196,668-274,968円(税込) (モデルによる違いあり)


「みんなの仕事場」調べ




■「椅子コレ」番外編

通常は執務用チェアが「椅子コレ」のコレクション対象なのですが、会議室にオカムラの素敵なチェアがありましたので、ご紹介します。



■岡村製作所 ゼファー チェア (Okamura Zephyr Chair)

drecom_1703_2_14.jpg

正面から。


drecom_1703_2_15.jpg

斜め前から。


drecom_1703_2_16.jpg

斜め後ろから。


アンクルチルトリクライニング、座面スライド調整機構も搭載するハイクラスチェアです。

背面を支える柔らかな曲線のフレームがポイントになっています。カラーバリエーションが豊富なので、それを活かして会議室ごとにチェアカラーを変えて変化を出していますね。



岡村製作所 ゼファー チェア (Okamura Zephyr Chair)


製造: 株式会社 岡村製作所 (オカムラ)
発表年: 2009年
参考価格: 115,668-151,848円(税込) (モデルによる違いあり)


「みんなの仕事場」調べ




いやぁー、いい椅子って本当に素晴らしいですね。
それではまた次回の椅子コレをお楽しみに。









取材先

株式会社ドリコム

モバイル向けコンテンツやインターネット広告など、様々なサービスの企画・開発を行うインターネットにおける「ものづくり企業」。東証マザーズ上場。



取材協力(オフィスデザイン)

workstyledesign株式会社(サービスサイト BACON)

クライアントの「働き方」をすべての根拠としてオフィスをデザインする会社。




編集・文・撮影:アスクル「みんなの仕事場」運営事務局
取材日:2017年3月24日




【参考】アスクル商品情報 (PRコーナー)

~本記事内に登場した商品の中からアスクルで購入できる商品を紹介します~

 (リンク先は販売サイト(アスクル)になります)

関連する記事

このカテゴリの記事一覧

[以下は2016年11月17日のリニューアル前の旧コンテンツです]

※「みんなの仕事場」リニューアルのお知らせ(2016年11月17日)